花崎皋平のおすすめランキング

プロフィール

1931年、東京に生まれる。哲学者。北海道小樽市在住。
北海道大学教員を経て、ベトナム反戦運動、成田空港や伊達火力、泊原発などの地域住民運動、アイヌ民族の復権運動への支援連帯運動に参加する。1989年ピープルズ・プラン21世紀・国際民衆行事で世界先住民会議の運営事務局に参加。「さっぽろ自由学校〈遊〉」、ピープルズ・プラン研究所の会員。著書に『生きる場の哲学──共感からの出発』(岩波書店、1981)『あきらめから希望へ──生きる場からの運動』(高木仁三郎との対論、七つ森書館、1987)『静かな大地──松浦武四郎とアイヌ民族』(岩波書店、1988/2008)『民衆主体への転生の思想──弱さをもって強さに挑む』(七つ森書館、1989)『アイデンティティと共生の哲学』(筑摩書房、1993/平凡社ライブラリー、2001)『個人/個人を超えるもの』(岩波書店、1996)『〈共生〉への触発──脱植民地・多文化・倫理をめぐって』(みすず書房、2002)『〈じゃなかしゃば〉の哲学──ジェンダー・エスニシティ・エコロジー』(インパクト出版会、2002)『ピープルの思想を紡ぐ』(七つ森書館、2006)『風の吹きわける道を歩いて──現代社会運動私史』(同、2009)『田中正造と民衆思想の継承』(同、2010)他。

「2012年 『天と地と人と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花崎皋平のおすすめランキングのアイテム一覧

花崎皋平のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (岩波現代文庫)』や『生きる場の哲学――共感からの出発 (岩波新書)』や『アイデンティティと共生の哲学 (平凡社ライブラリー)』など花崎皋平の全44作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

静かな大地―松浦武四郎とアイヌ民族 (岩波現代文庫)

35
3.88
花崎皋平 2008年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカに開国を迫られ、北方からはロシアの脅威が迫っていた幕末の時代。北方調査のために蝦夷、樺太を探検した松浦武四郎は、アイヌ民族に対する和人の圧政、虐待... もっと読む

生きる場の哲学――共感からの出発 (岩波新書)

35
3.25
花崎皋平 1981年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花崎さんもまだ迷いながら生を歩んでおられるのだろう。もうちょっとこなれたものを読みたかった。 もっと読む

ピープルの思想を紡ぐ

6
4.00
花崎皋平 2006年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

#バチェラー八重子 #短歌 セタコラチ イテキウコイキ イコレヤン ピリカウカツオマレ ウエニシテヤン #返歌 人として人を敬う気持ちあれ力合わせる時を思... もっと読む

対話 宗教への提言

5
4.00
田口ランディ 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田口ランディのいつか寄る辺なき聖地巡礼 もっと読む

学問に何ができるか (河合ブックレット)

4
3.00
花崎皋平 1987年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アカスキ用に。 生活に根付いた学問とは。 もっと読む
全44アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする