臼井隆一郎のおすすめランキング

プロフィール

1946年福島県生まれ。東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了。新潟大学教養部助教授を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授。現在、東京大学名誉教授。専門は、文化学、ドイツ・ヨーロッパ文化論、言語情報文化論。
著書に『コーヒーが廻り 世界史が廻る――近代市民社会の黒い血液』(中公新書、1992)、『パンとワインを巡り神話が巡る――古代地中海文化の血と肉』(中公新書、1995)、『乾いた樹の言の葉――『シュレーバー回想録』の言語態』(鳥影社、1998)、『榎本武揚から世界史が見える』(PHP新書、2005)、『『苦海浄土』論』(藤原書店、2014)、編書に『バッハオーフェン論集成』(世界書院、1992)、翻訳にイバン・イリイチ著/デイヴィッド・ケイリー編『生きる希望――イバン・イリイチの遺言』(藤原書店、2006)等。他にバッハオーフェン及び母権論思想に関するドイツ語論文多数。

臼井隆一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

臼井隆一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)』や『パンとワインを巡り 神話が巡る―古代地中海文化の血と肉 (中公新書)』や『アウシュヴィッツのコーヒー―コーヒーが映す総力戦の世界』など臼井隆一郎の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

コーヒーが廻り世界史が廻る―近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

576
3.55
臼井隆一郎 1992年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アフリカを経てイエメンから世界へ発したコーヒー 精神を高揚させる「ザムザムの黒い聖水」としてスーフィーに愛され、それがヨーロッパに広がり、やがては... もっと読む

パンとワインを巡り 神話が巡る―古代地中海文化の血と肉 (中公新書)

56
3.76
臼井隆一郎 1995年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん。 「コーヒーが廻り世界史が廻る」と同じ著書だったので読んでみたが、 これまた予想外な内容だった。 私には新鮮な内容(ヘーラクレースとイエ... もっと読む

アウシュヴィッツのコーヒー―コーヒーが映す総力戦の世界

55
3.83
臼井隆一郎 2016年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓貸出状況確認はこちら↓ https://yamato.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB002497... もっと読む

榎本武揚から世界史が見える (PHP新書)

35
3.71
臼井隆一郎 2005年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普段は日本史の、さらに幕末の藩史の、さらに人物史という狭い狭い時代を追いかけているので、読み終えた後一気に視界がパーンと広がったような感覚を覚えた本。世界... もっと読む

コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液 (中公新書)

14
3.67
臼井隆一郎 電子書籍 1992年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コーヒーの歴史についてまとめた本。コーヒーの発見からどのように世界へ広まっていったのかまで。出版されたのは1992年と古く、内容もインスタントコーヒーや缶... もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする