荒木優太のおすすめランキング

プロフィール

1987年東京生まれ。在野研究者(専門は有島武郎)。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。2015年、第59回群像新人評論優秀賞を受賞。著書に『これからのエリック・ホッファーのために――在野研究者の生と心得』(東京書籍)ほか、『貧しい出版者』(フィルムアート社)、『仮説的偶然文学論』(月曜社)、『無責任の新体系』(晶文社)など。

「2019年 『在野研究ビギナーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木優太のおすすめランキングのアイテム一覧

荒木優太のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活』や『これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得』や『無責任の新体系 ──きみはウーティスと言わねばならない』など荒木優太の全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活

466
3.96
荒木優太 2019年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学などの研究機関に属さず、在野で研究をつづける各分野の研究者15人が、自らの研究生活について綴った文章を集めたもの。 私は、一般の「知的生活の技術... もっと読む

これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得

213
4.14
荒木優太 2016年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「『在野研究ビギナーズ』より『これエリ』の方がマニュアル的」と聞いて読んでみたが、実際その通りで、とても面白く為になった。 もっと読む

無責任の新体系 ──きみはウーティスと言わねばならない

71
3.25
荒木優太 2019年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Kindle版で読んだ。 この方の著書はずっと前に『小林多喜二と埴谷雄高』を読んだきりで、デリダともアガンベンとも違うような闊達さをもった才気ある書き方... もっと読む

これからのエリック・ホッファーのために 在野研究者の生と心得

38
3.80
荒木優太 電子書籍 2016年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Kindleのセールで見つけて面白そうだったので。 もっと読む

在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活

27
3.80
荒木優太 電子書籍 2019年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学や研究機関に属さずに研究している在野研究者14名のエピソード集。うち13名がいわゆる文系分野。お金も時間もない中、自分のモチベーションだけで研究を進め... もっと読む

仮説的偶然文学論 (哲学への扉)

19
4.00
荒木優太 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【書誌情報】 荒木優太=著 ジャンル :文芸・思想・批評 刊行年月:2018.05 B6判変型並製336頁 本体価格2,000円 ISBN:9... もっと読む

西尾維新の二人三脚――『きみとぼくの壊れた世界』試論――

13
荒木優太 電子書籍 2012年4月1日 パブーで見る パブー 無料
西尾維新の学園推理小説である『きみとぼくの壊れた世界』のドラマを動かしているのは、「脚」のイメージだ。テクストに頻出する... もっと読む

小林多喜二と埴谷雄高

6
4.00
荒木優太 2013年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小林多喜二は『蟹工船』『党生活者』、埴谷雄高は『死霊』『虚空』しか読んでいないし、さほど関心のある作家というわけでもないが、この評論はとても面白く読めた。... もっと読む

『或る女』の時間論

2
荒木優太 電子書籍 2011年5月1日 パブーで見る パブー 無料
有島武郎の『或る女』(大正八年六月)を、時間という鍵語の下で、テクスト細部に拘りながら読解した。 【『或る女』梗概... もっと読む

小林多喜二の代表論――『東倶知安行』から『蟹工船』へ――

1
荒木優太 電子書籍 2012年2月1日 パブーで見る パブー 無料
小林多喜二には第一回普通選挙の応援経験に材をとった『東倶知安行』という短編小説が存在している。ルポルタージュとも評される... もっと読む

国木田独歩全小説紹介

1
5.00
荒木優太 電子書籍 2013年5月1日 パブーで見る パブー 無料

感想・レビュー

国木田独歩は沢山の短編を書いていて、出版社によって収録されたりされていないものが多くて読み逃している話をチェックするのにこれはいい!簡単な粗筋もとても興味... もっと読む
国木田独歩の小説全編(73編)の書誌情報と一言梗概を以下載せる。独歩の随筆、翻訳、評論等は除外した。 もっと読む

九鬼周造年表

1
荒木優太 電子書籍 2013年7月1日 パブーで見る パブー 無料
九鬼周造年表。参照は、小浜善信『九鬼周造――漂泊の魂』(昭和堂、2006・4)。 もっと読む

ディテール・プロバビリティ・モンタージュ――寺田寅彦の偶然論諸相――

1
荒木優太 電子書籍 2013年12月1日 パブーで見る パブー 無料
寺田寅彦の随筆がとりあげる話題は文系から理系まで多岐に渡る。本稿は、豊かではあるがややもすると雑駁な印象を与える寺田の文... もっと読む

不幸な而して同時に幸福な――有島武郎『小さき者へ』と三木清「幼き者の為に」――

1
荒木優太 電子書籍 2016年4月30日 パブーで見る パブー 無料
三木清が書いた亡き妻への追悼文「幼き者の為に」は、大正七(1918)年に『新潮』で発表された有島武郎の短篇『小さき者へ』... もっと読む

貧困混成――葉山嘉樹『移動する村落』試論――

荒木優太 電子書籍 2012年3月1日 パブーで見る パブー 無料
貧困とは〈無いこと〉ではない、〈有りすぎること〉だ。プロレタリア作家、葉山嘉樹の新聞連載長編小説『移動する村落』。そこで... もっと読む

国木田独歩、偶然性の場所――『鎌倉夫人』における遭遇の構造について――

荒木優太 電子書籍 2012年1月1日 パブーで見る パブー 無料
自然、小民、驚異、死、運命、シンセリティなど、明治短編小説の名手にして後の近代文学に大きな影響を与えた作家国木田独歩には... もっと読む
全58アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする