芝村凉也のおすすめランキング

プロフィール

1961年、宮城県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。学生時代は映画サークルでシナリオ作成に熱中、二十数年のサラリーマン生活を経験した後、2011年『返り忠兵衛 江戸見聞 春嵐立つ』(双葉社)でデビュー。「半四郎百鬼夜行」シリーズが「この時代小説がすごい!」(宝島社)文庫書き下ろし部門二年連続ランクイン! 新シリーズ「御家人無頼」も好評。確かな筆力と個性的な人物造形で目利き絶賛の時代小説作家。

「2017年 『素浪人半四郎百鬼夜行(拾遺) 追憶の翰』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芝村凉也のおすすめランキングのアイテム一覧

芝村凉也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『春嵐立つ-返り忠兵衛江戸見聞 (双葉文庫)』や『鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社文庫)』や『湿風烟る-返り忠兵衛江戸見聞(2) (双葉文庫)』など芝村凉也の全42作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

春嵐立つ-返り忠兵衛江戸見聞 (双葉文庫)

48
3.80
芝村凉也 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

兄が殺され、一人江戸へ逃げのびた忠兵衛。江戸の長屋に隠れ住まうはずが、江戸中の注目を浴びる人物になってしまう!最初は、えー、そんな陰謀もの~とか思っていた... もっと読む

鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社文庫)

45
4.00
芝村凉也 2014年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第一弾 藩主の股肱の臣を試合で負かした主人公は脱藩して江戸へ 途中で出会った老人と小僧、諸々の怪異が もっと読む

湿風烟る-返り忠兵衛江戸見聞(2) (双葉文庫)

38
3.64
芝村凉也 2011年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

忠兵衛かっこ良すぎ。真正面から火中に飛び込む危なげな性格もそのままに、火消し・魚河岸の面々を味方につけていく。それも己の意思とは関係なく。クライマックスは... もっと読む

秋声惑う 返り忠兵衛江戸見聞(3) (双葉文庫)

36
3.38
芝村凉也 2011年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

故郷の国を出て江戸へ上った忠兵衛は、危機をなんとか乗り切ったが、与茂平は傷を負い、忠兵衛はその身をひきとることにした。そんな忠兵衛の元へ訪れた使者は……。... もっと読む

風花躍る-返り忠兵衛江戸見聞(4) (双葉文庫)

35
3.20
芝村凉也 2012年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

辰巳芸者の粋と張りの描写は見事。啖呵の切り方も良い。こういった市井の暮らしに根付いた作品は大好物。同心や火消し衆たちの江戸弁も心地よい。しかも内容も骨太の... もっと読む

雄風翻く-返り忠兵衛江戸見聞(5) (双葉文庫)

31
3.20
芝村凉也 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

死闘を重ねる事により剣技も成長して行く。この小説の主人公忠兵衛には、これが似合っていると思う。藩との対決など、少々駆け足で終わってしまい多少の不完全燃焼さ... もっと読む

黒雲兆す-返り忠兵衛江戸見聞(6) (双葉文庫)

26
3.44
芝村凉也 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

返り忠兵衛江戸見聞シリーズ、6作目。 定海藩のお家騒動はひとまず決着したものの、天名の鬼六やら日向国室藩やら、忠兵衛の周りで新たな陰謀を画策する輩が... もっと読む

鬼心の刺客 素浪人半四郎百鬼夜行(二) (講談社文庫)

25
3.73
芝村凉也 2014年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二弾 藩からの追手、雇われた凄腕の浪人との死闘、そして色々な怪異、善悪を含め色々な妖怪も、一連の怪奇現象の流れ? もっと読む

風炎咽ぶ-返り忠兵衛 江戸見聞(13) (双葉文庫)

21
3.29
芝村凉也 2014年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柱を失った藩、孫を失った盗賊、人生の張りを失った娘、死を予感している男。最終巻へ向かっての助走の話でしたね。さぁ次ぎにどう締めくくるのか。 それともまだ続... もっと読む

