菊池光のおすすめランキング

菊池光のおすすめランキングのアイテム一覧

菊池光のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『羊たちの沈黙 (新潮文庫)』や『深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))』や『鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)』など菊池光の全348作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

羊たちの沈黙 (新潮文庫)

2250
3.82

感想・レビュー

何度目かの再読。 名作中の名作。 結果が分かっていても読むたびに手に汗握る。 細かなディテールは完全に忘れていた。 あるキャラクターに関し... もっと読む

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))

1005
3.74

感想・レビュー

良質なハードボイルドミステリー。矛盾した言い方だが大人向け少年漫画を読んでいるようだ。設定と登場人物が際立っている。元MI6のカントンことケイン、アルコー... もっと読む

鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)

842
4.07

感想・レビュー

2019/11/2読了。 若いころに読んだものを久し振りに再読。 「どぶの中で時折、靴にくっつくものだ」「暑い日にはとくに不快なものだ」 いずれ誰か... もっと読む

初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)

693
4.06

感想・レビュー

「自分でコントロールできない事をくよくよ考えるな」 いい言葉です。 もっと読む

興奮 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-1))

297
3.77

感想・レビュー

ディック・フランシス、 本屋さんのミステリのコーナーにも ズラズラと二文字シリーズの題名で 沢山並んでいるから、もちろん存じ上げてはいたけれど、 ... もっと読む

大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2))

295
3.80

感想・レビュー

読んだことはなかったが、二文字の競馬ミステリの背文字は本屋さんでもお馴染みだった。本好き仲間が言うことには「へぇぇ、あれを一度も読んでないの? 一冊も?」... もっと読む

シブミ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

285
3.85
トレヴェニアン 2011年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか見た映画「アイガー・サンクション」がめっぽう面白かった。その原作者がトレヴェニアン。 「シブミ」とはもちろん日本語の渋みです。ですが、言葉でどのよ... もっと読む

利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12‐18))

233
3.87

感想・レビュー

片手の元騎手探偵シッド・ハレー。 大規模な不正行為や巧妙な詐欺事件を調査する彼を待ち構えるは恐るべき脅迫だった。 いや、もうラストかっこよすぎ! ... もっと読む

シブミ〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

225
3.86
トレヴェニアン 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シブミを体得したヘルは、西欧文化に毒されてしまった日本に見切りをつけ、バスク地方に隠居中(なんでバスク?)。 その中にミュンヘン・ファイブの生き残りのハ... もっと読む

ゴッドウルフの行方 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)

218
3.39

感想・レビュー

スペンサー一作目、ポケミスで読んだ再読したんだろう。たぶん。 もっと読む

失投 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 110‐1))

193
3.59

感想・レビュー

再読。スペンサーが若い。コーヒー、ドーナツ、マフィンといった食事の描写も好き。ずいぶん前になりますが初見のときこのシリーズで「エッグベネディクト」の存在を... もっと読む

約束の地 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 110‐3))

192
3.60

感想・レビュー

このへんのスペンサーはノッていて、この作品も面白かったハズ。 もっと読む

本命 (ハヤカワ・ミステリ文庫 12-4 競馬シリーズ)

172
3.64

感想・レビュー

友人が落馬事故で命を落とした。 アマチュア騎手のアランはその死に不審なところがあるころを見つけ真相を解明しようとする。 ラストのレースシーンが秀逸... もっと読む

レイチェル・ウォレスを捜せ (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)

168
3.75

感想・レビュー

女性解放論者でレズビアンの活動家が、何者かに脅迫された。 護衛を引き受けたスペンサーだが、彼女にクビにされてしまう。 スペンサーシリーズ第6弾。 ... もっと読む

晩秋―スペンサー・シリーズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

164
3.82

感想・レビュー

1○おれの名はスペンサー。フェンス作りの名人だ ・Spenser's my name, Fences are my game. 2○やあ,オジイ。ハリエッ... もっと読む

誘拐 (ハヤカワミテリ文庫―スペンサー・シリーズ)

143
3.29

感想・レビュー

家出から1週間、行方知れずの息子を探してほしい。 依頼を受けたスペンサーが捜査をする、ハードボイルド小説。 私立探偵スペンサーシリーズ第2弾。 ... もっと読む

ユダの山羊 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)

132
3.53

感想・レビュー

スペンサーが本棚にいたので読んでみた。調べてみたら1978年刊行の5作目だった。 ストーリーは単純で分かりやすいが、なんと言っても会話の応酬が気が効いて... もっと読む

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ハヤカワ文庫NV)

131
3.89

感想・レビュー

 英国情報機関〈サーカス〉にもぐら(=スパイ)がいる。主人公たるスマイリーは、膨大な資料と証言をもとに、スパイをあぶりだしていく…という物語です。  単... もっと読む

鷲は飛び立った (ハヤカワ文庫NV)

124
3.46

感想・レビュー

デヴリン無双。これに尽きる。かつモテる。前作のリプレイ感半端ないけども、スピード感あって、かつ安心感もあって、前作ファンとしてはとても楽しめた。 もっと読む

度胸 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-5 競馬シリーズ)

123
3.83

感想・レビュー

下積みの障害飛越騎手フィン。 ふとしたきっかけで有力馬の鞍を与えられ頭角を現すが、彼を待っていたのは嫉妬と怨嗟に凝り固まった男の陰謀だった。 しかしフ... もっと読む
全348アイテム中 1 - 20件を表示

菊池光に関連する談話室の質問

ツイートする