蜂飼耳のおすすめランキング

プロフィール

詩人・作家。1974年神奈川県生まれ。作品に、詩集『いまにもうるおっていく陣地』(紫陽社/中原中也賞)、『食うものは食われる夜』(思潮社/芸術選奨文部科学大臣新人賞)、『隠す葉』(思潮社)、小説『紅水晶』(講談社)、『転身』(集英社)、エッセイ集『孔雀の羽の目がみてる』『空を引き寄せる石』(以上、白水社)、『秘密のおこない』(毎日新聞社)、童話『のろのろひつじとせかせかひつじ』『クリーニングのももやまです』(以上、理論社)、絵本『うきわねこ』(ブロンズ新社)、翻訳絵本『おやゆびひめ』(偕成社)、『くるみわりにんぎょう』『ちょっぴりおかしなどうぶつえん』『みつばちさんと花のたね』(徳間書店)などがある。

「2018年 『きのうをみつけたい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蜂飼耳のおすすめランキングのアイテム一覧

蜂飼耳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー おやつ』や『うきわねこ』や『ひと粒の宇宙 (角川文庫)』など蜂飼耳の全70作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー おやつ

650
3.42
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

うきわねこ

622
4.23
蜂飼耳 2011年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011年発表。 えびおのお誕生日に、 おじいちゃんから届いた 「うきわ」。 それは、ただの 「うきわ」ではありませんでした。 ... もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

477
2.89
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

394
3.21
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

くらやみ こわいよ

181
3.70

感想・レビュー

子どもの頃、くらやみが怖かったな~と思い出しました。 挿絵も素敵。黒がとても効果的で。 子どもがもう少し大きくなったら、読んであげようかな。 もっと読む

ゆきがふる

174
4.03
蜂飼耳 2013年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞の書評でたいそう評価が高かったので読んでみた。 が、「これでいいの?」という何とも言えない後味に、正直戸惑っている。 「うきわねこ」がとても良かっ... もっと読む

方丈記 (光文社古典新訳文庫)

167
3.94
鴨長明 2018年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

方丈記の ゆく河の流れは絶えずして〜 の文章が好きで、手帳にも書いている。 有名なところのみ。 全部読んでみると方丈記って長いんだなという事を知った。 ... もっと読む

のろのろひつじとせかせかひつじ (おはなしルネッサンス)

143
3.61
蜂飼耳 2009年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

角田光代さんの書評に掲載されていて気になり読んでみました!おっとりしているのろのろひつじと、いつもせかせかしているせかせかひつじのお話。とっても優しい可愛... もっと読む

いなかのネズミとまちのネズミ (イソップえほん2)

122
3.84
蜂飼耳 2009年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作はイソップ童話のため、特に内容には言及せず… とにかく絵が可愛い! うっとりしながら眺めまわしてしまいました… もっと読む

紅水晶

110
3.66
蜂飼耳 2007年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歌人だけあって、言葉のチョイスが素晴らしい。圧倒される言葉の数々に、不思議な浮遊感を味わいました。 もっと読む

虫めづる姫君 堤中納言物語 (古典新訳文庫)

108
3.57
作者未詳 2015年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「源氏物語」の良さがわからない無粋な私ではありますが、この薄さで現代語ならば平安物も久しぶりだし…と手にしてみる。  光源氏の女性に対してのだらしなさ... もっと読む

くるみわりにんぎょう

91
3.92
E・T・A・ホフマン 2012年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵がすごく綺麗。 いろんなバージョンのお話があるのかなぁ。 もっと読む

食うものは食われる夜

86
3.82

感想・レビュー

今日の天気は、雲がかかり雨が降ったりやんだり、風が吹いたりやんだり、雨と風が降ったり吹いたり、外の音もあまり聞こえず静かなこんな日には少し不穏なこの詩集は... もっと読む

孔雀の羽の目がみてる

82
3.56
蜂飼耳 2004年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

処女エッセイ集だというが、この段階で既に蜂飼耳は完成していたのかな、と失礼なことを考えてしまった。それくらいスキがなく巧いエッセイ集だ。逆に言えば達者過ぎ... もっと読む

きたかぜとたいよう (イソップえほん5)

82
4.07
蜂飼耳 2011年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1年生の国語「むかしばなしをよもう」の教材で、紹介されている本です。 「きたかぜとたいよう」でも、いろんな本がでていますが、この本は 文章が簡潔でわかり... もっと読む

サロメ

81
3.96

感想・レビュー

 今週の日曜美術館(再)でモロー描くサロメに接し、サロメ愛が再燃する。  何処かの画廊で入手した詩画集があったはず。本棚から引っ張り出して鑑賞する。 ... もっと読む

転身

76
3.58
蜂飼耳 2008年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひらがなの「る」を書こうとしたら最後の返し部分をとめにできなかった。突き抜けて螺旋をぐるぐると描き、その上に自分が乗せられている錯覚に陥った。 目覚ま... もっと読む

秘密のおこない

70
3.81
蜂飼耳 2008年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良かった。蜂飼耳の日々のこと、本のこと、絵の事、作品のこと。彼女の詩集同様にどきりとする事が往々にしてある。特に本の紹介などで引用する箇所が絶妙に美しく良... もっと読む

ライオンとネズミ (イソップえほん3)

65
3.79
蜂飼耳 2009年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・この本はライオンとネズミが出てくるお話です。びっくりしたことは、ネズミがロープをかみちぎっていたのでびっくりしました。 もっと読む
全70アイテム中 1 - 20件を表示

蜂飼耳に関連する談話室の質問

ツイートする