若桑みどりのおすすめランキング

プロフィール

イタリア美術史

「2021年 『マニエーラ・イタリアーナ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若桑みどりのおすすめランキングのアイテム一覧

若桑みどりのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『クアトロ・ラガッツィ 上 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)』や『お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)』や『クアトロ・ラガッツィ 下 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)』など若桑みどりの全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

クアトロ・ラガッツィ 上 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)

914
4.15
若桑みどり 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楠木建『戦略読書日記』で知った一冊。 天正遣欧少年使節団の話と思いきや、彼らはなかなか登場せず、全575ページの中の519ページ目でようやく出航。それま... もっと読む

お姫様とジェンダー―アニメで学ぶ男と女のジェンダー学入門 (ちくま新書)

844
3.60
若桑みどり 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ディズニーアニメを見て、感想から ジェンダーを考える お姫様へのあこがれ 自立をさまたげる社会通念 女子大生の感想には予想を超えるものがあった 童... もっと読む

クアトロ・ラガッツィ 下 天正少年使節と世界帝国 (集英社文庫)

574
4.30
若桑みどり 2008年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

極東の端っこの日本から、16世紀・戦国時代にヨーロッパに少年が渡っていた。。。なんともロマンがある。世界史の中で日本は決してガラパゴスで閉じたものではなく... もっと読む

イメージを読む (ちくま学芸文庫)

516
3.83
若桑みどり 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終始ライトな語り口で、だけど押さえるべきところはきちんと押さえて、まさにベスト・オブ・美術史入門。作者の絵画への解釈はどれも興味深かったが、とくに《テンペ... もっと読む

イメージの歴史 (ちくま学芸文庫)

326
3.79
若桑みどり 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】  https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/738721 もっと読む

絵画を読む イコノロジー入門 (NHKブックス)

312
3.74
若桑みどり 1993年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の絵画入門の「イメージを読む」を以前読んで、すごく面白かった記憶がある。最近、「怖い絵」を読んで、ちょっとイコノロジー的なものへの興味がでてきて、読ん... もっと読む

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国

251
4.00
若桑みどり 2003年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 おもしろい。なんでキリスト教が急に広まったのかやっとわかった。戦国時代のキリシタン大名や宣教師について詳しく述べているので読むのにとても時間がかかるけど... もっと読む

イメージを読む―美術史入門 (ちくまプリマーブックス)

157
3.77

感想・レビュー

最高の美術史入門書。この講義を実際に受講した学生たちが羨ましい。画家が伝えようとしたことを理解するには、画家がそのイメージにこめた意味や思想を理解すること... もっと読む

象徴としての女性像―ジェンダー史から見た家父長制社会における女性表象

105
3.93

感想・レビュー

フェミニズムの観点から西洋美術史を読み直していく大作。古代地母神系の女神がギリシャ神話やキリスト教に飲み込まれて低い地位に落とされていく様子や、キリスト教... もっと読む

薔薇のイコノロジー

91
4.00
若桑みどり 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり専門的で難しいかったです。 もっと読む

フィレンツェ (講談社学術文庫)

83
4.20
若桑みどり 2012年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若桑みどりさんが、「フィレンツェ」を美術、建築を中心にガイドしてくれる。 ガイドといっても、場所に沿ったガイドではなくて、歴史にそったガイドなので、... もっと読む

戦争がつくる女性像―第二次世界大戦下の日本女性動員の視覚的プロパガンダ (ちくま学芸文庫)

71
3.81

感想・レビュー

戦時中の女性誌の挿絵や表紙を絵画史の中に位置づけようという意気込みは感じる。しかし女性の役割りについての結論は至って当然で、それの繰返しだから、壮大な遠回... もっと読む

サイン・シンボル事典

67
3.62

感想・レビュー

サイン・シンボル大図鑑と似たようなもので情報量は大図鑑のほうが多いかも。引用してある図が異なったりはするがだいたい内容同じ。 大学図書館にて。 701・... もっと読む

フィレンツェ―世界の都市と物語 (文春文庫)

65
3.27

感想・レビュー

著者が若桑みどりさんなのでフィレンツェ史と言っても美術の話が多い。図版が付いているが、文庫サイズなので小さいうえにモノクロで、本当に参考程度にしかならない... もっと読む

戦争論妄想論

55
3.12
宮台真司 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『戦争論』への「批判」は、単なる「感情的非難」もしくは、高みから見下ろすような「権威主義的論断」に終始することが多かった。このような真摯な反省を基に、本著... もっと読む

戦争とジェンダー―戦争を起こす男性同盟と平和を創るジェンダー理論 (Somo‐somo sosyo)

46
3.82
若桑みどり 2005年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジェンダーの本で、最初に買って読んだのがこれだった。H市の九条の会で若桑さんを呼んでお話を伺ったとき、会場で買ったのだった。そのとき、いわゆるバックラッシ... もっと読む

「ジェンダー」の危機を超える!: 徹底討論!バックラッシュ (青弓社ライブラリー)

41
4.00
若桑みどり 2006年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ジェンダー」概念と「ジェンダーフリー」は異なる文脈にある、と再確認。個人的には「ジェンダーフリー」という言葉は安易な語感に響いて、避けて通りたいなーとい... もっと読む

聖母像の到来

41
3.40
若桑みどり 2008年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キリスト教はフランシスコ・ザビエルが日本へ持ち込み、その後、禁教令を受けて潜伏キリシタンとなりました。この本では、キリスト教をどうやって布教しようとしたの... もっと読む

女性画家列伝 (1985年) (岩波新書)

37
3.33
若桑みどり 1985年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美術史の研究者であり、ジェンダー論の業績もある著者が、美術史の中から12人の女性芸術家を紹介している本です。取り上げられているのは、シュザンヌ・ヴァラドン... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×