無月潜む-返り忠兵衛江戸見聞(7) (双葉文庫)

20
3.29
芝村凉也 2012年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょいと詰め込み過ぎかな。若い藩主相手の剣術稽古、その際の忠兵衛とお局のやり取り等は面白い。やはりこのシリーズでは市井での主人公の活躍が読みたいもんだ。 もっと読む

寒雷叫ぶ-返り忠兵衛江戸見聞(8) (双葉文庫)

20
3.13
芝村凉也 2013年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

返り忠兵衛江戸見聞シリーズ、8作目。 今回は朝太郎の残虐非道ぶりが目立つ。罠と知りつつ敵地に乗り込んでいく勝弥の姿は格好良かったし、泣けた。感情を揺... もっと読む

風巻凍ゆ-返り忠兵衛江戸見聞(12) (双葉文庫)

20
3.43
芝村凉也 2014年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

返り忠兵衛江戸見聞シリーズ、12作目。 前作にして漸く話がクライマックスに向かって動き出したかと思ったのに、またも忠兵衛の存在が空気。脇キャラとして... もっと読む

蘖芽吹く-返り忠兵衛 江戸見聞(9) (双葉文庫)

18
3.43
芝村凉也 2013年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

返り忠兵衛江戸見聞シリーズ、9作目。 天名の鬼六らによる悪巧みはひとまず置いといて、また新たな陰謀が定海藩に降りかかる。今作では、定海藩の若殿の命が何者... もっと読む

片蔭焦す-返り忠兵衛 江戸見聞(10) (双葉文庫)

18
3.33
芝村凉也 2013年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

返り忠兵衛江戸見聞シリーズ、10作目。 朝太郎が少しちょっかいを出すけど、、、今回、大した騒動は起こらず。おみちが縁談を迎えることで、忠兵衛の周辺にあっ... もっと読む

野分荒ぶ-返り忠兵衛 江戸見聞(11) (双葉文庫)

18
3.33
芝村凉也 2013年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

返り忠兵衛江戸見聞シリーズ、11作目。 波乱の第十一弾、という裏表紙の文句の通り、今作は久しぶりに波乱の展開。今までがあまりにものんべんだらりとした... もっと読む

刃風閃く-返り忠兵衛 江戸見聞(14) (双葉文庫)

17
3.50
芝村凉也 2014年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第十四弾 遂に鬼六一味との最終対決 神原の策謀の中、剣豪3人の揃い踏み 徹底したせん滅 もっと読む

天風遙に-返り忠兵衛 江戸見聞(15) (双葉文庫)

15
3.00
芝村凉也 2014年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第十五弾にしての完結編 3人の良き?ライバルの決着、結局誰が最強かは?のまま 2人まで亡くなれば仕方ないか 旧藩への復帰と、妻を娶った主人公 前途... もっと読む

狐嫁の列 素浪人半四郎百鬼夜行(零) (講談社文庫)

15
3.33
芝村凉也 2015年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半四郎の出発点の記載された巻、三巻の後 父を失い、育てられた組頭の家と家族、特にその娘志津 しかし名家に嫁いだ結末は、脱藩した経緯は いずれもこれま... もっと読む

蛇変化の淫 素浪人半四郎百鬼夜行(三) (講談社文庫)

14
3.67
芝村凉也 2015年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第三弾 江戸における怪奇現象が再び 悲しき蛇神の化身達、おのれの身を犠牲にして江戸を救うが、背後に蠢く者達は もっと読む

憂き世往来-御家人無頼 蹴飛ばし左門(1) (双葉文庫)

14
3.00
芝村凉也 2015年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

賭場に入り浸り気が向けば用心棒のように振舞う左門。近所に越してきた兄妹一家が、小普請組の悪辣な連中の手にかからんとする。お節介な男の行動から仕方なしに動く... もっと読む
全42アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする