藤川芳朗のおすすめランキング

プロフィール

1944年愛知県に生まれる。ドイツ文学専攻。横浜市立大学名誉教授。主な訳書に、ベンヤミン『モスクワの冬』(晶文社、1982)、L. v. ザッハー=マゾッホ『ドラゴミラ――魂を漁る女』(同学社、1998)、フリードマン『評伝ヘルマン・ヘッセ』全2巻(草思社、2004)『鉄腕ゲッツ行状記』(白水社、2008)、グラス『箱型カメラ』(集英社、2009)、ハヌシェク『エーリヒ・ケストナー』(白水社、2010)、レック『イタリアの鼻』(中央公論新社、2017)、ボイス『パウラ・モーダーゾーン=ベッカー――初めて裸体の自画像を描いた女性画家』(みすず書房、2020)など。

「2020年 『パウラ・モーダーゾーン=ベッカー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤川芳朗のおすすめランキングのアイテム一覧

藤川芳朗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『マリー・アントワネットとマリア・テレジア秘密の往復書簡』や『魂を漁る女 (中公文庫)』や『ケプラーとガリレイ: 書簡が明かす天才たちの素顔』など藤川芳朗の全34作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

マリー・アントワネットとマリア・テレジア秘密の往復書簡

71
3.68
藤川芳朗 2002年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランス革命で悲劇の死を遂げたマリー・アントワネット。幼くしてフランスへ嫁ぐ娘の身を案じたオーストリア女帝マリア・テレジアは,育てきれなかった想いを込めて... もっと読む

魂を漁る女 (中公文庫)

50
3.73

感想・レビュー

かなり愉しめました。 寝食忘れて読んでしまいました。 もっと読む

ケプラーとガリレイ: 書簡が明かす天才たちの素顔

50
3.33

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 宮廷数学者ケプラーと出世を望む教授ガリレイ。2人の書簡を織り交ぜながら、17世紀の自然科学界の様相、ヨーロッパの情勢をみていく。 -... もっと読む

文庫 自動車と私 カール・ベンツ自伝 (草思社文庫)

44
3.80
カール・ベンツ 2013年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガソリン車を初めて作ったのは誰かという話も諸説あるようだけれど、今でも自動車に使われている技術がベンツ氏によって発明されたのは間違いなく、自動車史として思... もっと読む

聖母

30
3.79

感想・レビュー

私に跪き罪を贖うがよい。背信に容赦ない制裁を下す美しい女教祖。歪んだ愛は狂気と化す。美しい女性教祖をめぐる歪んだ愛と狂気の物語。 もっと読む

氷上旅日記―ミュンヘン‐パリを歩いて

24
4.00

感想・レビュー

現実のひとコマから連想が広がり過去と現在の境目が曖昧になり、ひたすら歩き続けることで肉体と精神の境目が曖昧となる。 無茶の果てに見えてくるものがあると... もっと読む

自動車と私 カール・ベンツ自伝

22
3.75
カール・ベンツ 2005年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カール・ベンツの自伝。図書館で借りた本。歯車の時計修理が好きで機械の製作や工作、数学好きな学生時代。先祖はずっと鍛冶屋職人で手先が器用な人物だったようだ。... もっと読む

イタリアの鼻 - ルネサンスを拓いた傭兵隊長フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ (単行本)

22
3.00
ベルント・レック 2017年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みにくい。 原文に忠実に日本語訳しているのか、補足ばかりが多い。 おかげで、内容が一向に頭に入ってこない。 フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロは、... もっと読む

エリーザベト・ニーチェ ─ ニーチェをナチに売り渡した女 (書物復権)

16
5.00

感想・レビュー

ニーチェは難しそうだというイメージが先行し、ましてや彼がナチス政権下でどんな扱いだったのか妹との関係は…など知りもしなかった。反ユダヤ主義の本当のアーリア... もっと読む

グリムが案内するケルトの妖精たちの世界〈上〉

16
3.33

感想・レビュー

イギリスにはどんな妖精がいるのかな。どんな風に言い伝えられているのかな。 妖精の外見、性格、性質、付き合い方など、妖精について色々と知れるので、面白... もっと読む

箱型カメラ

15
3.67

感想・レビュー

不思議な話 なぜか心に残る もっと読む

迷宮と神話 (弘文堂ルネッサンス)

12
3.50

感想・レビュー

KELÉNYI Károly 1897-1973 •Labyrinth-Studien —Labyrinthos als Linienreflex... もっと読む

喜望峰が拓いた世界史 - ポルトガルから始まったアジア戦略 1498-1620

11

感想・レビュー

インド航路を開拓したポルトガルは香辛料貿易を独占していたヴェネツィアやアラビア勢力と対抗。インド沿岸やフランドルに拠点を築くなどの独自の戦略を豊富な図版・... もっと読む
全34アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×