花房観音のおすすめランキング

プロフィール

兵庫県豊岡市生まれ。
京都女子大学文学部中退後、映画会社や旅行会社などの勤務を経て、2010年に『花祀り』で団鬼六賞を受賞しデビュー。男女のありようを描く筆力の高さには女性ファンも多い。
著書に『寂花の雫』『花祀り』『萌えいづる』『女坂』『楽園』『好色入道』『偽りの森』『花びらめぐり』『うかれ女島』『どうしてあんな女に私が』『紫の女』など多数。
現在も京都でバスガイドを務める。

「2020年 『京都に女王と呼ばれた作家がいた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花房観音のおすすめランキングのアイテム一覧

花房観音のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きみのために棘を生やすの』や『女の庭』や『偏愛小説集 あなたを奪うの。 (河出文庫 く)』など花房観音の全199作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きみのために棘を生やすの

328
3.55
窪美澄 2014年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“君”のために生やした男女それぞれの“棘”が、読み手の心にも刺さっていくアンソロジー集。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 窪美澄さん目当てで図... もっと読む

女の庭

268
3.04
花房観音 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある女性が「女は満足なセックスができれば、人生の70%は満たされる」と言ったことを思い出した。登場人物は五人五様、どこか満たされない性を抱えている。ここで... もっと読む

偏愛小説集 あなたを奪うの。 (河出文庫 く)

252
3.13
彩瀬まる 2017年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寂しさに打ちひしがれている女性達の物語。窪美澄・千早茜・彩瀬まる・花房観音・宮木あや子のアンソロジーは大好物。偏愛や略奪愛の表題には違和感。在るべきものが... もっと読む

花祀り (幻冬舎文庫)

168
2.90
花房観音 2013年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん・・・期待した感じではなかったなぁ~。 いかにもな官能小説って読んだことないからよくわからないけど、リアリティの無さが結構笑えるww 期待し... もっと読む

果てる 性愛小説アンソロジー (実業之日本社文庫)

133
3.03
桜木紫乃 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジェイ・ノベルに掲載された女性作家によるチョイエロ小説のアンソロジー。宮木あや子「天国の鬼」が読みたくて手に取ったのだが、まあ普通。田中兆子「髪に触れる指... もっと読む

女の庭 (幻冬舎文庫)

111
3.33
花房観音 2015年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エロ8割り。なかなか濃ゆいメンバーの同級生だこと。 孤独感と寂しさ劣等感など色々と満たされない女達。分からんでもないような。 私は翠が一番嫌いな女かな... もっと読む

京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男

105
3.38
花房観音 2020年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花房さんも書かれていたが、ちょうど私も思っていたところだった。 本屋さんに山村美紗の本がない、と。 サスペンスドラマの印象が強く、本は読んだ事がな... もっと読む

どうしてあんな女に私が (幻冬舎文庫)

93
3.20
花房観音 2018年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し読みにくいな。って感じる部分はあった。 ただ世の中の女性の大半が心の奥底で持っている"劣等感"だったり"嫉妬心"だったりを、オブラートに包まず、醜くス... もっと読む

指人形 (講談社文庫)

91
3.41
花房観音 2015年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

官能小説がこんなことになっているとは知らなかった! もちろん、たったの1冊を読んだだけで、判断できるものではないのだが、それにしてもこの短編集のイン... もっと読む

花びらめくり (新潮文庫)

91
3.43
花房観音 2016年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5つの短編官能小説。 それぞれが夏目漱石や芥川龍之介など昔の文豪が書いた小説を題材に書かれているとの事。 官能小説はあまり読みませんがもっとドギツイ表現が... もっと読む

黄泉醜女 ヨモツシコメ

72
2.92
花房観音 2015年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの事件をベースに書かれていると思います。 それほどあの事件は私たち女性に衝撃を与えたのですね。 どうしてもランク付けし、「自分はあの娘よりマシ」なのに…... もっと読む

寂花の雫 (実業之日本社文庫)

70
3.22
花房観音 2012年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 文章が上手いので更にエロ描写(情景)が引き立っている。女性作家の官能小説っていうだけで期待薄だったが、この小説はエロぃ(笑  もっと読む

恋地獄 (幽BOOKS)

67
3.22
花房観音 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラーかと思わせといて、ミステリでもありました。 官能小説ぽい描写もちらほら。 惚れた男に呪われた二人の女、その顛末は地獄に落ちるだけ。 この男が全然魅力... もっと読む

偽りの森

66
2.78
花房観音 2014年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都の老舗料亭の“お嬢さん”として育った四姉妹。 それぞれ同じ家に育ちながらも、お互いにコンプレックスを持ち、もどかしい思いをしている。 女性なら、ど... もっと読む

女坂 (講談社文庫)

63
2.94
花房観音 2013年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年、25冊目は、再読月明け、定番作家の一人、花房観音。その初期作品。 桜山女子学園大学、京都にある仏教系「伝統あるお嬢様学校」。四月、桜が満... もっと読む

偽りの森 (幻冬舎文庫)

62
2.85
花房観音 2016年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四姉妹それぞれの語りと男二人の語り 姉妹は四者四様だなと それぞれの思いとセックス 皆が住む家も重要でした そして、続きがあったらその先が知りたい... もっと読む

花祀り

61
2.93
花房観音 2011年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015/03/10 読了 図書館で借りた。借りるには勇気のいる一冊。 もっと読む

おんなの日本史修学旅行

60
3.62
花房観音 2013年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本史に出てくる歴史上の人物をお題にしつつ、バスガイド、京都・奈良、官能小説、アダルトビデオについて縦横に語り妄想するという、他に類を見ない異色のエッセイ... もっと読む

神さま、お願い

59
3.26
花房観音 2014年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「世にも奇妙な物語」感 これくらいドロドロなのが一番好き もっと読む

愛の宿

59
3.29
花房観音 2016年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020.07.02 ラブホテルを舞台にした小説を読みたかったので この本は自分が読みたいそれでした。 あるラブホテルで起こった女性の死亡事案。... もっと読む
全199アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×