臼杵陽のおすすめランキング

プロフィール

日本女子大学文学部史学科教授。パレスチナ人との最初の出会いは1980年8月のレバノンのアイン・アル・ヘルワ難民キャンプ訪問時。以来、アンマーン2年半、エルサレム2年、そしてベイルート半年と長期滞在の機会を得た。パレスチナ/イスラエルに関する見方は『イスラエル』(岩波新書)、『世界史の中のパレスチナ問題』(講談社現代新書)を参照されたい。専門は中東現代史・中東地域研究。日本・イスラーム・ユダヤ関係史にも関心を持っている。

「2016年 『パレスチナを知るための60章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

臼杵陽のおすすめランキングのアイテム一覧

臼杵陽のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『世界史の中のパレスチナ問題 (講談社現代新書)』や『イスラエル (岩波新書)』や『原理主義 (思考のフロンティア)』など臼杵陽の全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

世界史の中のパレスチナ問題 (講談社現代新書)

220
3.76
臼杵陽 2013年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

製品名 世界史の中のパレスチナ問題 著者:臼杵 陽(ウスキ アキラ) 発売日 2013年01月18日 価格 定価 : 本体1,200円(税別) I... もっと読む

イスラエル (岩波新書)

199
3.65
臼杵陽 2009年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

¥ mmsn01- 【要約】 ・ 【ノート】 ・日経アソシエ7月 もっと読む

原理主義 (思考のフロンティア)

45
3.41
臼杵陽 1999年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イスラム教、ユダヤ教、キリスト教における「原理主義」にまつわる問題を論じている本です。 本書が「原理主義」を考察する視角は、かなり独特のものです。前... もっと読む

アラブ革命の衝撃 世界でいま何が起きているのか

38
3.64
臼杵陽 2011年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

講義風で読みやすくなっている。自分にとっては新しく知ることが多く、もっとアラブやイスラーム世界について知りたいと思わされた。以下はメモ。 中東という言葉... もっと読む

高校生と考える希望のための教科書  (桐光学園大学訪問授業)

33
3.33
坂本龍一 2018年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川俊太郎さんのところだけ読んだ。 「いろんな美しさがあることを自分の中に許しておく。」 もっと読む

「中東」の世界史

32
5.00
臼杵陽 2018年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日経新聞2018121掲載 もっと読む

大川周明 イスラームと天皇のはざまで

30
4.00
臼杵陽 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尊敬するイスラエル研究者の臼杵陽さんが大川周明を論じる、それも「イスラームと天皇のはざま」という副題をつけて。これは興味をひかれずにいられない。 大川周... もっと読む

パレスチナを知るための60章 (エリア・スタディーズ144)

28
3.40
臼杵陽 2016年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パレスチナのことが広範囲カバーされた本。 著者それぞれの意見は置いておき、客観的な情報も得られパレスチナについての知識が深められた。 もっと読む

世界化するパレスチナ/イスラエル紛争 (新世界事情)

17
3.13
臼杵陽 2004年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] エルサレム問題に端を発するユダヤ人とパレスチナ人のコミュニティをめぐる歴史的対立は、イスラエル建国後、パレスチナ問題からアラブ/イスラエル... もっと読む

イスラムの近代を読みなおす

16
3.25
臼杵陽 2001年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通りに最初は書いてあるものの、頁が進むにつれて話がそれていく印象がします。過去の歴史をもっと詳しく書いて、現代のものとよりリンクさせた書き方の方が... もっと読む

世界史の中のパレスチナ問題 (講談社現代新書)

13
3.50
臼杵陽 電子書籍 2013年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖書にまで遡って、オスマントルコ時代を経由して、日本との関係までパレスチナとその周辺について詳細に書かれた本。詳し過ぎてちょっと消化しきれなかった。 もっと読む

見えざるユダヤ人―イスラエルの〈東洋〉 (平凡社選書 (174))

12
3.00
臼杵陽 1998年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イラクからイスラエルに移民してきたあるユダヤ人少年が、移民直後の新移民者用特設キャンプ(マアバラ)の貧しい生活から抜け出し、豊かなキブツに派遣されることに... もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする