脇圭平のおすすめランキング

脇圭平のおすすめランキングのアイテム一覧

脇圭平のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『職業としての政治 (岩波文庫)』や『職業としての政治 (岩波文庫)』や『官僚制』など脇圭平の全24作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

職業としての政治 (岩波文庫)

1802
3.59

感想・レビュー

1919年1月にミュンヘンで行ったマックス・ヴェーバーの講演記録。 ドイツが第一次世界大戦に敗れて数カ月しか経っていない時期に行われた講演で、この内容も... もっと読む

職業としての政治 (岩波文庫)

121
4.21

感想・レビュー

「にもかかわらず!」 この本の意識は政治に携わる人が(受け入れるか、それは違うと否定するかは別として)政治を行う上での基準になるのでは。 もっと読む

官僚制

118
3.52

感想・レビュー

マスコミによる公務員叩きは非常に面白く映している。某テレビ番組や最近の事業仕分け、脱官僚等は国民の不満を和らげる効果があるようだ。ところが、官僚に対して早... もっと読む

職業としての政治 (ワイド版岩波文庫)

61
3.23

感想・レビュー

政治は高邁な理想を実現するためにあるべきだと考える人は多い。一方で,政治が実現できることに限りはある。人は欠点も失敗も多い。道徳的に正しいことと政治がなす... もっと読む

知識人と政治――ドイツ・一九一四~一九三三 (岩波新書)

56
4.11
脇圭平 1973年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第一次世界大戦からドイツ革命へ(現代政治の生きた学校;トーマス・マンの場合ー「政治的なもの」との対決;ドイツ革命とマックス・ウェーバー) ワイマール時代... もっと読む

フルトヴェングラー (岩波新書 黄版 282)

48
3.23
脇圭平 1984年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金沢図書館で読む。座談会の部分を読む。非常に興味深い座談会でした。丸山先生は座談の名手と言われていました。これほど面白いとは、想像できませんでした。司会を... もっと読む

ウェーバーとマルクス

27
3.67

感想・レビュー

カール・レーヴィットによる、ウェーバーとマルクスの研究の根本的動機を探る試み。ウェーバーがいう「合理化」とマルクスのいう「自己疎外」が実は同一の事態を指し... もっと読む

職業としての政治 (1984年) (岩波クラシックス〈56〉)

6
3.00

感想・レビュー

官僚は感情無しで、職務を執行し自己否定がなければならず、政治指導者は自分の行為の責任を自分ひとりで追わなければならない。責任を拒否したり転嫁したりする事は... もっと読む

フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

4
4.00
脇圭平 1984年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

14/11/30、図書館古本市で購入 もっと読む

職業としての政治 (岩波文庫)

4
3.00
マックス・ヴェーバー 電子書籍 2020年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治。政治団体と国家の指導、その指導に影響を与えようとする行為。 国家。一定の領域内で、正当な物理的暴力行使の独占を要求する共同体。 政治活動。国家権力の... もっと読む
全24アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×