荒木陽子のおすすめランキング

プロフィール

1947年5月17日東京・千住生まれ。都立白鴎高校卒業後、電通に就職し、総務局文書和文タイプ室に勤務。入社2年目の冬、当時電通のカメラマンであった荒木経惟に出会う。1971年7月7日青学会館のチャペルで結婚式をあげる。1990年1月27日、子宮肉種のため死去。享年42歳。著書は本書のほか、荒木経惟との共著で『10年目のセンチメンタルな旅』(筑摩書房)『東京は、秋』(月曜社)、『愛情旅行』(マガジンハウス、『東京日和』(ポプラ文庫)がある。

「2017年 『愛情生活』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木陽子のおすすめランキングのアイテム一覧

荒木陽子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『愛情生活』や『東京日和』や『東京日和 (ポプラ文庫)』など荒木陽子の全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

愛情生活

399
3.87
荒木陽子 1997年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大切にとっておいている本のひとつです。 文章にものすごくパワーと勢いがあって、生命力にあふれてます。 夫婦が深く愛し合って暮らしながら、好きなお酒を飲... もっと読む

東京日和

202
3.68
荒木陽子 1993年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなに愛せる女性に出会えた荒木は幸せだ、と立花隆の読書日記で読んで以来、読みたくて読みたくて仕方なかった一冊。 手書きの文章が、字がへたくそで読みにく... もっと読む

東京日和 (ポプラ文庫)

128
4.14
荒木陽子 2010年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人とたくさん出会い、自分とは何かを探す、また自分を知るというのはおこがましいなあと思う。今はそう思うけどいつかこの考えも変わる。なにが正解なわけでもないか... もっと読む

東京は、秋

50
4.04
荒木経惟 1992年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫が撮った東京の街頭写真を前に、夫婦(荒木経惟と荒木陽子)で語り合う本です。この夫婦の会話が絶品ですね。 もっと読む

愛情生活 (角川文庫)

48
4.20
荒木陽子 2017年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ーーー妻ではなく彼の女でいたいーーー 今は亡き荒木陽子さんのエッセイ集。 アラーキーとの結婚式から日々、旅の過程を真っ直ぐな目で描いている。 文... もっと読む

愛情旅行

31
3.65
荒木経惟 1996年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫・荒木経惟、妻・荒木陽子、いつも一緒に旅行をしたそうです。そして、どこにでもカメラを持って撮影する経惟氏。「相思相愛」のひとつの形が、夫の写真、妻のエッ... もっと読む

10年目のセンチメンタルな旅

29
4.13
荒木経惟 1992年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陽子さんの文才の素晴らしさがこの本の主役。 写真って、言葉で表される感受性に大きく左右されるものなんだなあ。 荒木さんが撮った写真の数々が、陽子さんとの... もっと読む

荒木陽子全愛情集

16
4.75
荒木陽子 2017年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愛があふれる記録。 もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする