羽根田治のおすすめランキング

プロフィール

羽根田 治:1961年、埼玉県生まれ。フリーライター。山岳遭難や登山技術の取材経験を重ね、山岳専門誌「山と渓谷」や書籍などで発表する一方、沖縄、自然、人物などをテーマに執筆活動を続けている。

「2017年 『生死を分ける、山の遭難回避術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羽根田治のおすすめランキングのアイテム一覧

羽根田治のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)』や『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』や『ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)』など羽根田治の全107作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)

329
3.90
羽根田治 2012年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山は怖い。 巨大な自然の力を前に人間の小ささを感じる。 ツアー登山の是非について。 登山ブームを迎えた日本にあって当然なサービスだろうと思う。 計画を立... もっと読む

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか

229
3.98
羽根田治 2010年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記憶に新しい2009年夏のトムラウシ山で8人もの方が亡くなった遭難事故。ひょっとすると「低体温症」という病気が一般的に知られるようになったのもこの事故以来... もっと読む

ドキュメント 道迷い遭難 (ヤマケイ文庫)

229
4.00
羽根田治 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私自身が単独行が多いので読んでいてとても怖かった。ありえると思います。気をつけてはいますがヒヤッとしたことも何度か。ガーミンやスマホでGPSはオンにしてい... もっと読む

ドキュメント生還-山岳遭難からの救出 (ヤマケイ文庫)

179
4.07
羽根田治 2012年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去山に入って一度だけ道を見失ったことがある。北八ヶ岳白駒池からニュウに至る原生林の中、少しトレールをはずれ目標を見失った。本書の中の遭難事例も少しの差異... もっと読む

ドキュメント 道迷い遭難

158
3.94
羽根田治 2006年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おかしいなと思いつつ時間の都合で先に進んでしまう危うさ、登れないし降りれないという状況の恐怖を叩きこまれるエピソードが満載。 山行く前の浮かれた心にはこれ... もっと読む

十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕

140
3.67
羽根田治 2020年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大正時代から平成時代までの十件の山岳遭難事故を各一章ずつにまとめたドキュメント。 各章の題と発生年は ・木曽駒ヶ岳の学校集団登山事故/1913 ・剱澤小屋... もっと読む

ヤマケイ新書 山岳遭難の教訓 --実例に学ぶ生還の条件--

133
3.65
羽根田治 2015年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻覚に翻弄され8日間も奈良の夏山を彷徨った69歳の男性。GWの白馬で雪崩に見舞われ全滅したパーティ、九死に一生を得たパーティ。夏山で被雷、その後骨折までし... もっと読む

人を襲うクマ 遭遇事例とその生態 カムエク事故と最近の事例から

129
3.58
羽根田治 2017年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山行中、何度か熊に出くわした。有峰から太郎平に登る道すがらの曲がり角を曲がったところで、親子熊にばったり。手が届くほどの距離だったが、向こうが驚いて藪に逃... もっと読む

ドキュメント 単独行遭難 (ドキュメント遭難シリーズ)

126
3.85
羽根田治 2012年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

リアル。咄嗟の判断が運命を分ける。 私の鈍い日常でも、そういったことが少しずつ私の運命を動かしているのだろう。 もっと読む

空飛ぶ山岳救助隊 (ヤマケイ文庫)

114
3.94
羽根田治 2011年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かっこいい!!! もっと読む

ドキュメント 滑落遭難 (ヤマケイ文庫)

114
3.50
羽根田治 2013年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドキュメントシリーズを読むのは二冊目。またスムーズに読み進めた。2日で読めた。 トムラウシ山遭難にはまり、ずっと気象遭難ばかり読んでいたので、はじめての滑... もっと読む

ドキュメント 気象遭難 (ヤマケイ文庫)

107
4.08
羽根田治 2013年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすく、4日ほどで読み切った。最近、山岳遭難にハマっているので楽しんでよめた。また、登山をするわけでもないが勉強になった。 もっと読む

ドキュメント気象遭難

101
3.84
羽根田治 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『トムラウシ~』の中で著者が自著を引いていた部分があり、気になったので手にしてみた。 7件の遭難事故が取り上げられており、中には全員無事生還のものもあっ... もっと読む

山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か (平凡社新書)

98
3.61
羽根田治 2010年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の羽根田氏と言えば、これまでにも気象遭難・道迷い遭難に関する本やロープワークのハンドブック、それに「雪山100のリスク」(編集サポート)などを読ませて... もっと読む

ヤマケイ文庫 ドキュメント 道迷い遭難

88
3.87
羽根田治 電子書籍 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんでか知らんけど遭難やサバイバル、冒険、旅系の本を手に取る時がある。 遭難した経緯とかあの時ああすればよかったとかその時の気持ちとか状況とか、神とか、大... もっと読む

ドキュメント 滑落遭難

86
4.00
羽根田治 2008年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者のドキュメント遭難シリーズの中ではもっとも面白みに欠けた。 その理由は、本書で扱う滑落遭難はアクシデントの要素が大きいために、心理面での経過を描く余... もっと読む

山でバテないテクニック [ヤマケイ山学選書]

80
3.38
羽根田治 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山でバテないための一番の条件は、酸素を効率よく体内に摂取し体内のエネルギー源を分解しやすくするための全身持久力を上げること。持久力は、有酸素運動が最も効果... もっと読む

ドキュメント 単独行遭難 (ヤマケイ文庫)

78
3.50
羽根田治 2016年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遭難者の3人に1人、死者・行方不明者の半数以上。救助関係者の悲鳴「単独行はやめて欲しい」。残された家族には現実的な重荷も背負わせる。失踪宣言には7年、その... もっと読む

ドキュメント生還-山岳遭難からの救出 (ヤマケイ文庫)

75
4.17
羽根田治 電子書籍 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは迫真だ。 にしてもろくに下調べもせず、たまたま会った登山者の言葉を受けて、地形図も無いのにコース変更するとか、かなり疑問な行動がある。 こんなの... もっと読む
全107アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×