藤田宜永のおすすめランキング

プロフィール

1950年福井県生まれ。早稲田大学文学部中退。パリ滞在中エール・フランスに勤務。76年『野望のラビリンス』で小説デビュー。95年『鋼鉄の騎士』で第48回日本推理作家協会賞長編部門、第13回日本冒険小説協会大賞特別賞をダブル受賞。その後恋愛小説へも作品の幅を拡げ、99年『求愛』で第6回島清恋愛文学賞、2001年『愛の領分』で第125回直木賞受賞。17年には『大雪物語』で第51回吉川英治文学賞を受賞した。その他『タフガイ』『わかって下さい』『彼女の恐喝』など著書多数。2020年逝去。

「2021年 『ブルーブラッド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田宜永のおすすめランキングのアイテム一覧

藤田宜永のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『転々 (新潮文庫)』や『愛の領分 (文春文庫)』や『作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法 (単行本)』など藤田宜永の全378作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

転々 (新潮文庫)

344
3.32

感想・レビュー

映画が大好きで大好きで 読んでみた。 また違った世界で素敵。 ほっこりとしてきゅんとする。 読んだ後、東京を転々したくなります★ もっと読む

愛の領分 (文春文庫)

284
3.32
藤田宜永 2004年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第125回 2001年 上期 直木賞受賞作品 https://library.shobi-u.ac.jp/mylimedio/search/search... もっと読む

作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法 (単行本)

279
3.28
阿川佐和子 2014年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

似たような本はあるし、21人全ての作家に興味があるわけじゃないけれど…と思いながら読み始めたのだが、予想してたより面白く読めました!それも、読んだことのな... もっと読む

ウサギ料理は殺しの味 (創元推理文庫)

259
3.48

感想・レビュー

『米澤屋書店』で紹介されていて、その魅力的なあらすじに惹かれた。 ただそのトリック実現のためには、ブラックユーモアと、性欲に溺れた多くの登場人物たちと、あ... もっと読む

vintage '06 (ヴィンテージ・シックス)

221
3.24
石田衣良 2006年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ワインモチーフの短編集。文章もワインワインしてないから、ワインに詳しくなくても問題ない。むしろ、ゆっくりといいワインが飲みたくなる。 もっと読む

作家の履歴書 21人の人気作家が語るプロになるための方法 (角川文庫)

197
3.36
阿川佐和子 2016年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

21人の人気作家さんたちによる、プロになる方法。 期待値が低かったせいか、予想外に楽しめた。 「志望動機」「転機」「自分を作家にした経験」などについて... もっと読む

COLORS―カラーズ

184
2.86

感想・レビュー

それぞれタイトルに色の名前を付けた短編集。 競馬場で出会った年上のヒト。密会。げんかつぎの黄色い着物。ハイビスカスが取り持つ恋・・・「黄色い冬」藤... もっと読む

愛の領分

134
3.17
藤田宜永 2001年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大人の恋愛。男と女。五十代でもこんな恋愛ができるのはすごい。恋愛物は苦手だなーと思いつつ、こんな世界もあるのかと新鮮だった。 もっと読む

子宮の記憶 <ここにあなたがいる> (講談社文庫)

120
3.25
藤田宜永 2006年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生の頃から本好きで、それは両親が本好きだったから。良くある話だとは思うけど、家の本棚には本が溢れるほどありました。そして毎週日曜日の移動図書館という小... もっと読む

鋼鉄の騎士〈上〉 (新潮文庫)

120
3.63

感想・レビュー

極上のエンターテイメント。時間を忘れるおもしろさ。一気読み必至。 もっと読む

女系の総督

119
3.51
藤田宜永 2014年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森川崇徳、59歳。 曾祖父の時代から続く女系家族の中の男ただ一人。 少し認知症の始まった母。 過去の浮気のせいで反発して家を出て競艇選手になった... もっと読む

大雪物語

106
3.50
藤田宜永 2016年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6話から成るオムバニス形式の物語で、記録的な大雪で陸の孤島となる町を舞台に、非常事態の中偶然起こった出会いによるそれぞれのドラマが、興味深くて面白かった。... もっと読む

還暦探偵

97
2.97

感想・レビュー

2021年7月11日 探偵に関係するのは最終話。 あとは男、女 生活って感じ。 返り咲きの都合の良い偶然。でも素敵な話だった。 リタイアして時間が自由にな... もっと読む

喝采 (ハヤカワ・ミステリワールド)

95
3.20
藤田宜永 2014年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父の死の後に、探偵事務所を継いだ浜崎順一郎。ある日、娘と名乗る女性から、かつて女優であった母親を探して欲しいとの依頼を受ける。無事発見し、娘と引き合わせる... もっと読む

激動 東京五輪1964

95
2.79
大沢在昌 2015年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この手の「あるテーマに関連する複数作家さんの短編小説集」はやはり面白くないことがよくわかる。ハッキリ言って作家さんのネームバリューに頼ってるだけで、質は全... もっと読む

鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)

92
3.54

感想・レビュー

上下巻、合わせて約1500ページ。 第二次世界大戦直前のフランスを舞台に、各国のスパイ戦が激化する中で(!)一人の青年がカーレーサーを目指す青春小説(合... もっと読む

喜の行列 悲の行列

89
3.52
藤田宜永 2008年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平凡な定年前の主人・宝福善朗の ちょっとした行動で渦巻く運命の波! 登場人物がとても多いが、 次々と繋がっていってとても面白かった。 偶然に偶然が重なっ... もっと読む

彼女の恐喝

86
3.54
藤田宜永 2018年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意外にも著者初読み。 女子大生がなかなか就職も決まらず、将来に不安を感じていたところ、ホステスとして働いているクラブの常連客が、台風の夜に殺人事件が起き... もっと読む

血の弔旗

85
3.66
藤田宜永 2015年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

厚みのある本だが、福田和子事件を連想させ、最後までハラハラしながら読めました。犯罪だけにではなく、登場人物の生き方、考え方にまで焦点を当てていて、久々の名... もっと読む
全378アイテム中 1 - 20件を表示

藤田宜永に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×