西村賢太のおすすめランキング

プロフィール

西村賢太(1967・7・12~2022・2・5)
小説家。東京都江戸川区生まれ。中卒。『暗渠の宿』で野間新人文芸賞、『苦役列車』で芥川賞を受賞。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『随筆集一私小説書きの弁』『人もいない春』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『随筆集一私小説書きの日乗』『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『けがれなき酒のへど 西村賢太自薦短篇集』『薄明鬼語 西村賢太対談集』『随筆集一私小説書きの独語』『やまいだれの歌』『下手に居丈高』『無銭横町』『夢魔去りぬ』『風来鬼語 西村賢太対談集3』『蠕動で渉れ、汚泥の川を』『芝公園六角堂跡』『夜更けの川に落葉は流れて』『藤澤清造追影』『小説集 羅針盤は壊れても』など。新潮文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』角川文庫版『田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら他』を編集、校訂し解題を執筆。



「2022年 『根津権現前より 藤澤清造随筆集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村賢太のおすすめランキングのアイテム一覧

西村賢太のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『苦役列車 (新潮文庫)』や『苦役列車』や『暗渠の宿 (新潮文庫)』など西村賢太の全171作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

苦役列車 (新潮文庫)

3006
3.35
西村賢太 2012年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

次はこの作品を読もうと思っていた先月初め作者西村さんの訃報を知った。 父親が起こした性犯罪事件により故郷から逃げ母と姉とのアパート生活。 中学卒業後、日雇... もっと読む

苦役列車

2706
3.24
西村賢太 2011年1月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これって作者、西村賢太のことを書いた小説 だったんだねー!! いや、スゴい人だなぁー…。 苦役列車 落ちぶれて袖に涙のふりかかる の2本立て。 どちら... もっと読む

暗渠の宿 (新潮文庫)

931
3.64
西村賢太 2010年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作は野間文芸新人賞受賞作なのだが、私には併録作の「けがれなき酒のへど」のほうがはるかに面白かった。 表題作は、主人公の男(作者の分身)が同居中の恋人... もっと読む

小銭をかぞえる (文春文庫)

870
3.65
西村賢太 2011年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんとにクズだ。クズ男の話だった。 しかもこれが私小説だって言うんだからこの作者なんなの?読んでて胸くそ悪くてどうしょうもなかったけどそれを最後まで一気に... もっと読む

二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)

546
3.71
西村賢太 2010年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、友人の古本屋の店主と話している中で 「お前みたいなのは西村賢太を読め」というようなことを言われた。 西村賢太とは先日芥川賞をとっていきなり時の人と... もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

498
2.89
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

どうで死ぬ身の一踊り (講談社文庫)

464
3.66
西村賢太 2009年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。芥川賞を受賞した『苦役列車』よりこの『どうで死ぬ身の一踊り』のほうが文学性は高いように思う。美しく端正な日本語を操り純文学の香りを持ちながらも、内容... もっと読む

廃疾かかえて (新潮文庫)

370
3.75
西村賢太 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いずれ罵倒語一覧をつくる。 もっと読む

本なんて!作家と本をめぐる52話

329
3.26
芥川龍之介 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を3... もっと読む

人もいない春 (角川文庫)

327
3.69
西村賢太 2012年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数か月前に芸人のサスペンダーズ古川さんのnoteで日雇い日記を読んでたことを思い出して、読みたくなった西村さんの私小説。 貫太の不器用ですぐ怒ったりする... もっと読む

寒灯

221
3.60

感想・レビュー

所謂「秋恵」もの4つ。 どれを切っても面白いんだけど、金太郎飴みたいな感じ。 作家になって以降の小説がほとんどないから、今ものすごいお金が入ってその後... もっと読む

どうで死ぬ身の一踊り (新潮文庫)

172
3.66
西村賢太 2012年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半分まではこれまで読んだ西村作品ではなく藤澤セイ造に対しての思いを綴った一冊なのかと思いきや、案の定のゾワゾワする読感が待っていた。 因に手に入れた... もっと読む

西村賢太対話集

170
3.75
西村賢太 2012年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

急逝され追悼コーナーができて、ようやく手に取った。直木賞受賞作「苦役列車」は題名で手に取るのを躊躇い、対話集を。初っ端が町田康氏。様々な人々との対話が掲載... もっと読む

どうで死ぬ身の一踊り

167
3.38
西村賢太 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

藤澤清造に傾倒する西村の私小説。墓標を自室に飾ったり、ひどいDVをしたり。ホントに常識の概念に縛られない。 もっと読む

随筆集 一私小説書きの弁 (新潮文庫)

157
3.07
西村賢太 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 同著者の文庫化した小説を読み終えてしまった。小説に限らず同著者の書いたものを読んでみたいと思ったところへこの本が文庫として出版されており、購入。  著... もっと読む

棺に跨がる

157
3.46
西村賢太 2013年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず安心して読める。人間の業など変わらないのだと。もの悲しいその小説の結でさえ、偉大なるマンネリとして「いつも通り」の結句。だけどその人間の出自から... もっと読む

小銭をかぞえる

153
3.75
西村賢太 2008年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公はなんて嫌な男だろう!すべての男のもっている「馬鹿で子供で役にたたなくて小心で卑怯で、全く無駄に純粋」なエッセンスが凝縮されてる‥すごくムカムカしま... もっと読む

苦役列車

151
3.70
西村賢太 電子書籍 2011年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西村さんが亡くなり、彼の評価を目にする機会が増えたので読んでみました。 彼と出身地が同じで親近感を覚えたのです。 私が学生時代バイトをしていた地元のお店... もっと読む

歪んだ忌日

149
3.36
西村賢太 2013年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私のブログ http://blog.livedoor.jp/funky_intelligence/archives/1998052.html から転載... もっと読む

暗渠の宿

136
3.50

感想・レビュー

✩4つ いやはやなんともかんともどうしてよいかわからない、というのがこの本の正直な感想である。面白くないことはない。いやむしろ面白い本の仲間に入る。... もっと読む
全171アイテム中 1 - 20件を表示

西村賢太に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×