萩原朔太郎のおすすめランキング

プロフィール

萩原朔太郎
1886(明治19)年11月1日群馬県前橋市生まれ。父は開業医。旧制前橋中学時代より短歌で活躍。旧制第五、第六高等学校いずれも中退。上京し慶応大学予科に入学するが半年で退学。マンドリン、ギターを愛好し音楽家を志ざす。挫折し前橋に帰郷した1913年、北原白秋主宰の詩歌誌『朱欒』で詩壇デビュー。同誌の新進詩人・室生犀星と生涯にわたる親交を結ぶ。山村暮鳥を加え人魚詩社を結成、機関誌『卓上噴水』を発行。1916年、犀星と詩誌『感情』を創刊。1917年第1詩集『月に吠える』を刊行し、詩壇における地位を確立する。1925年上京し、東京に定住。詩作のみならずアフォリズム、詩論、古典詩歌論、エッセイ、文明評論、小説など多方面で活躍し、詩人批評家の先駆者となった。1942年5月11日没。

「2022年 『詩人はすべて宿命である』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

萩原朔太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)』や『猫町 他十七篇 (岩波文庫)』や『ひきこもり図書館 部屋から出られない人のための12の物語』など萩原朔太郎の全722作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)

1095
3.97
萩原朔太郎 1981年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

純情と陰惨 いじらしくて、人間、という感じがする。上手く生きられずに吠える。悲しい、人間。 北原白秋の序文があまりにも親密でもっと掘り下げたくなってしま... もっと読む

猫町 他十七篇 (岩波文庫)

837
3.82
萩原朔太郎 1995年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。小説らしい小説は「猫町」と「ウォーソン夫人の黒猫」のみで、あとは数ページのエッセイのようなものだったり、散文詩のようだったり、ショートショートのよう... もっと読む

ひきこもり図書館 部屋から出られない人のための12の物語

579
3.58
萩尾望都 2021年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13年間のひきこもり経験のある著者の選ぶ「部屋から出られない人のための」アンソロジー。私はひきこもるタイプではないけど、今までにない視点で物語を読むことが... もっと読む

〆切本2

565
3.40
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

萩原朔太郎詩集 (新潮文庫)

516
3.83
萩原朔太郎 1950年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お気に入りは『猫』、『遺伝』、『自然の背後に隠れて居る』、『虚無の鴉』、『寂寥の川辺』です。 特に好きなものが『猫』。初めて読んだ時の衝撃が未だに忘れられ... もっと読む

猫町

514
3.75

感想・レビュー

詩人・萩原朔太郎、唯一の小説 猫、猫、猫。どこを見ても猫ばかりの不可思議な町が登場する。それは、深い眠りのように寂しく、けれど、心地のよい暗さだ。詩人ら... もっと読む

きのこ文学名作選

394
3.98
飯沢耕太郎 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひとりキノコ祭り。きのこ本採集中…に大物に出くわしてしまいました!装丁がハンパないほど物すごいことになっています。事件です。購入したいのですが、なかなか入... もっと読む

猫町 (立東舎 乙女の本棚)

350
3.33
萩原朔太郎 2016年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「世界の中心で愛を叫ぶ」の主人公・朔太郎は、この萩原朔太郎から名付けられたらしい、と言う話をつい先日きいたけど、全然ぴんとこなかった。ということで初読み。... もっと読む

月に吠える―萩原朔太郎詩集 (角川文庫)

337
3.63

感想・レビュー

月の初めに生まれ「朔」の字を名前に持つ朔太郎、荒削りの詩を通して彼の描く月は、単なる抒情にとどまらず、「死にゆくが故に生きている」肉体とは対極にある、静か... もっと読む

お金本

298
3.29
夏目漱石 2019年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文筆家の貧乏エピソード集 「俺なんか1週間キャットフード食って生きてたんだぞ」 ●つげ義春『散歩の日々』(マンガ) いつも300円しかもってないパパ... もっと読む

青猫 萩原朔太郎詩集 (集英社文庫 は 15-1)

290
3.64
萩原朔太郎 1993年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「遠い遠い実在への涙ぐましいあこがれ」って朔太郎は言う。けど、彼の言葉で紡がれ広がる色と音楽と郷愁の原風景には、闇に飲まれない、揺るがない気品がある。 ... もっと読む

みじかい眠りにつく前に 3 (ピュアフル文庫 ん 1-13)

190
3.41
有島武郎 2009年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このシリーズはいつも選が良く楽しめる。明け方に読むといっても、すっきり爽やかな話ではなく、今までのより、けだるさがない位のやっぱり心に残る話が多い。どれも... もっと読む

月に吠える (愛蔵版詩集シリーズ)

186
3.83
萩原朔太郎 1999年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北原白秋の序文がいい。 室生犀星が朔太郎のこと、兄と呼んでいる。親しさがわかる。 当時の発禁処分(…を受けた詩があった。この詩集では収録)の基準はどこら... もっと読む

ちくま日本文学036 萩原朔太郎 (ちくま文庫)

159
3.87
萩原朔太郎 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

0034.萩原朔太郎『叙情詩物語』2016/12/25読了 「萩原朔太郎 ちくま日本文学 36」より もっと読む

ものがたりのお菓子箱―日本の作家15人による

152
3.19

感想・レビュー

様々な作者の短編をお菓子に見立てて紹介。 柔らかなイラストもあって素敵。 特に興味を惹かれたもの 『魚の李太白』 『僕の帽子のお話』 『... もっと読む

作家と猫

152
3.27

感想・レビュー

三谷幸喜さんの「おっしー」の話しは、新聞で泣かされ、又、泣かされました。 猫は、ずるいから。 猫は、知ってるから。 人間が猫に勝てないことを。 そんな人... もっと読む

月に吠える

148
4.08
萩原朔太郎 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日本近代詩の父」と言われる萩原朔太郎の詩集をいつか読まなくちゃと思ってました. 句読点を多用した長文が定型だったのかな お気に入りの詩 「掌状... もっと読む

自転車に乗って: アウトドアと文藝

120
2.78
角田光代 2020年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つまらなかった。買わなければ良かった。 もっと読む

郷愁の詩人 与謝蕪村 (岩波文庫)

105
3.62
萩原朔太郎 1988年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

萩原朔太郎による与謝蕪村論。蕪村の作品を新体詩に比するものとして位置付けている。彼の蕪村評価がどの程度正確なのかを評価する知見は私には全くないのだけれど、... もっと読む

猫町

105
4.00

感想・レビュー

散歩するときにいつもと違う方向から景色を眺めると全く違う街のように見えることが自分もあるので、想像できる。それを景色の裏側(上下左右前後があべこべな四次元... もっと読む
全722アイテム中 1 - 20件を表示

萩原朔太郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×