芦沢央のおすすめランキング

プロフィール

1984年東京都生まれ。千葉大学文学部卒業。出版社勤務を経て、2012年『罪の余白』で、第3回「野性時代フロンティア文学賞」を受賞し、デビュー。16年刊行の『許されようとは思いません』が、「吉川英治文学新人賞」候補作に選出。18年『火のないところに煙は』で、「静岡書店大賞」を受賞、第16回「本屋大賞」にノミネートされる。20年刊行の『汚れた手をそこで拭かない』が、第164回「直木賞」、第42回「吉川英治文学新人賞」候補に選出された。その他著書に、『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『貘の耳たぶ』『僕の神さま』等がある。

芦沢央のおすすめランキングのアイテム一覧

芦沢央のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『許されようとは思いません (新潮文庫)』や『悪いものが、来ませんように (角川文庫)』や『火のないところに煙は (新潮文庫)』など芦沢央の全122作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

許されようとは思いません (新潮文庫)

6718
3.57
芦沢央 2019年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんのりイヤミス的短編集。 ひとつ選ぶならば『姉のように』。「●●だったのか!月までブッ飛ぶこの衝撃….」 結末が予想とズレたのは... もっと読む

悪いものが、来ませんように (角川文庫)

6574
3.44
芦沢央 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは、『共依存』でしょうか? …といきなり聞きなれない言葉で質問をされても困りますよね。この『共依存』という言葉は厚生労働省のWebサイトに以下の通... もっと読む

火のないところに煙は (新潮文庫)

4894
3.62
芦沢央 2021年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者自身が実際に体験したことをベースに作られた連作短編ホラーミステリ。 久々の芦沢央。本作で通読6作品目。 しかも本作は私が小説読書デビューして間もなく... もっと読む

火のないところに煙は

4010
3.45
芦沢央 2018年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怖かった(全力) 。 フォロワーの皆様、この作品を手にした方は多いかと思うのですが、その後どうお過ごしですか。恐怖に支配され水周りに近寄れない哀れな私にど... もっと読む

汚れた手をそこで拭かない

3768
3.57
芦沢央 2020年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集のイメージがかなり定着してきた芦沢央。短編嫌いな私ですが、彼女の作るショートストーリーは斬新で結構好みの類である。 五作からなる個々の物語はどれも銭... もっと読む

汚れた手をそこで拭かない (文春文庫 あ 90-2)

3257
3.64
芦沢央 2023年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

またしても体調を崩している。 なんだか今年は季節の変わり目全部で体調を崩していて、厄年が全て終わったにも関わらず、しんどかったような気がしている。細菌が... もっと読む

罪の余白 (角川文庫)

2865
3.41
芦沢央 2015年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これがデビュー作とは 恐るべし。 皆が皆こんなはずじゃ なかった、なんです。 転落死した主人公の娘、 彼女を虐めていた友人、 ... もっと読む

今だけのあの子 (創元推理文庫)

2073
3.58
芦沢央 2017年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者初読み。 すごく良い出会いをした! 読んでいるうちに、タイトルの意味が わかって、 私も、振り返ると職場や友人関係が 今だけのあの人 ばかりだなと... もっと読む

夜の道標 (単行本)

1993
3.84
芦沢央 2022年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらもフォロワーさんの評価が高かった為、Amazonでポチっていた一冊。 映画を見ているような物語の展開だった。 回収不足な点もあるのかもしれな... もっと読む

神様の罠 (文春文庫 つ 18-50)

1979
3.38
辻村深月 2021年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「オール讀物」掲載作品から、神様の罠と題して、ミステリ界のリーダー6作家6作品の短編集。 「夫の余命」乾くるみ 乾さん、男性だったんですね。作品読んでも... もっと読む

いつかの人質 (角川文庫)

1592
3.28
芦沢央 2018年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは、日本で毎年8万人もの人たちが行方不明になっているという事実を知っているでしょうか? 今は2023年、そしてここは日本です。古の世ならいざ知らず... もっと読む

だから見るなといったのに: 九つの奇妙な物語 (新潮文庫nex)

1446
3.08
恩田陸 2018年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「だから見るなといったのに」ですと!? じゃあ、結果を知ってるなら勿体ぶらずに、 「こうなってしまうんだよぉぉ~……」と何が起こるのか具体的に教えてくれ... もっと読む

僕の神さま

1258
3.41
芦沢央 2020年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんて出来た子なのだ水谷くん! みんなから神さまと呼ばれても調子にも乗らず、常に冷静で言うべきことと言わないでいいことの判断ができ、人の話を親身に聞き、困... もっと読む

神の悪手

1156
3.25
芦沢央 2021年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 若干十四歳にしてプロ棋士になった、あの少年の話題は、テレビやネットで連日賑わっています。そもそも勝った負けたというけれど、将棋の駒は兵士で、八十一マスの... もっと読む

バック・ステージ (角川文庫)

1132
3.40
芦沢央 2019年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは今、さてさてが書いたレビューを読んでくださっていますが、そんな瞬間にも世の中ではさまざまな事ごとが起こっています。  (*˙ᵕ˙*)え? なん... もっと読む

許されようとは思いません

1097
3.40
芦沢央 2016年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めての芦沢央さん 短編5つですがイヤミス?なのかな? 表題作「許されよう…」は曽祖父を殺した祖母の話。 村八分の嫌らしさ、恐ろしさ…祖母の最後の望みが... もっと読む

Jミステリー2022 SPRING (光文社文庫)

834
3.60
東野圭吾 2022年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各作家の特徴が出ていて面白い! ミステリー界のドリームチームの傑作アンソロジー #Jミステリー2022SPRING こんなメンバーのアンソロジーが出... もっと読む

カインは言わなかった

808
3.26
芦沢央 2019年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白くても睡眠確保を優先出来ちゃう強い心を持ち始めたなと自負していたのですが、、、これはダメでした。煩悩トーナメント睡眠欲準決勝敗退です。果たして決勝に勝... もっと読む

カインは言わなかった (文春文庫 あ 90-1)

785
3.57
芦沢央 2022年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルのカインは、旧約聖書のカインとアベルから取られている。カインは、人類初の殺人者だという。このタイトルにより、混沌とした構成がより複雑さを増すことに... もっと読む

貘の耳たぶ (幻冬舎文庫)

746
3.62
芦沢央 2020年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年 第6回 新井賞受賞 自ら産んだ子を 同日に生まれた他の子と取り替えた母親 ちょっとしたトラブルによる衝動的な行動だった 妊娠中の不安、出産時の... もっと読む
全122アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×