芦沢央のおすすめランキング

プロフィール

芦沢央(あしざわ よう)
1984年生まれの作家。千葉大学文学部卒業。出版社勤務を経て、2012年『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。『罪の余白』は2015年に映画化された。その他代表作に、2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」第7位、「このミステリーがすごい!」2017年版第5位、第38回吉川英治文学新人賞候補『許されようとは思いません』、そして第32回山本周五郎賞候補および本屋大賞ノミネート作となった『火のないところに煙は』など。2019年8月28日、『カインは言わなかった』を刊行。

芦沢央のおすすめランキングのアイテム一覧

芦沢央のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火のないところに煙は』や『悪いものが、来ませんように (角川文庫)』や『許されようとは思いません (新潮文庫)』など芦沢央の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火のないところに煙は

2485
3.41
芦沢央 2018年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/09/10読了 #このミス作品48冊目 ホラーオムニバス。全5話 著者が取材で得たエピソードを まとめたというもの。 ホラーが苦手な私でもまだ... もっと読む

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

2201
3.35
芦沢央 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうしてもこの手の作品は湊かなえと比べてしまう。 あまりネガティブなことは書きたくないけれど。 母娘ものをテーマにした作品というのは結構溢れていて、「... もっと読む

許されようとは思いません (新潮文庫)

1597
3.52
芦沢央 2019年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブクログで評価を調べてから自分で購入した本。 自分で購入したのに(~_~;) 間違って嫌いな短編集を選んでしまった(ToT) はぁ、短編かよ... もっと読む

罪の余白 (角川文庫)

1055
3.39
芦沢央 2015年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 一人娘の転落死の真相を追う大学講師の父親の姿を描いたサスペンス。  小説のテーマはどちらかと言うと使い古された感のあるものだったのですが、非常に巧... もっと読む

許されようとは思いません

742
3.47
芦沢央 2016年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒い。 いろんな黒が描かれている。 闇の黒、影の黒、人間の心の奥の黒、塗り込められた黒。 ビアズレータッチのカバーイラストがぴったりの世界。 言葉... もっと読む

今だけのあの子 (創元推理文庫)

707
3.59
芦沢央 2017年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新婦とは一番の親友だと思っていたのに。大学のグループの女子で、どうして私だけ結婚式に招かれないの…(「届かない招待状」)。環境が変わると友人関係も変化する... もっと読む

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

663
3.10
恩田陸 2018年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芦沢央さんの話が特に好きだった。「怖い!」というより「ああ、なるほど」と納得できる奇妙さがよかった。織守きょうやさんの話は「先読めちゃうなあ」がひっくり返... もっと読む

貘の耳たぶ

463
3.48
芦沢央 2017年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

辛くて読むのをやめようかと何度も手をとめる。 誰も頼る人がいない中での育児の不安、子どもが産まれたからとらいって、突然母親になれるわけではない。でも、自分... もっと読む

カインは言わなかった

460
3.33
芦沢央 2019年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年4冊目の芦沢央さん。「火のないところに煙は」が本屋大賞ノミネート作品だったこともあり、最近よく読んでいる作家さん。 新作の舞台はコンテンポラリーダンス... もっと読む

いつかの人質 (角川文庫)

446
3.28
芦沢央 2018年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん...(´•ω•`)な作品でした。 あらすじを読んでから読み始めたので物語の始まりは うんうんここからどーなるのかな///と、ワクワクしておりました... もっと読む

汚れた手をそこで拭かない

371
3.70
芦沢央 2020年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作はイヤミス短編集で「僕の神さま」も面白かったのだが、個人的にはこっちが好みだった。 タイトルが自分に向けて言われているようでドキッとする。確かに... もっと読む

悪いものが、来ませんように (単行本)

361
3.29
芦沢央 2013年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なっちゃんこと奈津子と、紗英という二人の女性。 「ちょっとおかしいんじゃない?」と思うほどの仲の良さに違和感があったのですが、なるほどそういうトリックでし... もっと読む

僕の神さま

336
3.40
芦沢央 2020年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意外、を見た一冊。 小学生といえば無邪気なイメージ。 高学年とはいえそれを見事に覆す意外な小学生を見た作品だった。 一話目は他作品で既読、あの時のあ... もっと読む

バック・ステージ (角川文庫)

311
3.58
芦沢央 2019年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽くさらっと読めて、面白かった。 主人公?2人のセリフの雰囲気など、伊坂幸太郎っぽいなーと思って読んでいたが終章はほんとにそんな感じ!似てる。テンポの良さ... もっと読む

鍵のかかった部屋 5つの密室 (新潮文庫nex)

310
3.38
似鳥鶏 2018年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.6.23.密室ミステリーの使い古されたトリック…窓やドアの内側のつまみ(クレセントやサムターン)に紐を巻きつけて、外から引っ張り、締めて密室をつ... もっと読む

罪の余白

308
3.19
芦沢央 2012年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

娘が命を落とすこととなった原因を作った人物への復讐をどうするつもりなのか。最後の最後まで気になってページを捲る手が止まらなかった。 また、「最後だとわかっ... もっと読む

バック・ステージ

307
3.43
芦沢央 2017年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本もブクログのレビューで知っておもしろそうと思い、図書館で借りた。 最近多忙で、本を読む時間があまりないのだけど、この本はとても読みやすくて、空き時... もっと読む

雨利終活写真館

299
3.26
芦沢央 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル通り、遺影専門の写真館を舞台にした物語。 悪くはないのだけれど、キャラクターが誰も好きになれない。 特に主人公。ものすごく身勝手で自分の都合で... もっと読む

いつかの人質

274
3.20
芦沢央 2015年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3歳の頃、母親の前から姿を消した愛子。誘拐?戻ってきた時には視力を失っていた。その愛子が15歳になり、再び親の前から姿を消した。そして犯人からの身代金要求... もっと読む

今だけのあの子 (ミステリ・フロンティア)

224
3.34
芦沢央 2014年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どの短編も、読みやすくて面白かったです。 ほんの少しの疑いや思い込みがどんどん膨らんで、 取り返しのつかないことになってしまいそうな怖さ。 謎が... もっと読む
全81アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×