見城徹のおすすめランキング

プロフィール

幻冬舎代表取締役社長。1950年12月29日静岡県清水市(現:静岡市清水区)生まれ。 静岡県立清水南高等学校を卒業し、慶應義塾大学法学部に進学。大学卒業後、廣済堂出版に入社。初めて自身で企画した『公文式算数の秘密』が38万部のベストセラーに。75年、角川書店に入社。「野性時代」副編集長を経て、「月刊カドカワ」編集長に就任、部数を30 倍に伸ばす。5本の直木賞作品を始め数々のヒット作を生み出し、41歳にして取締役編集部長に。 93年、角川書店を退社し、幻冬舎を設立。五木寛之『大河の一滴』、石原慎太郎『弟』、唐沢寿明『ふたり』、郷ひろみ『ダディ』、天童荒太『永遠の仔』、村上龍『13歳のハローワーク』、劇団ひとり『陰日向に咲く』、長谷部誠『心を整える。』、渡辺和子『置かれた場所で咲きなさい』など26年間で25冊ものミリオンセラーを世に送り出す。著書に『編集者という病い』、『異端者の快楽』、『たった一人の熱狂』、藤田晋との共著に『憂鬱でなければ、仕事じゃない』『絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ』、松浦勝人との共著に『危険な二人』、林真理子との共著に『過剰な二人』などがある。

「2020年 『読書という荒野』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見城徹のおすすめランキングのアイテム一覧

見城徹のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『憂鬱でなければ、仕事じゃない』や『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』や『読書という荒野 (NewsPicks Book)』など見城徹の全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

憂鬱でなければ、仕事じゃない

3258
3.85
見城徹 2011年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事に対して「ギラギラ」「メラメラ」「グツグツ」している人にフィットする一冊です。憂鬱から抜け出すには暗闇でジャンプし続けるしかない。ストイックに努力した... もっと読む

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

1270
3.64
見城徹 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 「憂鬱でなければ仕事じゃない」の第二弾。 前作同様、仕事にすべてを捧げている男2人の熱い内容だった。 正直、自分のビジネススタイルはこ... もっと読む

読書という荒野 (NewsPicks Book)

1262
3.58
見城徹 2018年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻冬舎の社長・見城徹氏の自叙伝的、読書論的なビジネス書のようなもの。 大体において、「お前ら!俺の言うことを聞け!」的な文体なのだが、ここまで断定的に言... もっと読む

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

844
3.83
見城徹 2015年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 「憂鬱でなければ仕事じゃない」でお馴染みの、幻冬舎・見城社長の本。 圧倒的努力を持って日々圧倒的な結果を出し、仕事に本気で向き合い、朝から晩まで... もっと読む

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

633
3.66
見城徹 2016年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 一つ前の読書は、会社で働くことに馴染めず、絶版本を再び世に送る出版社を一人で始めた人の話だった。  打って変わって本書は、幻冬舎を設立した社長の話... もっと読む

憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)

525
3.75
見城徹 2013年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【読み終わって感じたこと】 憂鬱じゃないと、不安になるという考え方は自分の発想になかったので、とても新鮮だった。やはり最後には目標を成し遂げたいと思う気持... もっと読む

編集者という病い

415
3.38
見城徹 2007年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津田沼ブックオフ  もっと読む

編集者という病い (集英社文庫)

357
3.66
見城徹 2009年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり見城徹さんは面白い人ですね。 先日読んだ「読書という荒野」が非常に面白かったので著者「見城徹」をもっと知って見たくなって…そして二作目。 まぁ「... もっと読む

過剰な二人

302
3.62
見城徹 2015年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何故早くこの本に出会わなかったのだろう〜 いやいや今だからこそいいのかもしれない。 初版が2015年だから。 ずっと林真理子を読んできた、見てきたという錯... もっと読む

絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ (講談社+α文庫)

222
3.77
見城徹 2013年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

見城さんの本に、言葉にいつも励まされます。 夜、自分1人が残った会社で働く時、「ここからが仕事や!」と自分を鼓舞できるのも、 負けそうな商談で最後まで戦... もっと読む

読書という荒野 (幻冬舎文庫)

143
3.73
見城徹 2020年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫版じゃない方を持ってはいたが、表紙に釣られて文庫版も買ってしまった。。。 でもお陰で2回目を読む事になりました。何回読んでも熱中して読んでしまう。 もっと読む

異端者の快楽

132
3.70
見城徹 2008年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おっさんが過去を振り返ると鼻持ちならない自慢話になりがちだが、ここまで壮絶だとそういうイヤミもない。対談など、他者とのやりとりの中で、より鮮明に見城イズム... もっと読む

読書という荒野 (NewsPicks Book)

108
3.60
見城徹 電子書籍 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごい人で情熱的なのはわかる。幻冬舎の見城徹の読書論だ。角川春樹の弟子だったのは知らなかった。少し武勇伝が多めだし古い学生運動の時代の話しは想像もつかん。... もっと読む

たった一人の熱狂 (幻冬舎文庫)

102
3.60
見城徹 電子書籍 2016年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年50冊目。満足度★★★☆☆ もっと読む

過剰な二人 (講談社文庫)

63
3.78
林真理子 2018年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自己顕示欲への刺激! これにもってこいの本書 やりたいことをやろう。 もっと読む

憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)

55
3.77
見城徹 電子書籍 2013年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一流の経営者の矜持を垣間見ることができた。 また、自分がいかに足りていないのかまざまざと突き付けられた気分。 まだまだ自分にはできることがある。やるべ... もっと読む

異端者の快楽 (幻冬舎文庫)

55
3.40
見城徹 2019年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

‪『異端者の快楽』読む前から分かってたが、箕輪さん解説痺れた。‬ ‪「見城徹という猛毒」を一度体内に入れ込むと、戻れない人生がある。‬ ‪先日、箕輪さ... もっと読む

危険な二人 (幻冬舎文庫)

50
3.47
見城徹 2017年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こうゆう対談本はカッコ良いことを言って感化させがちであるが、この本は普通のことを言っていたり弱い部分も曝け出したり、随所に人間らしさが垣間見れた。またトピ... もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×