菅原健介のおすすめランキング

菅原健介のおすすめランキングのアイテム一覧

菅原健介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『羞恥心はどこへ消えた? (光文社新書)』や『装いの心理学: 整え飾るこころと行動』や『人はなぜ恥ずかしがるのか―羞恥と自己イメージの社会心理学 (セレクション社会心理学)』など菅原健介の全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

羞恥心はどこへ消えた? (光文社新書)

123
3.18
菅原健介 2005年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「恥ずかしい」という気持ちがどこから生じるのか、自分と周りの人との人間関係に注目し、分析した本。 筆者によると「ほどほどに関係が重要な相手」「中間的な親... もっと読む

装いの心理学: 整え飾るこころと行動

49
4.33
鈴木公啓 2020年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装いとは何かに迫った良書。 人類が貝殻の装飾品を身に着けたのは7万5000年前、楽器や壁画よりも歴史が古い。人間がヒトたらしめるのは二足歩行や言葉だけでな... もっと読む

ひとの目に映る自己―「印象管理」の心理学入門

24
3.14
菅原健介 2003年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カテゴリ:教員著作物 人間関係学科:菅原健介教授の著作物 もっと読む

対人社会心理学重要研究集〈6〉人間関係の中の自己

10
3.00

感想・レビュー

カテゴリ:教員著作物 人間関係学科:菅原健介教授の著作物 もっと読む

羞恥心はどこへ消えた? (光文社新書)

3
4.00
菅原健介 電子書籍 2005年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現在の若者が羞恥心をなくした理由を分析した一冊。 いわゆる「今どきの若者論」ありきという感じで、特に興味を惹かれる内容はなく。 もっと読む

羊たちの反乱―現代青少年の心のゆくえ (Fukutake Books)

2
3.00

感想・レビュー

カテゴリ:教員著作物 人間関係学科:菅原健介教授の著作物 もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
ツイートする
×