荻原浩のおすすめランキング

プロフィール

1956年、埼玉県生まれ。97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞を受賞。16年、『海の見える理髪店』で直木賞を受賞。他に『神様からひと言』『僕たちの戦争』『さよならバースディ』『あの日にドライブ』『押入れのちよ』『四度目の氷河期』『愛しの座敷わらし』『金魚姫』など。

「2019年 『ストロベリーライフ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻原浩のおすすめランキングのアイテム一覧

荻原浩のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『神様からひと言 (光文社文庫)』や『噂 (新潮文庫)』や『コールドゲーム (新潮文庫)』など荻原浩の全251作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

神様からひと言 (光文社文庫)

5985
3.64
荻原浩 2005年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめての荻原さんの作品でしたが、すごく面白かった。篠崎さんが良い味を出してますね。 もっと読む

噂 (新潮文庫)

5924
3.65
荻原浩 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クチコミを利用した戦略で売り出した商品。 そのネガティブなクチコミが本当になるという話。 クチコミが商品の売上や企業の存続を左右する時代だからこそ... もっと読む

コールドゲーム (新潮文庫)

3340
3.40
荻原浩 2005年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学時代、クラスのほぼ全員からイジメを受けていた被害者が、イジメられた方法と同じような方法で、クラスメンバーに復讐を始めた。 元クラスメイトが1人、また... もっと読む

明日の記憶 (光文社文庫)

3068
3.95
荻原浩 2007年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分も母親を若年性アルツハイマーで亡くしている。 本書を読み進める中で、病が進む過程での、母親の当時の心情変化が思い起こされた。と同時に自分もその年齢に近... もっと読む

【第155回 直木賞受賞作】海の見える理髪店

2891
3.42
荻原浩 2016年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2年近く市民図書館の本棚を見つめていたはずなのに、なんと再読だった。 自分の忘却力?に慄いた。 いやしかし、表題作だけは読んだ記憶があった(短編集のため... もっと読む

最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

2805
3.24
朝井リョウ 2012年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男性作家7人の競作アンソロジー。 忘れられない恋の話。 「最後の恋」というテーマにぴったりとは限らないけれど~ いろいろな味を楽しめるという点ではお... もっと読む

押入れのちよ (新潮文庫)

2630
3.55
荻原浩 2008年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三省堂の本の福袋で手に取った作品。ホラーは普段まったく読まず、表紙からして怖かったので年末まで寝かせてしまった。9作の短編が収録されている。読んでみると表... もっと読む

メリーゴーランド (新潮文庫)

2336
3.42
荻原浩 2006年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎年巨額の赤字を生み続ける、閑古鳥の鳴く寂れたテーマパーク。 市役所勤務9年目になる啓は、そのテーマパークの再建をする部署に出向することとなった。 天... もっと読む

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

2239
3.40
荻原浩 2001年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そこは奥羽山脈の一角、大牛郡・牛穴村。 人口わずか三百人という超過疎化にあえいでいる村の青年たち (平均年齢少々高め。笑)は、起死回生を賭けて立ち上が... もっと読む

ハードボイルド・エッグ (双葉文庫)

2215
3.40

感想・レビュー

軽妙でくだらなくて、主人公はかっこいいとこが一つもないのに、それでもタフで優しいハードボイルドそのもの。 特に最後の文章は最高 気が滅入るときに読... もっと読む

誘拐ラプソディー (双葉文庫)

2140
3.58
荻原浩 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素直な伝助、間の抜けた誘拐犯。漫画のような逃亡劇だが、心踊るハラハラ感が好きだ。 爽やかなハッピーエンドだけど、お務めが終わったら、おじさんは生きてられる... もっと読む

海の見える理髪店 (集英社文庫)

1733
3.48
荻原浩 2019年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2005年に「神様からひと言」を読んだ時に、直木賞候補作家として周りに公言していた。まさか、それから10数年かかるとは思わなかった。まあ、考えるとそういう... もっと読む

僕たちの戦争 (双葉文庫)

1619
3.82

感想・レビュー

いわゆるタイムスリップ物だけど、予想に以上に良かった!これまで読んだタイムスリップ物の中でも、トップクラスの満足度。 現在から過去へタイムスリップし... もっと読む

あの日にドライブ (光文社文庫)

1545
3.29
荻原浩 2009年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫の友人からお借りしました。 銀行員として順調に出世していたはずが、小さな失敗から会社を退職し、現在はタクシードライバーとして働いている中年男性の... もっと読む

なかよし小鳩組 (集英社文庫)

1529
3.57
荻原浩 2003年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あらすじ 倒産寸前の零細代理店・ユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。ところが、その中身はヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略、というとんでもない代物。担当... もっと読む

さよならバースディ (集英社文庫)

1478
3.56
荻原浩 2008年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1/3あたりからの読み進める速度の加速感。久々に楽しめました。なんともいえない内容ですが……。 もっと読む

明日の記憶

1459
3.77
荻原浩 2004年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

50歳になる広告代理店勤務の男性が、若年性アルツハイマーと診断される。 徐々に失われていく記憶、職場での不安、自分が自分でなくなっていく恐怖。 その時... もっと読む

オイアウエ漂流記 (新潮文庫)

1265
3.52
荻原浩 2012年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさかの飛行機が墜落。無人島漂流。 非常で最低最悪な事態が起きた。 なのに笑っちゃう、どこか呑気ででも生き抜こうと必死な10人と1匹。 た... もっと読む

愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)

1256
3.66
荻原浩 2011年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

都市から田舎へ引っ越してきた家族。 しかしその家には既に住人がいた…? 「押入れのちよ」で可愛いちびっこ妖怪を描いた荻原さんの作品なので、全然怖くはない... もっと読む

砂の王国(上) (講談社文庫)

1246
3.70
荻原浩 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ささいなきっかけから全財産が3円になるまで転落してしまった男。彼は二人の男の出会いから新興宗教結成という計画を思いつく。  主人公の転落の様子、ホ... もっと読む
全251アイテム中 1 - 20件を表示

荻原浩に関連する談話室の質問

ツイートする
×