船戸与一のおすすめランキング

船戸与一のおすすめランキングのアイテム一覧

船戸与一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『猛き箱舟 上 (集英社文庫)』や『砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)』や『砂のクロニクル〈下〉 (新潮文庫)』など船戸与一の全317作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

猛き箱舟 上 (集英社文庫)

333
4.00
船戸与一 1997年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結構厚い本だったけど、あっという間に読了。薄めの理由で飛び込んだ世界が、とにかく濃い。日本に住む人間とマグレブに暮らす人間の感覚の違い、環境によってこんな... もっと読む

砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)

322
3.89
船戸与一 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

船戸作品で最も好きな作品です。 ストーリーにスピード感もあり、読んでいて非日常のハードボイルドの世界に誘ってくれます。 もう戻れない!!! イスラム... もっと読む

砂のクロニクル〈下〉 (新潮文庫)

277
3.94
船戸与一 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イメージが焼き付いてて、2年たっても少し残っている。たぶんまた読む。 もっと読む

虹の谷の五月 上 (集英社文庫)

271
3.63
船戸与一 2003年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容紹介 フィリピンのセブ島に祖父と暮らす13歳のトシオ。丸い虹がかかる谷をめぐり、彼はゲリラの抗争に巻き込まれていく。成長を遂げていく少年に託した冒険巨... もっと読む

猛き箱舟 下 (集英社文庫)

240
3.96
船戸与一 1997年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻からは思いもよらない展開で夢中で読了。とても、想像のつかない世界の話だけれどきっと誰かがほんとうに請け負ってるんじゃないかなって思う。 もっと読む

風の払暁 満州国演義一 (新潮文庫)

237
4.41
船戸与一 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一巻は単行本でも読んだのだが、本作が船戸さんの遺作になってしまったこともあり、もったいなくて途中で読みとどまっていた。よし、読むぞと意気込んで再読。場の情... もっと読む

虹の谷の五月 下 (集英社文庫)

233
3.66
船戸与一 2003年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容紹介 去年も一昨年も虹の谷で銃声が響いた。だからおれはもう、だれも案内をしない。そんなある日、ドクトル・ナカノが誘拐された! 少年の慟哭とあふれる想い... もっと読む

山猫の夏 【新装版】 (講談社文庫)

233
3.88
船戸与一 1995年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

船戸与一にしては読みやすいエンタメよりの一冊。ロミオとジュリエットみたいなさ。舞台はブラジルで、お酒が美味しそうで、やたら強い日系人が登場して、たくさん人... もっと読む

蝦夷地別件〈上〉 (新潮文庫)

216
3.62
船戸与一 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://takeshi3017.chu.jp/file3/naiyou10105.html もっと読む

夜を急ぐ者よ (集英社文庫)

187
2.86
佐々木譲 2010年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3,5位。台風の那覇を舞台に物語は進みます。 もっと読む

蝦夷地別件〈下〉 (新潮文庫)

183
3.77
船戸与一 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第14回日本冒険小説協会大賞(国内部門) 著者:船戸与一(1944-2015、下関市、小説家) もっと読む

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

176
3.63
日本推理作家協会編著 電子書籍 2015年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。 ↓ http://sommelierofbooks.com/study_training_... もっと読む

蝦夷地別件〈中〉 (新潮文庫)

174
3.69
船戸与一 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第14回日本冒険小説協会大賞(国内部門) 著者:船戸与一(1944-2015、下関市、小説家) もっと読む

事変の夜 満州国演義二 (新潮文庫)

171
4.09
船戸与一 2015年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4兄弟が4者4様に堕ちていく…時代の大きなうねりの中で、人はさも自分に無力なのか。いや、それが歴史という残酷さなのか。 もっと読む

虹の谷の五月

169
3.73
船戸与一 2000年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作品。三章からなる壮大な冒険巨編です。 うーむ、一言ではとても言い表せない読後感。汗と、血と、硝煙と。生々しいまでの 『生』のエネルギッシュ... もっと読む

風の払暁―満州国演義〈1〉

168
3.67
船戸与一 2007年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

魅力ある4人兄弟。続きがとても気になります。 もっと読む

群狼の舞 満州国演義三 (新潮文庫)

161
4.12
船戸与一 2015年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1928年~1945年の17年間の満州の歴史。登場人物4兄弟の視点で語られる。満州事変から第二次世界大戦終結までの流のなかで、南京事件、張鼓峰事件、ノモン... もっと読む

炎の回廊 満州国演義四 (新潮文庫)

148
4.08
船戸与一 2015年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和の闇を深めるもの、それは軍部だけではなかった。人も、国家も、時代が狂想を奏でる中で何かに必死に抗う、それが歴史の闇だったんだ。4兄弟が見事にそれを活写... もっと読む

山猫の夏 (小学館文庫)

138
3.76
船戸与一 2014年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブラジルの奥地で生き延びる日本人。まるでワイルドソウルの続編のようでした。 かっちょいいーーー! 悪ぶってイイコトする男に惚れる。 もっと読む

灰塵の暦 満州国演義五 (新潮文庫)

138
4.29
船戸与一 2016年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国家、泥沼、ひとの性(さが)…混乱が混沌となり、同時代的視点からも時代が加速度的に転がり落ちていく。しかし、悲劇は止まらない。胸が痛いが、指先は次の頁を求... もっと読む
全317アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×