色川武大のおすすめランキング

色川武大のおすすめランキングのアイテム一覧

色川武大のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『うらおもて人生録 (新潮文庫)』や『狂人日記 (講談社文芸文庫)』や『アンソロジー カレーライス!!』など色川武大の全136作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

うらおもて人生録 (新潮文庫)

907
3.83
色川武大 1987年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

麻雀小説で有名な阿佐田哲也。 彼の色川武夫名義でのエッセイと言うか、もっと重い「言葉」。 「もう俺先が短いんだよ」 「くだらん男なんだよ」 と言い... もっと読む

狂人日記 (講談社文芸文庫)

481
3.83
色川武大 2004年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福武書店のハードカバーのほうも登録してあるけど最近再読したくてこちらを買って再読した。 いくつも泣きそうになる箇所があるんだけど、圭子の「生活って最... もっと読む

アンソロジー カレーライス!!

478
3.48
阿川佐和子 2013年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、お腹空いた~!( >_<) エッセイの間に挟まれた様々なカレーの写真といい、 真っ黄色な紙といい、 著名人たちの好きが溢れたカレーエピ... もっと読む

怪しい来客簿 (文春文庫)

371
3.79
色川武大 1989年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

異形巨躯な相撲取り、白痴の少女、一発屋の歌手、香具師のお婆さんetc... 世間で言う、「一風変わった人物」達を各章で取り上げ、各々のエピソードを色... もっと読む

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

317
3.24
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

百 (新潮文庫)

302
3.69
色川武大 1990年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

退役軍人の父親との親子関係をつづった私小説短編集。 起きていることをあるがままに受け入れるということは 実は大変なこと。でも、この親も、この子(著者... もっと読む

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

254
3.15
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

229
3.12
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

アンソロジー そば

141
3.24
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

新装版 離婚 (文春文庫)

127
3.34
色川武大 2011年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

離婚した夫婦が経済的な理由や寂しさから、また同居を始めるというお話。 夫婦でもないのに男は女を養い、女はハチャメチャで好き勝手なことをして 男に金をね... もっと読む

喰いたい放題 (光文社文庫)

117
3.80
色川武大 2006年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 食に関するエッセー集。  戦中戦後の食糧難を体験している著者だけに、食に関する心がけは「米とか、味噌とか、豆腐とか、日常茶飯の物をこそ吟味すること」... もっと読む

離婚 (文春文庫)

104
3.56
色川武大 1983年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつだったかの夜、いい雰囲気の寝床で、唐突に女の子から「私もあなたも、今は誰とも付き合っていないんだから、こんな夜があっていい」などと耳元で囁かれ、強烈に... もっと読む

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

81
4.09
金子國義 2015年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わるまでに2ヶ月以上。図書館員さん何度もごめんなさい。 素敵な作家さん達が個性たっぷりに描く食に関するお話。 絵日記、エッセイ、ファンタジー... もっと読む

生家へ (講談社文芸文庫)

74
3.53
色川武大 2001年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シュールすぎてチョットついていきづらい。父子の確執みたいなのもいまひとつピンとこないんだよね。 ただ、それはそれで読ませるものはある。 もっと読む

狂人日記 (福武文庫)

72
3.69
色川武大 1993年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

切実過ぎて息が止まってしまい、息継ぎのために読むのを中断してしまうような読書になった。主人公は狂人という設定だけれど、テーマは狂いではなくて人とつながりた... もっと読む

色川武大 (ちくま日本文学 30)

69
4.16
色川武大 2008年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『怪しい来客簿』というのが泉鏡花賞だというので読んでみた。 最初の収録作品を読んで、不思議な人だなぁ、と思った。 キャラが濃すぎるので、ものの見方や考え方... もっと読む

なつかしい芸人たち (新潮文庫)

66
3.71
色川武大 1993年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最高、読ませていただいて感謝 もっと読む

私の旧約聖書 (中公文庫)

66
3.50
色川武大 1991年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旧約聖書を読んだことも開いた事もないけれど、 色川武大の人生観がよく読めて面白い。 S4年生まれ、平成元年死去60歳、55~57才の作品。 旧約聖書... もっと読む

いずれ我が身も (中公文庫)

64
3.46
色川武大 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの戦争を経験しているかしていないかの年齢のわずかな差はあるが、近いものを感じるエッセイ集。他の作品も読みたい。 もっと読む

引越貧乏 (新潮文庫)

64
3.04
色川武大 1992年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

色川氏の人柄が伝わってくるような短編集でしたね! 自伝に近い? ような感じが致しました…。しかし、自分のエピソードをこうして小説仕立てにできるなんてやはり... もっと読む
全136アイテム中 1 - 20件を表示

色川武大に関連する談話室の質問

ツイートする