船戸与一のおすすめランキング

船戸与一のおすすめランキングのアイテム一覧

船戸与一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)』や『猛き箱舟(上) (集英社文庫)』や『砂のクロニクル〈下〉 (新潮文庫)』など船戸与一の全298作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

砂のクロニクル〈上〉 (新潮文庫)

277
3.87
船戸与一 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

船戸作品で最も好きな作品です。 ストーリーにスピード感もあり、読んでいて非日常のハードボイルドの世界に誘ってくれます。 もう戻れない!!! イスラム... もっと読む

猛き箱舟(上) (集英社文庫)

265
3.96
船戸与一 1997年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただのチンピラだった主人公が一級の男になることを夢みて危険な戦いに身を投じる。 普通に生きていれば体験することのない数々の修羅場を経て、最終的にどんなす... もっと読む

砂のクロニクル〈下〉 (新潮文庫)

236
3.95
船戸与一 1994年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★1992年度山本周五郎賞 配置場所:2F文庫書架 請求記号:913.6||F 89||2 資料ID:C0017818 もっと読む

虹の谷の五月〈上〉 (集英社文庫)

215
3.58
船戸与一 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

セブ島ガルソボンガ地区に祖父と暮らし闘鶏用の軍鶏を育てる13歳のジャッピーノ(日本人とフィリピン人のハーフ)=トシオ・マナハンが成長していく2年間の話 ガ... もっと読む

山猫の夏 【新装版】 (講談社文庫)

210
3.84
船戸与一 1995年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

船戸与一にしては読みやすいエンタメよりの一冊。ロミオとジュリエットみたいなさ。舞台はブラジルで、お酒が美味しそうで、やたら強い日系人が登場して、たくさん人... もっと読む

猛き箱舟〈下〉 (集英社文庫)

192
3.88
船戸与一 1997年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中から展開が大きく変わった。 そして主人公の豹変ぶり。 あんな目にあったらそうなるんかな? もっと読む

虹の谷の五月〈下〉 (集英社文庫)

182
3.60
船戸与一 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。血腥いけど少年の成長譚。 もっと読む

蝦夷地別件〈上〉 (新潮文庫)

176
3.59
船戸与一 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://takeshi3017.chu.jp/file3/naiyou10105.html もっと読む

風の払暁 満州国演義一 (新潮文庫)

162
4.47
船戸与一 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一巻は単行本でも読んだのだが、本作が船戸さんの遺作になってしまったこともあり、もったいなくて途中で読みとどまっていた。よし、読むぞと意気込んで再読。場の情... もっと読む

夜を急ぐ者よ (集英社文庫)

157
2.84
佐々木譲 2010年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3,5位。台風の那覇を舞台に物語は進みます。 もっと読む

風の払暁―満州国演義〈1〉

151
3.63
船戸与一 2007年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦中の日本を書いた小説には、どうしても読んでいるうちにイデオロギーじみたものやプロパガンダくささを感じずにはいられないようなものが多く、あまり好きになれな... もっと読む

蝦夷地別件〈下〉 (新潮文庫)

147
3.71
船戸与一 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凛とした緊張感の中、一筋の光を感じる上巻とは様相を呈する重苦しさ。 なれど、これが実態なのだ。 読了し、そんな読後感を持ちました。 寂寞を感じる風音が胸を... もっと読む

虹の谷の五月

144
3.76
船戸与一 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直木賞受賞作品。三章からなる壮大な冒険巨編です。 うーむ、一言ではとても言い表せない読後感。汗と、血と、硝煙と。生々しいまでの 『生』のエネルギッシュ... もっと読む

蝦夷地別件〈中〉 (新潮文庫)

140
3.64
船戸与一 1998年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://takeshi3017.chu.jp/file3/naiyou10105.html もっと読む

事変の夜: 満州国演義二 (新潮文庫)

119
4.19
船戸与一 2015年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4兄弟が4者4様に堕ちていく…時代の大きなうねりの中で、人はさも自分に無力なのか。いや、それが歴史という残酷さなのか。 もっと読む

群狼の舞: 満州国演義三 (新潮文庫)

117
4.21
船戸与一 2015年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1928年~1945年の17年間の満州の歴史。登場人物4兄弟の視点で語られる。満州事変から第二次世界大戦終結までの流のなかで、南京事件、張鼓峰事件、ノモン... もっと読む

砂のクロニクル

115
3.59
船戸与一 1991年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

600ページもある大作だった。間違いなく途中で頓挫するタイプの本だと思ったけど、貪るように読んだ。文章力とか構成力とかそういう次元を超えて、こうも惹きつけ... もっと読む

事変の夜―満州国演義〈2〉

110
3.63
船戸与一 2007年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

危ういながらもかろうじて保たれていたタガが張作霖爆殺事件と田中義一内閣崩壊によって外れるまでが前巻。二巻のメイントピックはサブタイトル通り、満州事変の勃発... もっと読む

神話の果て 【新装版】 (講談社文庫)

99
3.38
船戸与一 1995年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ペルーを舞台にしたハードボイルドな話。 インディオのゲリラが活動する土地にウラン鉱床が見つかったため、ゲリラ組織を壊滅させるためにウラン鉱床を狙う会社から... もっと読む

炎の回廊: 満州国演義四 (新潮文庫)

98
4.13
船戸与一 2015年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和の闇を深めるもの、それは軍部だけではなかった。人も、国家も、時代が狂想を奏でる中で何かに必死に抗う、それが歴史の闇だったんだ。4兄弟が見事にそれを活写... もっと読む
全298アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする