花村萬月のおすすめランキング

プロフィール

1955年東京生まれ。89年、『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。その後、特異な感性で話題作を次々と発表。98年、『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞、2017年、『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『笑う山崎』『ブルース』『ワルツ』『弾正星』『ロック・オブ・モーゼス』等多数。

「2018年 『ニードルス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花村萬月のおすすめランキングのアイテム一覧

花村萬月のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ゲルマニウムの夜―王国記〈1〉』や『皆月 (講談社文庫)』や『ブルース (角川文庫)』など花村萬月の全376作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ゲルマニウムの夜―王国記〈1〉

580
3.52
花村萬月 2008年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花村萬月で芥川賞ときたら、鬱々としたバイオレンスというイメージだけど、そのとおり。本作は「ハードボイルド純文学」という感じ。 のっけから、暴力とリビ... もっと読む

皆月 (講談社文庫)

541
3.54
花村萬月 2000年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

性や暴力の描写が多い小説ですが、描いている世界やテーマはとても美しいと感じました。 エロやグロにより、返って小説自体の美しさが際だっているような気がします... もっと読む

ブルース (角川文庫)

479
3.69
花村萬月 1998年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んで損はなし。 もっと読む

ゲルマニウムの夜

444
3.48
花村萬月 1998年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とにかくえぐい。なんか触感とかニオイとかが伝わってくるような… キリスト教をテーマにしてるけど、肯定的というよりは否定的。生々しいので物凄く好き嫌いの分... もっと読む

笑う山崎 (ノン・ポシェット)

312
3.55
花村萬月 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ここ最近、花村満月ばかり立て続けに読んでしまった。『皆月』『二進法の犬』に続き、本作『笑う山崎』だ。この3作に共通するのは、全てアウトローが登場する。ヤ... もっと読む

ゴッド・ブレイス物語 (集英社文庫)

268
3.23
花村萬月 1993年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

騙され売られた京都のクラブで、否応なしに働くハメになったブルースバンドの面々を描いた花村萬月のデビュー作。第2回小説すばる新人賞受賞作。10年ほど前に読了... もっと読む

眠り猫 (新潮文庫)

261
3.28
花村萬月 2004年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タケが可愛い もっと読む

イグナシオ (角川文庫)

256
3.24
花村萬月 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暴力は嫌いだけど、暴力的なものは嫌いじゃない。セックスと暴力って結局人間の根本なのか、と思わされる。「疾走」同様、彼の不幸(と一言ではいえないが)はどこか... もっと読む

二進法の犬

221
3.99
花村萬月 2002年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

-108 もっと読む

ブエナ・ビスタ―王国記〈2〉 (文春文庫)

205
3.34
花村萬月 2002年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宗教を否定しながら哲学的に生きる2人の主人公。 極端に性や労働におぼれるように耽溺し、自分の思うままに暴力も受け入れる。 そんな姿が極端に人間的で逆に... もっと読む

ジャンゴ (角川文庫)

199
2.98
花村萬月 2000年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本の内容】 哀しく、それでいて熱い旋律。 沢村がつま弾く音に、麗子が目を付けた。 麗子は沢村が世話になっているヤクザ者・山城の溺愛する妹だ... もっと読む

♂♀(オスメス) (新潮文庫)

190
3.04
花村萬月 2004年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

官能小説。 セフレの沙奈、除き部屋の奈々と美和、妄想の中で犯した外資系美人OL真理子、ナンパで捕まえた処女だった律子。それぞれを相手にする小説家の情。 幼... もっと読む

渋谷ルシファー (集英社文庫)

187
3.28
花村萬月 1994年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めて20ページで「やだ、私これ読んだ事ある!」と思って本棚を大捜索。・・・あれ、どこにも無い。やっぱり勘違い? 1:主人公は男(おじさん)で独身。... もっと読む

鬱 (双葉文庫)

183
3.40
花村萬月 2000年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヘビーな作品です。著者にしてはバイオレンスは控えめなのに、やたらヘビー。こんな作家がいて良かったなあと思います。タイトルはあれな感じですが 笑 もっと読む

惜春 (講談社文庫)

175
3.53
花村萬月 2006年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花村萬月、やはり面白い。大人版、重松清だと思う。物語が大きく動かなくても、登場人物の心は大きく揺れ動く。小さな物語の中で、大きく揺れる人間の心情がこんなに... もっと読む

Heart Beat

163
3.22
芦原すなお 2008年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

藤谷治さんの「再会」。 演奏家を目指して音高や音大に進みながら挫折して違う道を歩んでいる人には、とても切ない痛みを抱えた共感を呼ぶ作品。 でも、足ツボ... もっと読む

ぢん・ぢん・ぢん

162
3.54
花村萬月 1998年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 新宿歌舞伎町でヒモ修行をはじめたイクオは、その夜のうちに童貞を捨てた…性の遍歴、魂の彷徨!吉川英治文学新人賞受賞の鬼... もっと読む

真夜中の犬 (光文社文庫)

161
3.44
花村萬月 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物語の中で、貢に対する幸子の恋と悲しみが描かれていますが、 映画の1シーンのように、情景が浮かんできました。 全体から見れば幸子の登場場面はわずかです... もっと読む

なで肩の狐 (新潮文庫)

145
3.41
花村萬月 2005年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つまらん もっと読む

弾正星

144
3.61
花村萬月 2014年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

譚セ豌ク荵?ァ?繧偵Δ繝?Ν縺ォ縺励◆謔ェ貍「蟆剰ェャ縺ィ縺?≧諢溘§縲ら・千ュ?〒縺ゅj蠑溷?縺ァ繧ゅ≠繧玖亊蜊?ヮ縺ョ隕也せ縺ァ縲∵收豌ク荵?ァ?縺ョ... もっと読む
全376アイテム中 1 - 20件を表示

花村萬月に関連する談話室の質問

ツイートする