西尾幹二のおすすめランキング

プロフィール

評論家。電気通信大学名誉教授。1935年東京生まれ。東京大学文学部独文科卒業。同大学院文学修士。文学博士。ドイツ文学者。ニーチェ、ショーペンハウアーの研究、翻訳をはじめ、文学、教育、社会、政治、国際問題等幅広く評論活動を行っている。最近では反原発を明確に打ち出し、人類の生命維持から訴えかける論点が注目されている。

西尾幹二のおすすめランキングのアイテム一覧

西尾幹二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『国民の歴史』や『新しい歴史教科書―市販本』や『ニーチェとの対話 ツァラトゥストラ私評 (講談社現代新書)』など西尾幹二の全208作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

国民の歴史

311
3.26
西尾幹二 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

物凄く長くて読んでいたら最初挫折しそうになったけど、著者の歴史はわからないという読者目線に支えられて非常にわかりやすい文体で日本の歴史を解説してくれた。か... もっと読む

新しい歴史教科書―市販本

221
3.28
西尾幹二 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

売られている、歴史教科書。 己の記憶とすり合わせてみましたが 一体どこがどう変わったのか、さっぱり。 これがどうして教科書として駄目なのか、も ... もっと読む

ニーチェとの対話 ツァラトゥストラ私評 (講談社現代新書)

134
3.56
西尾幹二 1978年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

も一回読みます。そして考えよう。 もっと読む

GHQ焚書図書開封

111
4.29
西尾幹二 2008年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人の奴隷売買の記事から出逢った本。真偽の前に、話題になっている本なので一読したいと思っています。 もっと読む

尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)

103
3.67
西尾幹二 2010年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

右派論客の偏向対談と捉えてしまっては惜しい。米中が通じている節があることや尖閣は安保で守られないからくり、ODA中止と見せての中国への迂回融資とか正しい指... もっと読む

個人主義とは何か (PHP新書)

66
3.76
西尾幹二 2007年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

個人のエゴイズムと社会の拘束力とのあいだのバランスを問題視し、文化や社会の側から人間を探求するのではなく、人間を先に考える。これはフロイト的である。そして... もっと読む

決定版 国民の歴史〈上〉 (文春文庫)

62
4.29
西尾幹二 2009年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人に欠落しているのはキリスト教を中心とするヨーロッパ文化の理解である。いつの時代にも差別はつきまとう。だが欧州白人による人種差別は全く文脈が異なるのだ... もっと読む

GHQ焚書図書開封〈2〉

50
4.13
西尾幹二 2008年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

運命で仕方ないとか、 運命論でくくるって、 さすが ニーチェ研究者らしいな。 もっと読む

決定版 国民の歴史〈下〉 (文春文庫)

44
4.33
西尾幹二 2009年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日本が悪い」と宣告したのは連合国であった。GHQは軍人・党人派政治家を始めとする保守層を公職から追放した。マッカーサーは共産党員を獄から放ち、援護射撃ま... もっと読む

ヨーロッパの個人主義―人は自由という思想に耐えられるか (講談社現代新書 176)

43
3.36
西尾幹二 1969年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西洋思想を表層的に取り込んだ明治維新後の日本の近代化は薄っぺらいと思われていることを知ったのは、本書を読んだ高二の時。進歩とニヒリズム、個人と社会、自由と... もっと読む

膨張するドイツの衝撃―日本は「ドイツ帝国」と中国で対決する

41
3.07
西尾幹二 2015年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜドイツが「ドイツ帝国」と言われるほど力を持つことができたのか、その理由について知りたかったのだが、特に書かれていない。ただ2人でドイツの悪口を言ってい... もっと読む

GHQ焚書図書開封3

36
4.25
西尾幹二 2009年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12巻まであるうちの3巻目… 12まであり、つぎも読むのか読まないのか悩む… 3巻目のメモ ・焚書図書から、 他国の兵士の悪業を取り上げて 比較して日... もっと読む

原子力村の大罪

36
3.38
小出裕章 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東電からもらったのは被害だけだ! もっと読む

異なる悲劇 日本とドイツ (文春文庫)

32
3.55
西尾幹二 1997年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安倍総理のFacebook投稿に付けられたコメントが話題になっています。 ”過去の事を周辺国に謝罪しない限り、あんた達がいつも叫んでいた「脱アジア」は絶... もっと読む

GHQ焚書図書開封6 日米開戦前夜

31
5.00
西尾幹二 2011年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカが日本を戦争へと導いた本当の狙いは何か? 現代の日本も当時と同様の力で影響され続けている。 その謎を探る。 日本が戦争を最後まで防ご... もっと読む

自ら歴史を貶める日本人 (徳間ポケット)

31
3.86
西尾幹二 2012年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人は、我々の歴史の真実を取り戻さなくてはならない。 すべての日本人が読むべき本。 もっと読む

新・国民の油断 「ジェンダーフリー」「過激な性教育」が日本を亡ぼす

28
3.36
西尾幹二 2005年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジェンダーフリーや男女共同参画を、筆者2人が対談でこきおろしている。筆者たちの思い込みと偏見に満ちた内容であり、ある意味笑える。ネタとして読む本。主張の趣... もっと読む

女系天皇問題と脱原発

28
4.00
西尾幹二 2012年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皇族の問題っていろんな意見があるんだな〜って単純に思った! それぞれを切り離して考えなきゃいけないときと、それぞれを関連つけて話さなきゃいけない場面がある... もっと読む

天皇と原爆 (新潮文庫)

28
3.30
西尾幹二 2014年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカの言いなりになるな、日本人としての矜持を持て、という主旨。題名がインパクトのあるもので思わず手に取ったが、内容はマッチングしたものではなかった。書... もっと読む

GHQ焚書図書開封5 ハワイ、満州、支那の排日

27
4.33
西尾幹二 2011年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

當時の日本が如何なる状況に置かれてゐたか。そしてアメリカの策略は。戰前の我が國について戰後教育は「日本が惡かつた」と刷り込みましたが、そんな自虐史觀から脱... もっと読む
全208アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする