西部邁の文庫本一覧

プロフィール

西部 邁(にしべ すすむ)
1939年3月15日 – 2018年1月21日
北海道生まれ。北海道札幌南高等学校卒業後、東京大学入学。60年安保闘争に参加し、新左翼運動を先導。しかし61年3月に左翼過激派と決別。東京大学大学院経済学研究科理論経済学専攻修士課程修了。

東京大学教養学部教授時代の1988年に中沢新一さんの助教授採用をめぐる採決(否決)に抗議して大学を辞職。以降評論活動を続ける。「朝まで生テレビ」に出演してお茶の間にも名を馳せた。
主な受賞歴として、1983年『経済倫理学序説』で吉野作造賞、1984年『生まじめな戯れ』でサントリー学芸賞、1992年第8回正論大賞、2010年『サンチョ・キホーテの旅』により芸術選奨文部科学大臣賞。
(2018年5月10日最終更新)

西部邁の関連サイト

西部邁の文庫本一覧のアイテム一覧

西部邁の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『知性の構造 (ハルキ文庫)』や『思想の英雄たち―保守の源流をたずねて (角川春樹事務所 ハルキ文庫)』や『虚無の構造 (中公文庫)』など西部邁の全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

知性の構造 (ハルキ文庫)

114
3.70
西部邁 2002年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすい。 もっと読む

思想の英雄たち―保守の源流をたずねて (角川春樹事務所 ハルキ文庫)

85
3.42
西部邁 2012年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(推薦者コメント) 「保守」という観点から哲学者や思想家を考えるという捉え方が興味深い。「保守」とは何だろうか、を考える人へ。 もっと読む

虚無の構造 (中公文庫)

81
3.59
西部邁 2013年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「君たち、こういうことじゃないかね? どうだい」と先生に語りかけられているような感じだった。虚無と向き合うのは痛切な痛みを伴う。決して快いものではない。し... もっと読む

愛国心 (講談社プラスアルファ文庫)

49
3.30
田原総一朗 2005年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田原総一郎、西部邁、姜尚中の3人が、愛国心というテーマについて論じた鼎談です。 西部は、個人が歴史の中に深く根づいている存在であることを自覚するとこ... もっと読む

知識人の裏切り ─どこまで続く、平成日本の漂流

44
3.43
西部邁 2010年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あえて避けてきていた感のあるタイプの本です。 なんというか、苦手と思っていたタイプのひとの話を聞くと、 自分の欠点が見えてくるってのはありますね。... もっと読む

保守思想のための39章 (中公文庫)

38
3.60
西部邁 2012年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お小遣い稼ぎにチョロチョロッと書きました的な。 もっと読む

福澤諭吉 - その報国心と武士道 (中公文庫)

37
4.67
西部邁 2013年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

去る1月21日、多摩川に身を投じた西部邁先生の旧著。個人主義や民主主義を啓蒙した開明的思想家としての福澤像が、戦後知識人達の色眼鏡を通した虚像であることを... もっと読む

大衆への反逆 (文春学藝ライブラリー)

36
4.00
西部邁 2014年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【保守論壇重鎮の初期代表作】田中角栄論、オルテガ論などを収めた、著者の原点を示す最初の評論集。「大衆化した保守主義」までを容赦なく斬る。 もっと読む

生まじめな戯れ―価値相対主義との闘い (ちくま文庫)

26
3.17
西部邁 1992年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雑誌『エコノミスト』に連載された著者の文明批評的なエッセイなどを収録した本です。おそらく編集者の意図としては、もう少し時評的なエッセイを期待していたのでは... もっと読む

戦争論―暴力と道徳のあいだ (ハルキ文庫)

22
3.33
西部邁 2002年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

反米保守の立場を貫く著者が、湾岸戦争とアフガン戦争およびイラク戦争についての考察を展開しています。 アメリカで起こった同時多発テロの後、ブッシュ大統... もっと読む

アメリカの大罪 (小学館文庫)

21
3.40
西部邁 2003年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“日本人がこの邪教の御先鋒を担ぐ破目になっているのは、あっさりいって、あの対米敗戦のトラウマから、つまり精神的外傷から、脱け出せないでいるからにほかならな... もっと読む

思想史の相貌 (徳間文庫―教養シリーズ)

17
3.33
西部邁 1997年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ 【要約】 ・ 【ノート】 ・ もっと読む

死生論 (ハルキ文庫)

15
3.60
西部邁 1997年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニヒリズムを越えて もっと読む

六〇年安保 センチメンタル・ジャーニー (文春学藝ライブラリー)

13
5.00
西部邁 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年初頭に入水自殺した60年安保世代のセンチメンタルジャーニー。同時代のブント同志諸氏への追悼文。 一読した印象で強く感じたのは、著者が60年安保闘... もっと読む

人間論 (PHP文庫)

12
3.00
西部邁 1996年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保守主義が依拠するべき人間理解についての哲学的考察をおこなっています。 ウィトゲンシュタインは、言語は慣習の体系だと語りました。これを受けて著者は、... もっと読む

大衆への反逆 (PHP文庫)

12
4.00
西部邁 1991年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・文春メルマガ 【期待したもの】 ・ゴトケンの平成政治史を読んでて思った「世論って何?誰?」。 【要約】 ・ 【ノート】 ・ 【目次】 もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする