藤村龍至のおすすめランキング

プロフィール

藤村龍至:建築家。東京藝術大学准教授。RFA主宰。アーバンデザインセンター大宮(UDCO)副センター長。主な建築作品に「すばる保育園」(2018)「鶴ヶ島中央交流センター」(2018)「OM TERRACE」(2017)など。主な著書に『批判的工学主義の建築』『プロトタイピング』がある。

「2018年 『BIOCITY ビオシティ 74号 エコロジカル・デモクラシーのデザイン 74号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤村龍至のおすすめランキングのアイテム一覧

藤村龍至のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『思想地図β vol.2 震災以後』や『日本2.0 思想地図β vol.3』や『地域社会圏モデル ――国家と個人のあいだを構想せよ (建築のちから)』など藤村龍至の全39作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

思想地図β vol.2 震災以後

1092
4.08
東浩紀 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「震災以降」、言葉や思想はいったい何をなし得たのか、そしてなし得るのか――この問いを軸として編まれた、批評家・東浩紀による新しい言論誌「思想地図β」シリー... もっと読む

日本2.0 思想地図β vol.3

614
3.79
東浩紀 2012年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分厚くて、部屋に置いてるだけで賢そうに見えます。 もっと読む

地域社会圏モデル ――国家と個人のあいだを構想せよ (建築のちから)

302
3.75
山本理顕 2010年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決して飛躍せず、謙虚に緻密に圏域の中で起こっている事象を捉えている。色なしで今の社会というものを見ている人たちの見方を感じることができた気がする。しかし、... もっと読む

福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2

254
3.75
東浩紀 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はっきり言おう。これは福島を自らの「思想」のもとに従属させる、極めて醜悪な計画だ。もう少し突き詰めて言うと、これは福島を永久に「原発事故」という枠に押しと... もっと読む

コミュニケーションのアーキテクチャを設計する―藤村龍至×山崎亮対談集 (建築文化シナジー)

176
3.97
藤村龍至 2012年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もどかしい…実にもどかしい思いを抱えながら本書を読了した。 建築が社会に、地域の人々にどのように貢献するのか…。 機能だけではなく、物理的な形状だ... もっと読む

白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか

176
3.57
蓑原敬 2014年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

問いに満ちた本。蓑原さんの気迫に感じ入る。 もっと読む

PLANETS vol.8

172
4.07

感想・レビュー

最近テレビでもよく見る宇野常寛さんの雑誌。どう見ても写真集な装丁だけど中身は文芸評論な雑誌。 「僕たちは<夜の世界>を生きている」ということで、仕事... もっと読む

アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容

151
3.73
原広司 2010年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築と情報というキーワードに惹かれて買った(はず)。アーキテクチャという建築の言葉がもっと広い意味で使われていることを知った本。 もっと読む

乾久美子 - そっと建築をおいてみると (現代建築家コンセプト・シリーズ 3)

145
3.65
乾久美子 2008年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんというかライトノベルならぬライト建築小説(小説ではないけれど)というような感じ。だけれども,乾の考え方はなんとなくではあるけれども伝わってくるし,なに... もっと読む

アーキテクト2.0 2011年以後の建築家像―藤村龍至/TEAM ROUNDABOUTインタビュー集

136
3.69
藤村龍至 2011年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聞き手であるはずの藤村龍至の批判的工学主義というスタンス,超線形設計プロセスという方法論が,逆にインタビュイーの建築家によって解明,補強されている感じがし... もっと読む

1995年以後~次世代建築家の語る建築

124
3.32
藤村龍至 2009年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今になってようやく1995年以後を読む。 藤村さんを中心とした世代の建築観や問題意識がよくわかる本。いくつかまとまった言葉で1995年以後の建築が提言... もっと読む

批判的工学主義の建築:ソーシャル・アーキテクチャをめざして

121
3.71
藤村龍至 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築家/ソーシャルアーキテクトである藤村 龍至氏の視点による歴史の書。IA(インフォメーション・アーキテクト)を目指す人は読んだほうが良いと思う。 もっと読む

リアル・アノニマスデザイン: ネットワーク時代の建築・デザイン・メディア

116
3.45
柳原照弘 2013年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆ http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/... もっと読む

設計の設計

113
4.00
柄沢祐輔 2011年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ田中先生の章しか読んでいない. ・物質の操作自由度がデジタルファビリケーションの登場により上がってきた.  →コンピュテーショナルな手法でフィ... もっと読む

ユリイカ2010年9月号 特集=10年代の日本文化のゆくえ ポストゼロ年代のサバイバル

108
4.11
東浩紀 2010年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長い時間をかけてブツブツと読んだが、やはり批評界隈に対する苦手意識が邪魔をしてろくに読み切れなかった。 もっと読む

NHKブックス別巻 現在知vol.1 郊外 その危機と再生

83
3.50
三浦展 2013年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

郊外をテーマとした論考集.千葉海浜ニュータウンの団地再生を取り上げた鈴木雅之氏「建物・人・お金を再起動させる仕事」はとても興味深かった. ・小さな要素の繋... もっと読む

現代思想2011年9月臨時増刊号 総特集=緊急復刊 imago 東日本大震災と〈こころ〉のゆくえ

65
4.44
中井久夫 2011年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 責任編集者である斎藤環氏は、この震災を過度に象徴化してはならないと説く。震災の影響を「こころ」に及ぼされた影響として捉えた特集号。 ... もっと読む

商業空間は何の夢を見たか 1960~2010年代の都市と建築

60
3.60
三浦展 2016年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 パルコ出身のアナリスト・三浦展が、カウンター・カルチャーとしてのパルコをあらためて日本の精神史に位置付け、社会学者の南後由和が、「日本的広場」論の経緯を... もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする