藤枝静男のおすすめランキング

藤枝静男のおすすめランキングのアイテム一覧

藤枝静男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)』や『悲しいだけ・欣求浄土 (講談社文芸文庫)』や『(055)空 (百年文庫)』など藤枝静男の全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

田紳有楽・空気頭 (講談社文芸文庫)

379
3.86
藤枝静男 1990年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【田紳有楽】 骨董屋の部屋を訪れた男が、自己流処世術を語り庭の池に飛び込むところから物語は始まる。 男は池に沈められている朝鮮生まれの抹茶茶碗の柿の蔕... もっと読む

悲しいだけ・欣求浄土 (講談社文芸文庫)

130
3.64
藤枝静男 1988年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「一家団欒」「悲しいだけ」が一番すき。欣求浄土の方はまだ若干自嘲気味というか、笑えるところもあったけど(ポルノ映画のくだりとかとにかくスケベなことばっか考... もっと読む

(055)空 (百年文庫)

26
3.40
北原武夫 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北原武夫『聖家族』 ジョージ・ムーア『懐郷』 藤枝静男『悲しいだけ』 もっと読む

現代小説クロニクル 1980~1984 (講談社文芸文庫)

21
3.00
野間宏 2014年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野間宏 「泥海」 内海が干上がり、堪らない臭気が襲ってくる。環境破壊、という前提にはあえて触れないで読みたい。作中にも、それを示唆する表現は登場しな... もっと読む

藤枝静男随筆集 (講談社文芸文庫)

20
3.60
藤枝静男 2011年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若い頃の話や、友人であった平野謙や本多秋五についての話、骨董についての話など、いろいろと取り混ぜた静男随筆集。随筆を真面目に集成すると、割りと同じような文... もっと読む

日中戦争 (コレクション 戦争×文学)

18
3.00
胡桃沢耕史 2011年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンソロ苦手…と言いつつ、7巻目まで読んでます。 半分ってところかな。たまに好きな小説に出会えるので、そういう点ではアンソロもいいかもしれないけれど、高... もっと読む

或る年の冬 或る年の夏 (講談社文芸文庫)

15
3.75
藤枝静男 1993年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若い頃の思想、性に対する苦悩を描いた表題作は少し時代背景が違うのか普遍性は感じられらなかった。 もっと読む

志賀直哉・天皇・中野重治 (講談社文芸文庫)

11
3.50
藤枝静男 2011年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もともと藤枝静男をどうやって知っただろう、と思い出すと笙野頼子さんの文章がきっかけではなかったかと思う。「田紳有楽」「空気頭」すごくヘンテコな小説を書く人... もっと読む

今ここ

9
2.50
藤枝静男 1996年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「午後八時、日没とともに床に入る。腹がへったので右脚を切って食い、明日の活力にそなえてストロンチウム90を十錠飲んで平和な眠りにつく。」(70.日記) ... もっと読む

田紳有楽 (講談社文庫)

8
4.00
藤枝静男 1978年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。この仏教小説はいまだに理解しがたい。グイ呑みが出目金と恋愛したり、焼きものが空を飛行したり水系を旅したり、弥勒、妙見、地蔵の諸菩薩が俗塗れなありよう... もっと読む

最後の酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

8
4.00
高橋和巳 2014年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪酒時代以外の作品は全部楽しく読んだ もっと読む

妻を失う 離別作品集 (講談社文芸文庫)

7
5.00
富岡幸一郎 2014年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

袖のところ一すじ青きしまを織りてあてなりし人今はなしはや  山崎 斌【あきら】  作者は、「草木染」の名付け親として知られる染織家。掲出歌の「あて... もっと読む

虚懐

6
4.00
藤枝静男 1983年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

庭を行きかう動物たち、今はいない肉親の思い出、近所で起きた火事。ばらばらなモティーフが脈絡なく、かつてと変わらない硬く無駄のない文体で並べられている。作家... もっと読む

藤枝静男著作集〈第1巻〉 (1976年)

5
4.50

感想・レビュー

小説編 バッドエンドが待っていそうな不吉な予感で始まる話が多い。不幸な結末を迎えるのは「わたし」ではなくて、病気だったり家族から厄介者扱いされたりしてい... もっと読む

藤枝静男著作集〈第6巻〉 (1977年)

5
4.00
藤枝静男 1977年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「欣求浄土」は短編の連作集。還暦近い章の今と幼いころの思い出が入れ替わり立ち替わり語られ、彼の人生が総括される。章は「厭離穢土」で死んでしまうけれど、死に... もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする