西川美和のレビュー数ランキング

プロフィール

1974年広島県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。在学中から映画製作の現場に入り、是枝裕和監督などの作品にスタッフとして参加。2002年脚本・監督デビュー作『蛇イチゴ』で数々の賞を受賞し、2006年『ゆれる』で毎日映画コンクール日本映画大賞など様々の国内映画賞を受賞。2009年公開の長編第三作『ディア・ドクター』が日本アカデミー賞最優秀脚本賞、芸術選奨新人賞に選ばれ、国内外で絶賛される。2015年には小説『永い言い訳』で第28回山本周五郎賞候補、第153回直木賞候補。2016年に自身により映画化。

西川美和のレビュー数ランキングのアイテム一覧

西川美和のレビュー数のランキングです。ブクログユーザがレビューをした件数が多い順に並んでいます。
『永い言い訳』や『ゆれる』や『きのうの神さま』など西川美和の全33作品から、ブクログユーザのレビュー数が多い作品がチェックできます。

永い言い訳

2021
4.03
西川美和 2015年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夕べは途中でやめられなくなって結局夜中まで読んでしまった。寝不足である。おまけに最後は涙が止まらなくてぐちゃぐちゃになったせいで目も腫れてる冴えない顔で出... もっと読む

ゆれる

813
3.74
西川美和 2006年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とあるカフェに置いてあったので、パラパラとめくっていったら止まらなくなりました。でも全部読む時間もなく、残り半分は後日本屋で読んできてしまいました。 途... もっと読む

きのうの神さま

709
3.40
西川美和 2009年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編作品なのに、連作小説のよう。 それは田舎特有の閉塞感はどこも同じということなのか。 ほんの少しの毒というかきれいごとだけにはしない西川美和さん... もっと読む

永い言い訳 (文春文庫)

1111
3.97
西川美和 2016年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある日突然妻が死んだ。 親友と旅行中バスの事故で突然妻が死んでしまうが、そのとき夫は愛人といた。 冷めきった愛のない夫婦。 愛する妻を失... もっと読む

([に]1-1)ゆれる (ポプラ文庫)

584
3.87
西川美和 2008年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長年気になり続けていた作品。ようやく読んだが、予想以上の重さ、複雑さに脳が痺れ、うまく言葉が出てこない。 兄と弟のからまり合った愛憎に、更にからまり合う... もっと読む

その日東京駅五時二十五分発

396
3.53
西川美和 2012年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子どもの頃、近所に「女子挺身隊」だったというおばあちゃんがいた。 その人の話がやたらと面白くて、とにかくとことん明るく戦時中を語るのだ。 まぁ、なんの... もっと読む

([に]1-2)きのうの神さま (ポプラ文庫 日本文学)

420
3.37
西川美和 2012年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

離島や田舎の山村など、主に地域医療を題材にした短編集。 著者の西川さんは映画監督が本業で、この短編集に収録されている「ディア・ドクター」を原案とした同名... もっと読む

ゆれる <新装版> (文春文庫)

360
3.87
西川美和 2012年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふわふわした「ゆれる」じゃなかった。ごろり、ごろりと鈍く光る鉛の玉がゆっくりゆっくりと「ゆれる」感じだった。はじめは気がつかないほどの微かな揺れが、知らな... もっと読む

その日東京駅五時二十五分発 (新潮文庫)

207
3.41
西川美和 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の伯父の体験を元にした、 終戦の日を描いた作品。 感情を露わにするよりも、 命令だから特に何とも思わなかったと そんな気持ちになっている方が 怖いよ... もっと読む

映画にまつわるXについて (実業之日本社文庫)

160
3.78
西川美和 2015年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

取材や脚本の執筆、撮影など映画制作現場でのエピソードをはじめ、影響を受けた映画や本、作家について鋭い観察眼で描く、気鋭映画監督の初エッセイ集。 独特な空気... もっと読む

映画にまつわるXについて

119
3.86
西川美和 2013年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画にまつわるエッセイ集。ただし、後半は映画をネタにして、様々なところで発表した雑文で埋められている。「映画にまつわるX」だけだったら、読み応えがあったん... もっと読む

名作はいつもアイマイ

101
3.48
西川美和 2008年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後、ちょっと考えてしまうような面白い名作が並んでいるので、 初めて読む人は楽しめると思います。 残念だったのは、名作のいくつかが抜粋した状態... もっと読む

永い言い訳 (文春文庫)

127
4.30
西川美和 電子書籍 2016年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

AmazonPrimeVideoでもっ君主演の映画を見たのちに、映像では触れることのできない心の襞のようなものを確かめたくて読んだ本。本体は1人称と2人称... もっと読む

映画にまつわるXについて2

54
4.08
西川美和 2017年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり西川美和のエッセイはすごくよい。向田邦子好きならおすすめ。映画の裏話満載なんだけど、初めて観てから読んだのですごく楽しめた。主演の本木雅弘からのメー... もっと読む

韓国・朝鮮の知を読む

21
3.67
野間秀樹 2014年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 大部のブックガイドだが、通読するだけなら数日で済む文字量。  ここで挙げらている本を、半年前からすこしづつ読んでいる。日本語の本は月2冊程度で、朝鮮語... もっと読む

ゆれる (文春文庫)

17
3.83
西川美和 電子書籍 2012年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【吊り橋の上で、一体何が起きたのか。】映画界のみならず文壇でも注目を集める著者の小説処女作。女性の死をめぐる兄弟の相剋が、それぞれの視点から瑞々しく描かれ... もっと読む

その日東京駅五時二十五分発(新潮文庫)

9
5.00
西川美和 電子書籍 2015年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぼくは何も考えてない。ぼくは、何も何もできない。頑張って、モールス信号を覚えたって、まだ、空は燃えている - 。終戦の日の朝、19歳のぼくは東京から故郷・... もっと読む

永い言い訳 (文春e-book)

20
3.40
西川美和 電子書籍 2015年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映像が目に浮かぶ もっと読む

その日東京駅五時二十五分発

2
3.00
西川美和 電子書籍 2012年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の西川さんの叔父さんの戦争体験を元に小説にしたそうです。 戦争が終ったことを先に知っていた偉くない人がいた。ということに、驚きました。 戦争を知らない... もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする