蒼月海里のおすすめランキング

プロフィール

蒼月海里(あおつき かいり)
宮城県仙台市で生まれ、千葉県で育つ。日本大学理工学部卒業、元書店員。『幽落町おばけ駄菓子屋』でデビューし、以降シリーズ化された。そのほかの代表作に、『幻想古書店で珈琲を』『深海カフェ海底二万哩』『夜と会う。』などがある。

「2018年 『華舞鬼町おばけ写真館 灯り無し蕎麦とさくさく最中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蒼月海里の関連サイト

蒼月海里のおすすめランキングのアイテム一覧

蒼月海里のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『幻想古書店で珈琲を (ハルキ文庫)』や『幽落町おばけ駄菓子屋 (角川ホラー文庫)』や『幽落町おばけ駄菓子屋 思い出めぐりの幻灯機 (角川ホラー文庫)』など蒼月海里の全120作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

幻想古書店で珈琲を (ハルキ文庫)

548
3.16
蒼月海里 2015年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋大賞ということで読んだ。面白かったけど中身がある本という感じは受けなかった もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 (角川ホラー文庫)

473
3.34
蒼月海里 2014年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

妖怪もので駄菓子屋ってのに惹かれて。 さらっと読めてホラー要素はほぼなし、ほっこり系。 駄菓子屋懐かしくなった。 もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 思い出めぐりの幻灯機 (角川ホラー文庫)

260
3.48
蒼月海里 2014年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一巻に引き続き読了。 三編+余話しか収録されていないので通勤の片道で読み終わってしまいます。 相変わらず会話中心に話が展開していくので物語の情景が... もっと読む

幻想古書店で珈琲を 青薔薇の庭園へ (ハルキ文庫)

220
3.68
蒼月海里 2016年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主要メンバーの会話がテンポ良く 読んでいて心地よかった。 シリーズ2作目。取り扱う本たちも興味深くて 面白かった。 もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 夏の夜空の夢花火 (角川ホラー文庫)

200
3.46
蒼月海里 2015年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に読んだ3冊目は幽霊にぴったりの季節の夏真っ盛りの話でしたが真冬に読むのも乙なものでしたね。表紙イラストは珍しく主人公の千葉県民・御城彼方くんと黒猫姿... もっと読む

深海カフェ 海底二万哩 (角川文庫)

200
3.18
蒼月海里 2016年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い…けれど物足りない(´-ω-`) 表題の二万哩ほどの深みが欲しかったぁ(´△`) サクッと読むにはぴったり!! 眠る前とか、電車の中とか…ブレイク... もっと読む

幻想古書店で珈琲を―賢者たちの秘密 (ハルキ文庫)

184
3.75
蒼月海里 2016年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失業青年・司と幻想古書店「止まり木」店主・亜門が人生に悩む人々を幸せへと導くブック・ファンタジー不思議小説シリーズの3冊目。本作は絶対にあり得ない世界を描... もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 たそがれの紙芝居屋さん (角川ホラー文庫)

160
3.65
蒼月海里 2015年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラーだけど全く怖くはなく作中のアヤカシ達が逆に人間を恐れているのが可笑しいほのぼのとした人情系おばけファンタジー小説の4冊目です。新キャラは少年の外見な... もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみ (角川ホラー文庫)

141
3.70
蒼月海里 2015年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千葉県民の彼方君が引っ越して来た幽落町で暮らして丁度一年を迎える区切りの5冊目です。シリーズの魅力は日本の神社の故事来歴や昭和初期の古き良き時代の思い出に... もっと読む

幻想古書店で珈琲を―心の小部屋の鍵 (ハルキ文庫)

128
3.79
蒼月海里 2017年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きなシリーズ新刊をサイン本でゲットという嬉しい1冊♪ アモンもコバルトも、なんて魅力的なのだろう。 三谷も、ナイスキャラだし。 風音と子猫の組合... もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫)

123
3.24
蒼月海里 2016年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

御城彼方は、大学2年生になった。生身の人間ながら、人ならざるものが住む常世の町「幽落町」に下宿して、2年目の春。のんびりキャンパスを歩いていたら、突然ハー... もっと読む

夜と会う。: 放課後の僕と廃墟の死神 (新潮文庫nex)

123
3.29
蒼月海里 2017年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澪音が変わっていくのはもっと先の話なのかなと思ったから、1話で変化があって驚いた。色んな謎があるからこれからどうなるのか楽しみ。 もっと読む

水晶庭園の少年たち (集英社文庫)

116
3.33
蒼月海里 2018年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鉱物好きにはたまらない話が盛り込まれていました。物語自体も優しく癒されます^ ^ もっと読む

幻想古書店で珈琲を―招かれざる客人 (ハルキ文庫)

115
3.56
蒼月海里 2017年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あいかわらずの亜門がうれしい。 特典の登場人物からの手紙が亜門からなのも♪ 今回は、新キャラが登場で、ある意味コバルトよりもインパクトが(笑) その... もっと読む

水上博物館アケローンの夜

106
3.50
蒼月海里 2018年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【おやすみ】 生者の住まう浮世と冥界の間には大きな川がある。 その支流の1つ、嘆きの川アケローンでは 今日も渡し守が船を漕ぐ。 境界を彷徨うもの達の為に。 もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)

104
3.41
蒼月海里 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学生の御城彼方は、あの世とこの世の境界に存在する幽落町に下宿し、駄菓子屋“水無月堂”の店主で大家でもある水脈さんとアヤカシたちの憂いを解決する日々。ある... もっと読む

深海カフェ 海底二万哩 (2) (角川文庫)

98
3.53
蒼月海里 2016年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「マーメイドカップケーキ」 本当に捨てられてしまったのは。 理由はあったにせよ人の物を勝手に捨てるという事は、それらの物と一緒にその人が過ごした時間も共に... もっと読む

幻想古書店で珈琲を6 それぞれの逡巡 (ハルキ文庫)

96
3.68
蒼月海里 2018年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みなさん、あいかわらずでなんだか嬉しい。 司は、ちゃんと自分が甘えていることをわかっていて、先のことをかんがえているし。 亜門の司への甘やかしっぷりは... もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 星月夜の彼岸花 (角川ホラー文庫)

93
3.56
蒼月海里 2016年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏休みを持て余していた御城彼方は、水脈や真夜と一緒に湘南の海に出かける。しかし、水脈の目的は江ノ島に来ている忍に会う事だった。忍となぜか一緒にいた朱詩と合... もっと読む

幽落町おばけ駄菓子屋 春風吹く水無月堂 (角川ホラー文庫)

92
3.59
蒼月海里 2017年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

迷子になった少年が手にする、観覧車が写る古い写真に遺された曾祖父の想い。鷽替え神事で賑わう亀戸辺りに現れた廃線になった都電の未練。そうしたアヤカシたちの憂... もっと読む
全120アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする