西條奈加のおすすめランキング

プロフィール

西條奈加(さいじょう・なか)
1964年北海道生まれ。2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。
12年に『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞、15年には『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞した。
2021年『心淋し川』で第164回直木賞を受賞。他著に「善人長屋」シリーズ、『九十九藤』『無暁の鈴』『睦月童』などがある。

「2022年 『亥子ころころ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西條奈加のおすすめランキングのアイテム一覧

西條奈加のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『心淋し川』や『まるまるの毬 (講談社文庫)』や『まるまるの毬』など西條奈加の全271作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

心淋し川

3056
3.72
西條奈加 2020年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年下期直木賞受賞作品 最近、感性を磨くためにと言ったら少し大げさだが、女性作家の作品を読むようになった。つーことで直木賞受賞作品ということもあり... もっと読む

まるまるの毬 (講談社文庫)

1036
4.01
西條奈加 2017年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本なので、映像は出てこない。 でも、お君ちゃんは明るくて人気者、かわいかったのだろうな、と読み取れます。 応援したくなります。 時代が古い設定なので(時... もっと読む

まるまるの毬

604
3.91
西條奈加 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

続編が出ているのを知り、久しぶりの再読。詳細を忘れていたので新鮮な気持ちで読めた。 麹町六丁目裏通りにある菓子屋〈南星(なんぼし)屋〉。 治兵衛と... もっと読む

千年鬼 (徳間文庫)

577
3.87
西條奈加 2015年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「鬼の芽は、鬼ではなく人に宿る」 過去世を見せて、鬼の芽を集める小鬼と黒鬼の話が短編集のように綴られていく。 ファンタジーのような、昔話のような、可愛らし... もっと読む

無花果の実のなるころに (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)

514
3.44
西條奈加 2013年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『九十九藤』で魅了された著者の、現代ミステリーを初読み。 元芸者でいまでも粋なお蔦さんとその孫という、ユニークな組み合わせの二人が主人公。 舞台は神楽... もっと読む

千年鬼

511
3.78
西條奈加 2012年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弟を探して森にやってきた民と会った小鬼。 黒鬼に頼み、禁断の過去見をして、民の弟の居なくなった時を見せた。 それは、悲しい現実であった。 それが元で、民は... もっと読む

金春屋ゴメス (新潮文庫)

507
3.73
西條奈加 2008年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゴメスにもってかれる。それが楽しい。性別が秀逸。モブめいた地味な描かれ方なのにジワジワ主人公の周囲の人物達が魅力的に格好よく感じられるようになってくる匙加... もっと読む

亥子ころころ

474
3.82
西條奈加 2019年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「まるまるの毬」の続編。 〈南星屋〉は店主で菓子職人の治兵衛、娘のお永、孫のお君の家族三人で営む小さな菓子屋。看板菓子はなく、治兵衛がこれまで諸国を巡っ... もっと読む

無花果の実のなるころに

412
3.48
西條奈加 2011年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さいきん祖父母×孫の組み合わせが、私の中で勢いを増している。 そんなところに、この本。どんぴしゃでした……! 主人公・望とおばあちゃんのお蔦さん、... もっと読む

隠居すごろく

399
4.13
西條奈加 2019年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

隠居生活を始めた糸問屋の徳兵衛だが、商売一筋だったため趣味もなく無聊をかこっていた。そこへやって来た孫の千代太が、生来の優しさから野良犬を連れてきたのが始... もっと読む

善人長屋 (新潮文庫)

386
3.88
西條奈加 2012年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心が温かくなっり、笑いが、自然と笑顔が出てきます。 善人長屋シリーズの1作目 2018.11発行。字の大きさは…大活字。2022.06.11~18音読... もっと読む

金春屋ゴメス

367
3.65

感想・レビュー

2冊目の西條奈加さん。 直木賞受賞作はしばらく無理なので、高校の先生が推薦してたこの本を。 前回の作品とはまた違ったイメージでした。面白かったです。続編読... もっと読む

三途の川で落しもの

356
3.47
西條奈加 2013年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

橋から落ちて意識不明の小学生・叶人は、 ふらふらと三途の川まで来てしまった。 なぜか現世に執着を持たないように見える彼なのだが、その訳は? そして、... もっと読む

猫の傀儡(くぐつ)

352
3.97
西條奈加 2017年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新しく猫町の傀儡師となった、ミスジ。 傀儡の阿次郎を使い、猫世界の平穏を保とうとする、連作短編集。 おもしろかった。 とにかく暇で、察しがよ... もっと読む

秋葉原先留交番ゆうれい付き

351
3.59
西條奈加 2015年10月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ化されても面白い本だと思う。凸凹コンビプラスゆうれいで、普通の捜査では解決出来ない事件で活躍して欲しい❗️ もっと読む

善人長屋

343
3.59
西條奈加 2010年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全員が裏稼業を持つ長屋の住人は、それをひた隠しにしながら日々、暮らしている。 「善人長屋」と呼ばれるその長屋に、思い違いで入居した、錠前師の加助は、度を越... もっと読む

睦月童(むつきわらし)

343
3.49
西條奈加 2015年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議な力を持った女の子と彼女に助けられた大店の跡取り息子が主人公の時代ファンタジー。 イオがとても可愛らしくほのぼの進んでいくかと思いきや、段々雲行きが... もっと読む

烏金 (光文社時代小説文庫)

327
3.89
西條奈加 2009年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【収録作品】烏金/勘左のひとり言  金を貸すだけではなく、それを生かす方法も教える浅吉の知恵と度胸が好もしい。地に足をつけて生きることで得られる充実感が... もっと読む

いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記)

315
3.67
西條奈加 2013年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神楽坂を舞台に繰り広げられる人情ミステリー第二弾。 前作も良かったけど、今回はもっと良かったです。 ある日突然家族が行方不明になり、 一人残された有斗を... もっと読む

烏金

300
3.76

感想・レビュー

烏金とは、金を、明烏のカァで借り、夕方のカァで返すことから、こう呼ばれる。 因業な金貸し婆、お吟のもとに現れた若い男、浅吉。何やら、秘密がありそう。それも... もっと読む
全271アイテム中 1 - 20件を表示

西條奈加に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×