藤森照信のおすすめランキング

プロフィール

藤森照信(ふじもり・てるのぶ)
1946 年生まれ。建築史家、建築家。東京大学名誉教授、東京都江戸東京博物館館長、工学院大学非常勤特任教授。
作品に「神長官守矢史料館」「熊本県立農業大学校学生寮」「高過庵」「ラコリーナ近江八幡」など。著書に『建築探偵の冒険・東京篇』ほか多数。

「2020年 『五十八さんの数寄屋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤森照信のおすすめランキングのアイテム一覧

藤森照信のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー おやつ』や『藤森照信×山口晃 日本建築集中講義』や『人類と建築の歴史 (ちくまプリマー新書)』など藤森照信の全168作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー おやつ

729
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

藤森照信×山口晃 日本建築集中講義

462
3.98
藤森照信 2013年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはタイトルを変えたらどうかな。「日本建築漫遊記」とかどうでしょう。 ほんとに真面目な「集中講義」かと思ってパスしてたのよ。東大名誉教授と天才絵師... もっと読む

人類と建築の歴史 (ちくまプリマー新書)

363
3.49
藤森照信 2005年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い。建築に興味あるけれど、専門的なことは何にも分かりません、という人には最適ワクワクな一冊。 さすがちくまプリマー新書。藤森照信さん。 「人類と建築... もっと読む

日本の近代建築〈上 幕末・明治篇〉 (岩波新書)

351
3.87
藤森照信 1993年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本が西洋の建築、いわゆる近代建築を導入しはじめた幕末から明治時代を通して、いかに西洋建築を学び、建物を建てていったかを詳細に綴った本。 著者は建築史の第... もっと読む

天下無双の建築学入門 (ちくま新書)

334
3.45
藤森照信 2001年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 人はいつから「家」に住むようになったのだろうか。 自然の中で暮らしていた人間が家を建てるようになったのはいつからなのだろう? 山や川、... もっと読む

建築探偵の冒険〈東京篇〉 (ちくま文庫)

329
3.79
藤森照信 1989年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私が読んだのは、昭和61年発行の単行本。藤森さんが若い頃にしていた建築探偵業の総まとめ です。なにぶん、30年以上前の本なので、東京駅も改修前のものだし、... もっと読む

日本の近代建築〈下 大正・昭和篇〉 (岩波新書)

319
3.89
藤森照信 1993年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本が明治時代を通して学んだ西洋の建築、いわゆる近代建築が時代の雰囲気によって大きな転換期を迎えた大正から、昭和の初期モダニズムの時代までを詳細に綴った本... もっと読む

奇想遺産―世界のふしぎ建築物語

245
3.45
鈴木博之 2007年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界各地の変わった建築物を見開きでひとつずつ紹介している。 紹介者が、隈研吾、藤森照信など豪華で面白い。 メジャーなものからかなりマイナーそうなものまで、... もっと読む

藤本壮介|原初的な未来の建築 (現代建築家コンセプト・シリーズ)

216
3.47
藤本壮介 2008年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建築以外に興味がある人が読んでこそ面白い建築の本。 もっと読む

建築史的モンダイ (ちくま新書)

212
3.64
藤森照信 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古今東西の建築の歴史を縦横にめぐりながら、著者自身の感じた建築にかんする根源的な問題について論じているです。 エッセイふうの文章で書かれていますが、... もっと読む

フジモリ式建築入門 (ちくまプリマー新書 166)

184
3.59
藤森照信 2011年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は、その土地の自然に溶け込みながらもどこかユーモアを感じさせる建物で知られる建築家。本書は、実用的な「人の住まい」と、美や壮麗さを表現するための「神の... もっと読む

藤森照信×山口 晃 探検! 東京国立博物館

174
3.61
藤森照信 2015年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何がgo toキャンペーンやねん!という想いを封じ込めながら読む。 暫く東京も訪れることは無いだろう。だからこそ、脳内旅行へ誘われる本を求めるのかも... もっと読む

建築と植物

165
3.32
五十嵐太郎 2008年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本で面白いと思ったのは、冒頭部分の数ページと、「温室建築の歴史」について書かれている部分だ。新たな視点を得ることが読書の目的だとするなら、十分なことが... もっと読む

藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎

151
3.65
藤森照信 2012年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日曜日の新聞の書評欄で見付けた本。 思いの外、アカデミックな内容だった。文章は微に入り細に入り、懇切丁寧。素人で頭の悪い当方は、残念ながら隔靴掻痒と... もっと読む

住宅の射程

144
3.38
磯崎新 2006年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「建築家とは何か」ということを考えさせられる良本です。 特に磯崎新氏の「建築家とは何なのか」という問いに対する考え方が興味深く何度も読み返しています。 「... もっと読む

明治の東京計画 (岩波現代文庫)

135
3.69
藤森照信 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

武士が去った後の江戸(東京)において、どのような都市計画が進めれてきたかを資料に基づき説明がなされている。 火事や歩道など都市計画のキーワードからも読み... もっと読む

日本木造遺産 千年の建築を旅する

123
4.13
藤森照信 2014年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10/18は木造住宅の日 日本中の個性的で風変りな木造建築を訪ね歩いた紀行エッセイ。 もっと読む

近代建築そもそも講義 (新潮新書)

116
3.65
藤森照信 2019年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代の都市には衛生(防疫)と防災(主に防火)の機能を要するというのが財の蓄積を不可欠とする近代資本主義の要件です。近代化を目指す明治新政府は、まず、新東京... もっと読む

建築探偵奇想天外 (朝日文庫)

115
3.98

感想・レビュー

建築探偵・藤森照信氏の事件簿も四作目にしておしましい。 チェコなど他の人はなかなか取り上げないような国・建築家を追いかけて異国に飛び、独自の推理を展開する... もっと読む

建築探偵 東奔西走 (朝日文庫)

114
3.87

感想・レビュー

文書が上手だし、写真が美しい。本当に座右に置いて楽しんでおります。お気に入りは、小笠原伯爵邸、大阪ビル一号館、子宝湯。 https://middle-ed... もっと読む
全168アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×