菊池光のおすすめランキング

菊池光のおすすめランキングのアイテム一覧

菊池光のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『羊たちの沈黙 (新潮文庫)』や『鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫 NV ヒ 1-19)』や『深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 18-1)』など菊池光の全372作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

羊たちの沈黙 (新潮文庫)

2678
3.83
トマス・ハリス 1989年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわずと知れた名作。 もっと読む

鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫 NV ヒ 1-19)

1128
4.05

感想・レビュー

“たとえどのようにいわれようと、彼は、勇気のある立派な軍人であった“ もちろんかの悪名高きナチス・ドイツにもいたのです 誇り高く、勇気があり、友情に厚く... もっと読む

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 18-1)

1122
3.74

感想・レビュー

冒険小説の古典的名作。かつての工作員で現在はフリーランスで活動するルイス・ケインとアルコール依存症のガンマン、ハーヴェイ・ロヴェルがコンビを組んで無実なが... もっと読む

初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-6 スペンサー・シリーズ)

830
4.05

感想・レビュー

「自分でコントロールできない事をくよくよ考えるな」 いい言葉です。 もっと読む

興奮 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-1 競馬シリーズ)

382
3.76

感想・レビュー

大穴が続出する障害レース。 興奮剤投与の疑いが! はたしてその方法とは?! ディック・フランシスの『競馬シリーズ』初読みですヽ(´▽`)ノ ーーーーー... もっと読む

大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-2 競馬シリーズ)

366
3.82

感想・レビュー

さぁディック・フランシスだ! 大好きな作家さんでハヤカワ文庫版で全巻持ってたんですよね 本当はブックリストを作りたかったんですが うろ覚えの状態で3冊... もっと読む

シブミ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

340
3.84
トレヴェニアン 2011年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか見た映画「アイガー・サンクション」がめっぽう面白かった。その原作者がトレヴェニアン。 「シブミ」とはもちろん日本語の渋みです。ですが、言葉でどのよ... もっと読む

利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-18 競馬シリーズ)

289
3.88

感想・レビュー

40年くらい前の作品ですよ すごっ ぜんぜん今読んでも面白いんだけど やっぱりノスタルジックな想いが少し乗っかっている気もします 冷静に考えるとやっぱり... もっと読む

シブミ 下 (ハヤカワ文庫 NV ト 3-6)

270
3.85
トレヴェニアン 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シブミを体得したヘルは、西欧文化に毒されてしまった日本に見切りをつけ、バスク地方に隠居中(なんでバスク?)。 その中にミュンヘン・ファイブの生き残りのハ... もっと読む

ゴッドウルフの行方 (ハヤカワ・ミステリ文庫 110-2 スペンサー・シリーズ)

253
3.42

感想・レビュー

偉大なるマンネリに繋がっていくスペンサーシリーズの第一作。スペンサーは後の彼とは少し違う。後のスペンサーのイメージができているからそう感じるのだろうか。と... もっと読む

約束の地 (ハヤカワ・ミステリ文庫 110-3 スペンサー・シリーズ)

247
3.60

感想・レビュー

シリーズ的には4作目。実質的な相棒ホークの初登場会の。クワーク、ベルソン、ヒーリィ、スーザン、ヘンリィ・シモリ、スーザンとシリーズの核となる登場人物は概ね... もっと読む

失投 (ハヤカワ・ミステリ文庫 110-1)

243
3.58

感想・レビュー

私立探偵<スペンサー・シリーズ>初読み。シリーズ三作目にあたる作品だが、今作が初邦訳。ハードボイルド御三家の作品は数冊読んだが、所謂<ネオ・ハードボイルド... もっと読む

晩秋―スペンサー・シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

220
3.84

感想・レビュー

1○おれの名はスペンサー。フェンス作りの名人だ ・Spenser's my name, Fences are my game. 2○やあ,オジイ。ハリエッ... もっと読む

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)

205
3.66

感想・レビュー

会社の方が昔嵌った本とのことで、アマゾンでポチっと購入。 読み始め数ページでガッツリ捕まれる。 いきなり事件発生。そしてその後最後までずっとクライマック... もっと読む

レイチェル・ウォレスを捜せ (ハヤカワ・ミステリ文庫 110-5 スペンサー・シリーズ)

200
3.76

感想・レビュー

女性解放論者でレズビアンの活動家が、何者かに脅迫された。 護衛を引き受けたスペンサーだが、彼女にクビにされてしまう。 スペンサーシリーズ第6弾。 ... もっと読む

鷲は飛び立った (ハヤカワ文庫 NV ヒ 1-20)

183
3.51

感想・レビュー

超名作「鷲は舞い降りた」の続編。 出版は15年後だが、物語は数日後から始まる。 1975年のロンドン、ジャック・ヒギンズ宅に一人の女性が訪ねてくる。 チ... もっと読む

誘拐 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-7 スペンサー・シリーズ)

167
3.34

感想・レビュー

家出から1週間、行方知れずの息子を探してほしい。 依頼を受けたスペンサーが捜査をする、ハードボイルド小説。 私立探偵スペンサーシリーズ第2弾。 ... もっと読む

ユダの山羊 (ハヤカワ・ミステリ文庫 110-4 スペンサー・シリーズ)

155
3.51

感想・レビュー

スペンサーシリーズ5作目はなんとスペンサーとホークのヨーロッパ冒険旅。こんな話があった事も忘れていた。お金のある昭和のテレビシリーズには、よく必然性があま... もっと読む

プ-ドル・スプリングス物語 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ハ 1-19)

155
3.47

感想・レビュー

チャンドラーが書いたフィリップ・マーロウシリーズは『プレイバック』が最終巻であるが、その後もチャンドラーは創作意欲を示していたようで、本書は第4章まで書か... もっと読む

度胸 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-5 競馬シリーズ)

146
3.84

感想・レビュー

初期の作品で一番好きな作品です。 音楽一家の中でただ一人音楽の才能がなく、競馬騎手になった主人公。 原因のわからない不調に苦しみ、マスコミにも度胸をな... もっと読む
全372アイテム中 1 - 20件を表示

菊池光に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×