藤野可織のおすすめランキング

プロフィール

1980年京都市生まれ。同志社大学大学院美学および芸術学専攻博士課程前期修了。2006年「いやしい鳥」で文學界新人賞、13年「爪と目」で芥川賞受賞。著書『おはなしして子ちゃん』『ファイナルガール』他。

「2017年 『ドレス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤野可織のおすすめランキングのアイテム一覧

藤野可織のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『爪と目』や『おはなしして子ちゃん』や『きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイド (立東舎)』など藤野可織の全61作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

爪と目

1459
2.86
藤野可織 2013年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第149回芥川賞受賞作。 「あなた」は目が悪かったので父とは眼科で出会った。やがて「わたし」とも出会う。その前からずっと、「わたし」は「あなた」のすべて... もっと読む

おはなしして子ちゃん

439
3.40
藤野可織 2013年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙の可愛い雰囲気とは違い、かなり不思議な話ばかりだった。芥川賞作家・藤野可織さん…私の勝手なイメージだけど、直木賞に比べて芥川賞に選ばれる作品は変わった... もっと読む

きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイド (立東舎)

264
3.38
都甲幸治 2016年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村上春樹/ルイス・キャロル/大島弓子/谷崎潤一郎/コナン・ドイル/J・R・R・トールキン/伊坂幸太郎/太宰治 どれかの名前にピンときたら読んでみても... もっと読む

文学ムック たべるのがおそい vol.1

262
4.05
穂村弘 2016年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説(翻訳を含む)とエッセイと短歌の3本立て。それぞれ、読むときのバランスをよく考えた配置がされていて、リーダビリティが高い。 「こちらあみ子」の今... もっと読む

本なんて!作家と本をめぐる52話

250
3.26
芥川龍之介 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を3... もっと読む

爪と目 (新潮文庫)

213
3.02
藤野可織 2015年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに、何のためでもなく、「ただ活字を読む」という欲のためだけに読み終えました。時間に追われているときに読む、良質な短篇はこの上ない至福ですが。ああ怖... もっと読む

パトロネ

140
2.84
藤野可織 2012年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中までは自意識過剰な女が人とは違うってことをがなりたてるような(表面は静を装いつつも)苦手な文章だと感じて(作者と作品の距離がなさ過ぎるタイプに感じた)... もっと読む

世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今 (立東舎)

131
3.68
都甲幸治 2016年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞や直木賞なんて世界の文学賞のうちに入るのだろうか?日本の作家が書いた日本語の小説しか対象になっていないのに。なんてことを思ったけれども、読んでみまし... もっと読む

パトロネ (集英社文庫)

129
3.33
藤野可織 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞作家とは相性がよくないのだけれど、帯に惹かれて購入。〝消える妹、美術館に現れる双子の悪魔──。新・芥川賞作家が描く、幻想的でちょっと怖い世界〟 ... もっと読む

ファイナルガール

128
3.17
藤野可織 2014年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー「ブックサロン」で登場。 芥川賞受賞の時は、ホラー映画を見て待っていたという著者である、ゲスト藤野可織さんの最新作... もっと読む

いやしい鳥

127
3.24
藤野可織 2008年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このデビュー作は、ガーリーは抑えられ。 寓話でもない象徴でもない、とうとつなグロテスクが冴える。 「いやしい鳥」 何がどうなるかと思いきや、バト... もっと読む

ドレス

121
3.26
藤野可織 2017年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 いずれもシュールでダーク色の濃い作品8編が収められている。登場人物も読んでいる側も、ひょっとしたら日常から一歩踏み外した世界にいることに気付く寸前の恐怖... もっと読む

泥酔懺悔 (ちくま文庫)

105
3.36
朝倉かすみ 2016年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニヤニヤしながら読んでしまった 私の好きな作家さんと私の飲み方が似ていて嬉しかった 下戸の人の感覚も知れて楽しい本 もっと読む

名探偵登場!

94
2.59
筒井康隆 2014年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.6.15 読了 いろんな作家さんによる 探偵が 出てくる話のオムニバス。 ですが、私がアホなのか え?どういう意味?で終わる物語が 結構あ... もっと読む

ユリイカ 2013年7月号 特集=女子とエロ・小説篇

86
3.75
川上弘美 雑誌 2013年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子とエロ特集ということで購入。私もR-18文学賞が性に限定されなくなったことについて残念に思ったなーとか思いながら読んだ。短編競作は「「可愛いヨ、世里子... もっと読む

ユリイカ 2013年7月号 特集=女子とエロ・小説篇

86
3.75
川上弘美 雑誌 2013年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子とエロ特集ということで購入。私もR-18文学賞が性に限定されなくなったことについて残念に思ったなーとか思いながら読んだ。短編競作は「「可愛いヨ、世里子... もっと読む

12星座小説集 (講談社文庫)

79
2.67
橋本治 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12星座ものが好きなので、タイトルに惹かれて。 残念ながらほとんどが心に残らない物語でした。 何が言いたいのかサッパリ解らない作品もちらほら。私の肌に... もっと読む

ぼくは

70
3.40
藤野可織 2013年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●ぼくは きみ。/きみは ぼくじゃないけど、/ぼくは きみ。/ぼくは きみと ずっと いっしょ。 もっと読む

村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ

66
2.90
青山七恵 2014年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしはハルキストではないし、村上春樹の著書をあまり知らない。中学生の頃まだ読書嫌いだったあの頃無理矢理彼の著書を読まされて以来食わず嫌い、あまりいい記憶... もっと読む

おはなしして子ちゃん (講談社文庫)

60
3.64
藤野可織 2017年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

買ってそのままにしていた本。 小旅行に持っていったら面白くてええ?おおーと心の中急上昇しつつ一気に読んでしまった。 グロテスクでぞくぞくしたのに、... もっと読む
全61アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする