萩原朔太郎のおすすめランキング

萩原朔太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

萩原朔太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『永遠の詩(7) 萩原朔太郎』や『萩原朔太郎 (ちくま日本文学全集 18)』や『詩の原理 (新潮文庫)』など萩原朔太郎の全611作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

永遠の詩(7) 萩原朔太郎

47
4.50
萩原朔太郎 2010年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

58編。図書館本。30 もっと読む

萩原朔太郎 (ちくま日本文学全集 18)

41
3.94
萩原朔太郎 1991年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちくま日本文学全集018 もっと読む

詩の原理 (新潮文庫)

32
3.42
萩原朔太郎 1954年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芸術に少しでも携わる人は読むべき。 というか読まなければいけないもの。 いや、読んで欲しい。 というより読んでみたらいいと思う。 得るものが多すぎてパン... もっと読む

虚妄の正義 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

32
3.89
萩原朔太郎 1994年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

随分自然主義が嫌いなようだけれど、自然主義には推理も想像もないというのであれば田山花袋の「一兵卒」なんかはどうなんだろう。まだ生きている作家が死んでいく兵... もっと読む

続・酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

27
3.60
永井龍男 2013年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回は、やや物足りず。 酔っ払い、というタイトルなのだが、かなり固い話が多く、 (酔っ払いが嫌い、という話まである) 豪快な酒の楽しみ・苦しみの話が... もっと読む

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

27
3.10
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

屈辱から生じるしこりを屈ジコと呼ぶ。屈ジコは酒精に溶けやすく湯呑一杯の酒があれば跡形もなくなってしまう。人は屈ジコが溜まってくると本能的に新橋のガード下へ... もっと読む

僕の孤独癖について

25
3.90
萩原朔太郎 電子書籍 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『月に吠える』を読んで、朔太郎の内面に触れてみたいと思い、手に取った。前半部に綴られた文章も興味深いのだけれども、孤独を離れ、人と交わることで「その代わり... もっと読む

日清日露の戦争 (コレクション 戦争×文学)

22
3.50
萩原朔太郎 2011年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古い戦争から、現代まで、果ては創造の戦争までと、そういう作品を集めた本はなかなかないと思い、全集を購入。その6巻。 226事件のものもあって、シベリ... もっと読む

青猫

20
3.50
萩原朔太郎 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

付録が本題。付録はとちゅうまで読了 もっと読む

萩原朔太郎詩集 悲しい月夜 (美しい日本の詩歌)

19
3.80
萩原朔太郎 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

萩原朔太郎、いいです。多分に情緒的でありながら、ところどころにメタフォリカル。感情が、心の深いところでイメージと結びついているんだろうな。弟子の三好達治は... もっと読む

萩原朔太郎詩集 (現代詩文庫 第 2期9)

17
3.80
萩原朔太郎 1975年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポーやボードレール好きだけど、暗鬱さ重いし...、あれってやっぱキリスト教的なものなのかな。ってな要望に応える、西欧風の肉が削ぎ落とされた研ぎ澄まされた純... もっと読む

萩原朔太郎写真作品 のすたるぢや―詩人が撮ったもうひとつの原風景 (フォト・ミュゼ)

16
3.50
萩原朔太郎 1994年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブックカーニバルinミサキで購入 古い東京の写真に驚き。大森駅付近の複線未電化の東海道線とか、看板建築の並ぶ商店街、切り通しの坂(今のどこらあたりになるの... もっと読む

萩原朔太郎詩集 (青春の詩集 日本篇 7)

16
3.25
萩原朔太郎 1983年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暗い!憂鬱で、青白くて、苦しくて。でも多かれ少なかれ、こんなひりひりした感覚がないと詩人にはなれないのだろう。 明治終わりから大正の文豪ってどうして... もっと読む

猫町 散文詩風な小説

16
3.75
萩原朔太郎 電子書籍 新字新仮名 1999年1月12日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

授業でアルジャーノン・ブラックウッドの「Ancient Sorceries」を読んだ際に紹介された作品。 雰囲気や状況は非常に似たものがあります。 ブラ... もっと読む

月に吠える 02 月に吠える

14
3.20
萩原朔太郎 電子書籍 新字旧仮名 1998年8月28日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

詩を書ける人は言葉とイメージとを結びつける独特な能力があるに違いない. 「雲雀料理」すてきです. もっと読む

萩原朔太郎詩集 (読んでおきたい日本の名作)

13
3.75
萩原朔太郎 2003年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩の味わい方には二つあるのではないかと思われる。それは、外向的な詩と内向的な詩という表現をすると少し意味がずれてしまうかもしれないけれど、詩には、「自分が... もっと読む

詩の原理

13
5.00
萩原朔太郎 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単に自分の読書が稚拙を極める為かも知れない、けれど “詩” という漠然として且つ動かし難いものを、このように体系的に平明に著した書には嘗て出会ったことがな... もっと読む

詩集 月に吠える (角川文庫)

12
3.33
萩原朔太郎 1969年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても邪道だとは思うのだけれど、『月に吠えらんねえ』を読んで、読みたくなった詩集。思っていたより暗くない。きらきらしている。自分は感性が鈍くて詩集とか歌集... もっと読む
全611アイテム中 21 - 40件を表示

萩原朔太郎に関連する談話室の質問

ツイートする