若竹七海のおすすめランキング

プロフィール

東京都生まれ。立教大学文学部史学科卒。1991年、『ぼくのミステリな日常』でデビュー。2013年、「暗い越流」で第66回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。その他の著書に『心のなかの冷たい何か』『ヴィラ・マグノリアの殺人』『みんなのふこう 葉崎は今夜も眠れない』などがある。コージーミステリーの第一人者として、その作品は高く評価されている。上質な作品を創出する作家だけに、いままで作品は少ないが、受賞以降、もっと執筆を増やすと宣言。若竹作品の魅力にはまった読者の期待に応えられる実力派作家。今後ブレイクを期待出来るミステリ作家のひとり。

「2014年 『製造迷夢 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若竹七海のおすすめランキングのアイテム一覧

若竹七海のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)』や『静かな炎天 (文春文庫)』や『さよならの手口 (文春文庫)』など若竹七海の全146作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)

918
3.65
若竹七海 1996年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妹に薦められて。 いまいち腑に落ちない短編(絵描き歌のくだり)もあれど、その辺の腑に落ちなさを逆手に取ったラストに感心したし、怖くもある。 もっと読む

静かな炎天 (文春文庫)

908
3.71
若竹七海 2016年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女探偵兼ミステリ書店のバイトの葉村晶が巻き込まれるトラブル。やっぱりこのシリーズは好きだなあ。にーやにやしながら読んでいました。 もっと読む

さよならの手口 (文春文庫)

749
3.88
若竹七海 2014年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探偵を休業し、ミステリ専門店でバイト中の葉村晶は、古本引取りの際に白骨死体を発見して負傷。入院した病院で同室の元女優の芦原吹雪から、二十年前に家出した娘の... もっと読む

青に捧げる悪夢

702
3.34
恩田陸 2005年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想的な作風の話を集めたアンソロジー。かなり前に一度読んだ。その時も確か『恩田陸の"麦の海に沈む果実"を読もう』と思った記憶があります。 ・水晶の夜... もっと読む

依頼人は死んだ (文春文庫)

610
3.42
若竹七海 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

葉村晶。 色気はないのかもしれないけれど、人間らしさ、熱さ、ときにあたたかみを感じる。 9つの短編の裏にある人間模様は少々重い。 ただ、その... もっと読む

悪いうさぎ (文春文庫)

608
3.50
若竹七海 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この次から次へと起こるトラブルと不幸。これに皮肉と意地で対抗する探偵。 かの名探偵フィリップ・マーロウを思い出す。 楽しかった。 もっと読む

クール・キャンデー (祥伝社文庫)

539
3.39
若竹七海 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誕生日と夏休みのイブが、14年の人生で一番最悪な日になった渚。義姉は亡くなるし、親友は痴漢に遭うし、はたまた大好きな兄貴は義姉のストーカーだった男を殺した... もっと読む

青に捧げる悪夢 (角川文庫)

498
3.37
恩田陸 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編ミステリのアンソロジー。 タイトルの「青に捧げる悪夢」というのがいまいちピンとこない。所謂、イヤミスばかりではないからだ。 多くのアンソロジー... もっと読む

プレゼント (中公文庫)

484
3.38
若竹七海 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、御子柴くんのシリーズを2冊読んでおもしろかったので、ルーツというこの作品を読んでみた。 小林舜太郎警部補&部下の御子柴くんが探偵役のものと、葉村晶... もっと読む

競作五十円玉二十枚の謎 (創元推理文庫)

472
3.10
若竹七海 2000年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決まって土曜日の夕方に五十円玉を二十枚持って、両替を頼む謎の男性。 彼はなぜ毎週土曜日に両替のためだけに本屋にくるのか? 五十円玉がそんなにたくさん彼... もっと読む

御子柴くんの甘味と捜査 (中公文庫)

454
3.27
若竹七海 2014年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集でした。読み終わりに「流行りのスイーツ」ではなく、地元に密着した銘菓が食べたくなります。例えばひよことか、鳩サブレとか。作品中には出てきませんが笑 ... もっと読む

スクランブル (集英社文庫)

440
3.44
若竹七海 2000年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校時代を思い出しました。 分かりそうでわからない犯人にやきもきしながら、読みました。 ラストがこういう終わり方もあるんだなと考えさせられました。... もっと読む

古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)

398
3.38
若竹七海 2003年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去に一回読んでましたが、内容をすっかり忘れていたので、また買い直しました。ロマンス小説って読んだことがないけど、興味をそそられますね。 もっと読む

サンタクロースのせいにしよう (集英社文庫)

397
3.41
若竹七海 1999年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはちょっとコージーじゃない方の若竹さん作品ですね。でもその割には毒が少なめ(笑) 恋愛の痛手から立ち直るには引越しという手もあるらしい。決意した... もっと読む

ヴィラ・マグノリアの殺人 (光文社文庫)

355
3.29
若竹七海 2002年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なかなか難しい本だったかな! 結果見てんーって感じでなんだか不思議なかんじだった! もっと読む

心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)

264
3.28
若竹七海 2005年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいて、嫌な気分になる。 あぁ、桐野夏生サンのミロシリーズに似ているんだ。 やけに攻撃的で、自己顕示欲が半端なく強く、精神的余裕がない感じの女性が... もっと読む

(P[ん]1-17)猫とわたしの七日間 (ポプラ文庫ピュアフル)

248
3.40
秋山浩二 2013年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「猫」と「七日間」をテーマにしたミステリアンソロジー。なんとなく切なくなってしまうものも多いけれど、猫好きは必読です。 お気に入りは水生大海「まねき猫狂... もっと読む

バベル島 (光文社文庫)

247
3.29
若竹七海 2008年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。ホラーチックな、怖い話集。回来は、怖いというより、最後の最後で激しい怒りを覚えた。 もっと読む

暗い越流

242
3.49
若竹七海 2014年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.10.31 読了 ただのミステリーではない、プラスαのミステリー。若竹七海さんの作品を読むのは初めてだけど、かなりお腹いっぱいになった。 ... もっと読む

不条理な殺人

230
3.13
法月綸太郎 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・山口雅也/モルグ氏の素晴らしきクリスマス・イヴ モルグ氏にとってこの日は、付き合っている女性へのプロポーズを兼ねた、素晴らしいイヴになるはずだった。 ... もっと読む
全146アイテム中 1 - 20件を表示

若竹七海に関連する談話室の質問

ツイートする