若桑みどりのおすすめランキング

プロフィール

1935年生まれ。ジェンダー文化研究所長、千葉大学名誉教授。専攻はジェンダー美術史。著書に『戦争とジェンダー』(大月書店)、『お姫様とジェンダー』『象徴としての女性像』『戦争がつくる女性像』(すべて筑摩書房)など。

「2006年 『「ジェンダー」の危機を超える!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若桑みどりのおすすめランキングのアイテム一覧

若桑みどりのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クアトロ・ラガッツィ 上 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)』や『お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)』や『クアトロ・ラガッツィ 下 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)』など若桑みどりの全87作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クアトロ・ラガッツィ 上 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)

729
4.15
若桑みどり 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠い昔、学校の授業で習ったはずなのだがまったく記憶にないのは どういうことか。隠れキリシタンや天草四郎は覚えている。なのに、 天正遣欧少年使節につ... もっと読む

お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)

558
3.55
若桑みどり 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディズニーアニメを見て、感想から ジェンダーを考える お姫様へのあこがれ 自立をさまたげる社会通念 女子大生の感想には予想を超えるものがあった 童... もっと読む

クアトロ・ラガッツィ 下 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)

455
4.32
若桑みどり 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻は、日本出発から2年の月日を要しポルトガルに到着した彼らが、スペインをへてローマに至り、教皇グレゴリオ13世との謁見を果たすところから。 「キリスト... もっと読む

イメージを読む (ちくま学芸文庫)

381
3.83
若桑みどり 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書では、西欧を代表する芸術家たち(ミケランジェロ、ダヴィンチ、ボッティチェリやデューラーなど)の傑作について、描かれた時代の歴史や思想的背景、そして画家... もっと読む

絵画を読む イコノロジー入門 (NHKブックス)

273
3.74
若桑みどり 1993年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の絵画入門の「イメージを読む」を以前読んで、すごく面白かった記憶がある。最近、「怖い絵」を読んで、ちょっとイコノロジー的なものへの興味がでてきて、読ん... もっと読む

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国

213
4.04
若桑みどり 2003年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 おもしろい。なんでキリスト教が急に広まったのかやっとわかった。戦国時代のキリシタン大名や宣教師について詳しく述べているので読むのにとても時間がかかるけど... もっと読む

イメージの歴史 (ちくま学芸文庫)

180
3.65
若桑みどり 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここしばらく「男性性と女性性の結合」、「対立物の結合による全体性の回復」とか、ユング系のトピックを探究していたのだが、ちょっと気晴らしに若桑みどりさんの美... もっと読む

薔薇のイコノロジー

84
4.00
若桑みどり 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり専門的で難しいかったです。 もっと読む

フィレンツェ (講談社学術文庫)

67
4.20
若桑みどり 2012年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若桑みどりさんが、「フィレンツェ」を美術、建築を中心にガイドしてくれる。 ガイドといっても、場所に沿ったガイドではなくて、歴史にそったガイドなので、... もっと読む

フィレンツェ―世界の都市と物語 (文春文庫)

59
3.27
若桑みどり 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が若桑みどりさんなのでフィレンツェ史と言っても美術の話が多い。図版が付いているが、文庫サイズなので小さいうえにモノクロで、本当に参考程度にしかならない... もっと読む

戦争がつくる女性像―第二次世界大戦下の日本女性動員の視覚的プロパガンダ (ちくま学芸文庫)

49
3.73
若桑みどり 2000年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦時中の女性誌の挿絵や表紙を絵画史の中に位置づけようという意気込みは感じる。しかし女性の役割りについての結論は至って当然で、それの繰返しだから、壮大な遠回... もっと読む

戦争論妄想論

44
3.12
宮台真司 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『戦争論』への「批判」は、単なる「感情的非難」もしくは、高みから見下ろすような「権威主義的論断」に終始することが多かった。このような真摯な反省を基に、本著... もっと読む

戦争とジェンダー―戦争を起こす男性同盟と平和を創るジェンダー理論 (Somo‐somo sosyo)

32
3.82
若桑みどり 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジェンダーの本で、最初に買って読んだのがこれだった。H市の九条の会で若桑さんを呼んでお話を伺ったとき、会場で買ったのだった。そのとき、いわゆるバックラッシ... もっと読む

女性画家列伝 (1985年) (岩波新書)

30
3.20
若桑みどり 1985年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美術史の研究者であり、ジェンダー論の業績もある著者が、美術史の中から12人の女性芸術家を紹介している本です。取り上げられているのは、シュザンヌ・ヴァラドン... もっと読む

皇后の肖像―昭憲皇太后の表象と女性の国民化

24
3.29
若桑みどり 2001年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本近代化においての、皇后の表現から、日本の近代化、女性の「国民化」に対する論考。 読み応えがあり、大変興味深く読んだ。…しかし、私とフェミニズムの観点... もっと読む
全87アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする