菊池日出夫のおすすめランキング

プロフィール

菊池日出夫 1949年長野県生まれ。埼玉県小川町に住み、自然に親しみながら絵本の創作活動をしている。絵本に「こどものとも」の「のらっこの絵本」シリーズ、『はと』(「こどものとも012」2011年9月号)、『たからもん』(「こどものとも年中向き」2012年11月号)、『みんなでしいたけづくり』(「かがくのとも」2013年10月号)、『江戸っ子さんきちと子トキ』『むかし日本狼がいた』(以上、福音館書店)、『やまばと』(のらっこ社)、『こだぬきのおんがえし』(岩波書店)、『ピースケのぼうけん』(ビリケン出版)などがある。

「2018年 『たぬきのおやき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池日出夫のおすすめランキングのアイテム一覧

菊池日出夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『さんねんごい (こどものとも傑作集―のらっこの絵本)』や『むかし 日本狼がいた (日本傑作絵本シリーズ)』や『はるまつり (こどものとも傑作集―のらっこの絵本)』など菊池日出夫の全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

さんねんごい (こどものとも傑作集―のらっこの絵本)

55
3.62
菊池日出夫 1991年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

菊池日出夫でいうとこれが有名なようなのだけれど(検索によく出てくる)、ずらずら言ってるヒデのセリフが少なくて私には残念でした。俯瞰している風景とかはかっこ... もっと読む

むかし 日本狼がいた (日本傑作絵本シリーズ)

32
3.22
菊池日出夫 2016年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔、日本にも 「大神」として 崇められた ニホンオオカミが いたが、残念ながら 我々人間のせいで 絶滅しつしてしまった…これから先 絶滅していく 動植物を... もっと読む

ゆきがっせん (こどものとも傑作集―のらっこの絵本)

24
3.20
菊池日出夫 1991年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「さんねんごい」に登場する子供たちが出てきます。 子供の世界にある人間関係がよく描けています。 最後はなかよく同じおしるこを食べるところも又いいです。... もっと読む

こどものとも 2016年 02 月号 [雑誌]

24
3.40
菊池日出夫 雑誌 2015年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「もりのなかから」福知 伸夫さく もっと読む

江戸っ子さんきちと子トキ (ランドセルブックス)

21
4.00
菊池日出夫 2014年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代の頃は 町の近くでも 野生のときが 見られたのだろうね… もっと読む

いねかりやすみ (こどものとも傑作集―のらっこの絵本)

15
3.40
菊池日出夫 1991年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

菊池日出夫は面白い。読み聞かせをしてると爆笑してしまう。最高。 もっと読む

みんなでうどんづくり 月刊かがくのとも 2009/11

15
3.50

感想・レビュー

小麦植えから始まるうどんづくり。 さぞかし美味しいだろうな~ もっと読む

こどものとも 0 1 2 2009年2月 はっけよい

14
4.00

感想・レビュー

出版社からの内容紹介 アリくんとテントウムシくんが出会いました。「おすもうとろうか」「うんいいよ」のこった、のこった。力持ちのアリくんがテントウムシくんを... もっと読む

ヤマセミのうた (絵本・ちいさななかまたち)

6
4.50
菊池日出夫 1994年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

デリカシーのない男の子の言動に過去の自分が写りますが、こんな幼馴染の女の子はいなかったなぁと思います。大人向けのところはありますが、想像のヒントとなる描写... もっと読む

かぶともり

5
5.00
菊池日出夫 1990年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

みんなでくさとり 月刊かがくのとも 341号

1
5.00
菊池日出夫 雑誌 1997年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地味だが面白い。世代が変わっていたらしいが、それが妻には感動的な発見とのこと。 もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする