葛西善蔵のおすすめランキング

葛西善蔵のおすすめランキングのアイテム一覧

葛西善蔵のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『哀しき父 椎の若葉 (講談社文芸文庫)』や『子をつれて (岩波文庫 緑 56-1)』や『葛西善蔵集 (新潮文庫)』など葛西善蔵の全117作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

哀しき父 椎の若葉 (講談社文芸文庫)

69
3.58
葛西善蔵 1994年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素晴らしい作家を発見。 この葛西善蔵の芸風、好きに決まっている。 芸のためなら女房も泣かす、ついでにメカケも泣かす。 これも全部芸のため。 ... もっと読む

子をつれて (岩波文庫 緑 56-1)

58
3.24
葛西善蔵 1952年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1952年初刷。漢字の画数が多い。初めのうちは難儀したがいつの間にか慣れていた。自堕落と当然の帰結としての貧窮。救いようがない男ではあるが不思議な温かみが... もっと読む

葛西善蔵集 (新潮文庫)

20
3.50
葛西善蔵 1951年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1995.08.11読了)(1994.09.18購入) もっと読む

贋物・父の葬式 (講談社文芸文庫)

19
3.33
葛西善蔵 2012年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

放浪、離散、借金、酒乱、そして文学と貧困。とまあ、マイナスの要素しかないテーマなんだけど、なにがしかの明るさが基調にある自然主義文学作品。今でいうと、西原... もっと読む

村 (百年文庫)

15
4.00
黒島伝治 2011年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒島伝治『電報』『豚群』 葛西善蔵『馬糞石』 杉浦明平『泥芝居』 もっと読む

子をつれて

11
3.50
葛西善蔵 電子書籍 2012年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

哀しき父

7
2.00
葛西善蔵 電子書籍 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

葛西善蔵の処女作であり、私小説家として認められる前の作品のため、三人称形式。オノマトペが多く見られる。金魚の象徴である洗面器の上に血を吐いた?ことによって... もっと読む

子をつれて

5
2.67
葛西善蔵 電子書籍 新字新仮名 2008年4月11日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

これはどうしてこういうことになっているのか、経緯が省かれているのでわからないけれども。自分も失業したことがあるので、こういう気持ちはよくわかります。わかり... もっと読む

血を吐く

4
3.00
葛西善蔵 電子書籍 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

浮浪

3
葛西善蔵 電子書籍 2012年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

湖畔手記

3
4.00
葛西善蔵 電子書籍 2012年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奥日光の湯の湖を散策していると兎島に葛西善蔵の碑がありました。ここで「湖畔手記」を書いたという。代表作。愛する妻子がいながら、愛人に孕らせてしまう。金策尽... もっと読む

贋物

3
5.00
葛西善蔵 電子書籍 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しんしんと進み、ジャンルが何かも考えず、結末が何と もっと読む

哀しき父

2
3.00
葛西善蔵 電子書籍 新字旧仮名 2000年9月21日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

悲哀の煙のこもった狭い部屋。有名なのだろうが、初めて読んだ。なかなかうまい作家だと思った。 もっと読む

贋物

2
3.50
葛西善蔵 電子書籍 新字新仮名 2010年8月1日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

彼は貧困と冬の寒さに苦しんでいると、自分の肢体から抜け出た冷たい亡霊が肩口から自分を覗いてくるというようなことを、言っているが、僕もまさにそんなものを一人... もっと読む
全117アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする