蒲生俊敬のおすすめランキング

プロフィール

蒲生俊敬(がもう・としたか)
東京大学名誉教授。
1952年、長野県上田市生まれ。東京大学理学部化学科卒業、同大学院理学系研究科化学専攻博士課程修了。理学博士。北海道大学教授、東京大学大気海洋研究所教授を歴任。専門は化学海洋学。海水中に溶存する気体成分・放射性核種等を用いた海洋の深層循環や海底熱水活動に関する研究により、日本地球化学会賞・日本海洋学会賞・海洋化学学術賞(石橋賞)を受賞。研究船や潜水船によるフィールド調査をこよなく愛し、これまでの乗船日数は1740日に及ぶ。著書に『日本海 その深層で起こっていること』(講談社ブルーバックス)、『海洋の科学』(日本放送出版協会)、『海洋地球化学』(講談社)など。

「2018年 『太平洋 その深層で起こっていること』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒲生俊敬のおすすめランキングのアイテム一覧

蒲生俊敬のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『太平洋 その深層で起こっていること (ブルーバックス)』や『日本海 その深層で起こっていること (ブルーバックス)』や『日本海のはなし (月刊たくさんのふしぎ2019年05月号)』など蒲生俊敬の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

太平洋 その深層で起こっていること (ブルーバックス)

146
3.69
蒲生俊敬 2018年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●マイクロチップの恐ろしさ。疎水性通し、PCB sを引き寄せて集まる。魚が間違えて食べる。それを食べた魚の中で濃縮されていき、我々の食卓に登ってくるのだ。... もっと読む

日本海 その深層で起こっていること (ブルーバックス)

116
3.56
蒲生俊敬 2016年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★3.5。 何が一番新鮮だったかと言われれば、日本地図の示し方。 富山県、凄いじゃないですか、この発想。日本列島がどういう形なのか、むしろこの方が分か... もっと読む

日本海のはなし (月刊たくさんのふしぎ2019年05月号)

30
3.83
蒲生俊敬 雑誌 2019年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本海が絶妙な距離に広がっている幸運 日本海が意外と深いこと 何でも意味があるもんだ もっと読む

海洋地球化学 (KS自然科学書ピ-ス)

21
4.00
蒲生俊敬 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

150503 中央図書館 カラー図版が多く、楽しい基本教科書といえそう。 海の化学的性質、その構成要素の分布、測定のための基本的な概念などが中心。洋上風力... もっと読む

地球の観測 (新装版 地球惑星科学 4)

15
平朝彦 2010年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

所在情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&la... もっと読む

太平洋 その深層で起こっていること (ブルーバックス)

6
3.00
蒲生俊敬 電子書籍 2018年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本海の160倍の面積と400倍の体積を持つ太平洋。その平均深度は4188メートルで、最深部は1万920メートル。地球上で最も広く、最も深い海です。 ... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする
×