羽生善治のおすすめランキング

プロフィール

1970年埼玉県生まれ。85年、中学3年でプロ四段となり、19歳で初のタイトル竜王獲得。以後将棋界の第一線に立ち続ける。96年史上初の七冠達成。2017年には永世七冠。2018年に国民栄誉賞受賞。

「2021年 『羽生善治の実戦次の一手』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羽生善治のおすすめランキングのアイテム一覧

羽生善治のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『決断力 (角川oneテーマ21)』や『大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)』や『直感力 (PHP新書)』など羽生善治の全227作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

決断力 (角川oneテーマ21)

5576
3.56
羽生善治 2005年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了。内容は少し物足りなさを感じたが、私の謙虚さが足りないせいでもある。 仕事や私生活などにも活きることが書かれている。 将棋ってかっこええやん....... もっと読む

大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)

2908
3.52
羽生善治 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

棋士、羽生善治さんの本。 自己啓発とは少し違うが、概ねそのジャンルに当たる。 情報が多く、これからは選択肢は多くなった分、失敗したときの後悔が増す... もっと読む

直感力 (PHP新書)

1613
3.53
羽生善治 2012年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

羽生さんの本は淡々としているのに説得力がある。直感と勝負について、興味深い内容だった。 もっと読む

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書)

875
3.77
山中伸弥 2017年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京大名誉教授でありかつ詩人の永田和宏氏と山中伸弥氏、羽生善治氏、是枝裕和氏、山極壽一氏という超一流の人たちの講演とその後の永田さんとの対談を収録したのが本... もっと読む

捨てる力 (PHP文庫)

807
3.47
羽生善治 2013年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

覚えている必要のないものは、忘れてしまう必要がある。なぜなら、人間には一定の記憶量あるからだである。沢山の情報を得るためには、選ぶというよりいかに捨てるか... もっと読む

人工知能の核心 (NHK出版新書 511)

688
3.89
羽生善治 2017年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人工知能(AI)ってなに? ディープラーニングってなに?という初心者におすすめの1冊。 ある程度、AIに携わったことのある人にとっては、レビューを見ると物... もっと読む

結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)

586
3.64
羽生善治 2010年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

将棋のことはそこまで詳しくないけれど、勝負という観点から勝ち続けるために実践していることが書かれていて納得感がありました。全部が全部、自分のことに当てはま... もっと読む

人間の未来 AIの未来

507
4.01
山中伸弥 2018年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本著は偉業を成し遂げた、将棋の羽生善治氏とips細胞の山中伸弥氏が、斬新な発想やアイデアといった独創性を生み出す「『無知』の強み」と「直感力」について説く... もっと読む

先を読む頭脳 (新潮文庫)

438
3.64
羽生善治 2009年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

羽生名人の思考の数々。 コンピュータの思考法との違い。 興味深い話が盛りだくさんです。 もっと読む

勝負哲学

407
3.88
岡田武史 2011年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勝負師たちのメソッドがここには、ある。 頑張ってる人、読みなはれ・笑 ある種の”癒し”には、なってくれます。 頑張っていない人、別に関係ない... もっと読む

決断力 (角川新書)

366
3.58
羽生善治 電子書籍 2006年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ以上考えたら戻って来れないとゾッとするほど 深くまで考える。 という部分に、 やはり最前線で活躍している人は、圧倒的な思考量の上に成り立っているのだ... もっと読む

40歳からの適応力 (扶桑社新書)

365
3.16
羽生善治 2011年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30代の時に読んだ。 ものすごいことを成し遂げ、その道を極めた方が本を書くと、作家でなくとも、言葉に重みがある。 もっと読む

自分の頭で考えるということ

358
3.44
羽生善治 2010年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前人未踏の「7冠」、そして最近は長く「3冠」を保持の羽生善治棋士、先般王位を菅井竜也棋士に奪われ現在「2冠」、王座戦も中村太一棋士に1勝2敗で後がない状態... もっと読む

羽生善治 闘う頭脳 (文春文庫)

331
3.57
羽生善治 2016年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

めっっちゃ面白い。面白すぎて、あかん!読み終わるのがもったいない!!!とまた戻り読んでる途中。将棋そんなわからんからこそ面白い。わたしがずっと思ってたけど... もっと読む

簡単に、単純に考える (PHP文庫)

307
3.35
羽生善治 2004年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秀才は、経験則を大事にする。学習能力があり、日々強くなる。 自分の型やパターンを身につけて、 それがはまったときには猛烈な強さを発揮する。 ➡相対的な能力... もっと読む

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))

232
3.97
羽生善治 2005年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序盤は定跡本、終盤は詰将棋本と デファクトスタンダードとされる勉強法がある中 手が広く感覚的で、書籍で解説するのが難しいとされる中盤について 「感覚」と「... もっと読む

迷いながら、強くなる (知的生きかた文庫)

219
3.40
羽生善治 2016年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以下、抜粋。 「恐れ」 •恐れの中には「恐縮です」「畏れ多いです」といった表現があるように、相手を気遣う、思いやるという側面があるのではないか。 ... もっと読む

「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本: 物忘れしない脳の作り方

211
3.15
茂木健一郎 2015年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1部が茂木さんが書いていて、第2部は羽生善治さんが書いている。 また、第3部は両者の対談を纏めたもの。 アンチエージングがテーマで、新しいことに挑戦する... もっと読む

人工知能の核心 (NHK出版新書)

209
3.82
羽生善治 電子書籍 2017年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり羽生善治はスゴイ! 天才ゆえに、AIに対する見方感じ方が一味も二味も違うと思った。 専門家ではないからこそ、目線が我々と近い。 しかしその洞... もっと読む
全227アイテム中 1 - 20件を表示

羽生善治のおすすめ記事

ツイートする
×