角岡伸彦のおすすめランキング

プロフィール

1963年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。神戸新聞記者などを経てフリーに。著書に『被差別部落の青春』(講談社文庫)、『ホルモン奉行』(新潮文庫)、『はじめての部落問題』(文春新書)、『とことん!部落問題』(講談社)、『ふしぎな部落問題』(ちくま新書)、『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(小学館文庫)、共著に『百田尚樹「殉愛」の真実』(宝島社)などがある。『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』で第33回講談社ノンフィクション賞受賞。

「2017年 『ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角岡伸彦のおすすめランキングのアイテム一覧

角岡伸彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『はじめての部落問題 (文春新書)』や『被差別部落の青春 (講談社文庫)』や『百田尚樹『殉愛』の真実』など角岡伸彦の全23作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

はじめての部落問題 (文春新書)

254
3.39
角岡伸彦 2005年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『そもそも部落とは何なのか。差別は解消したのか。同和教育の功罪は?初歩から考える』この問題は非常にデリケートなものなんですが、今でもこういう問題があるとい... もっと読む

被差別部落の青春 (講談社文庫)

204
3.56
角岡伸彦 2003年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 著者の角岡さんは、元新聞記者であり、被差別部落の出身者。この本では、被差別部落出身の角岡さんが、被差別部落内外の人々に取材して、現代の部落の様子を描き、... もっと読む

百田尚樹『殉愛』の真実

177
3.54
角岡伸彦 2015年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず断っておかなければいけない。騒動の元になった作品で ある百田尚樹『殉愛』を読んでいない。だって百田尚樹なの だもの。『黄金のバンタムを破った男』で... もっと読む

ふしぎな部落問題 (ちくま新書)

101
3.61
角岡伸彦 2016年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

出身地とか親子関係とかであれこれ言われる世の中は、いったいいつまで続くのでしょうか。 もっと読む

ゆめいらんかね やしきたかじん伝

93
3.74
角岡伸彦 2014年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中高生の頃、ラジオで鶴瓶さんと息の合った掛け合い漫才のようなトークを聴いて、大好きになりました。でも、いつからか、どちらかと言うと嫌いになりました。暴君の... もっと読む

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦

59
3.92
角岡伸彦 2012年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近所の図書館にないのでリクエストしたら、去年の本ではあるが珍しく購入になったようだ。『とことん!部落問題』とか、『ホルモン奉行』とか、『カニは横に歩く』な... もっと読む

ホルモン奉行 (新潮文庫)

58
3.56
角岡伸彦 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) ホルモンたずねて三千里!日本列島はもちろんのこと、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、世界各国をまたにかけた、うまくて熱い... もっと読む

カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀

56
3.75
角岡伸彦 2010年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は作家の角岡伸彦氏が実際に介助者として、あるいは取材者として27年もの間関わり続けた障害者運動団体「青い芝の会」を通して、あるがままの生」という遠大な... もっと読む

とことん!部落問題

31
3.67
角岡伸彦 2009年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初はおもしろく読んだけどあとはななめ読み。 もっと読む

被差別部落の青春

30
3.36
角岡伸彦 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

部落問題が身近に感じられる。難しくない。 もっと読む

ホルモン奉行

24
3.11
角岡伸彦 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

肉に興味があったのではなく、被差別部落、在日韓国・北朝鮮人と肉との関係に興味があった。 もっと読む

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦 (講談社+α文庫)

22
4.20
角岡伸彦 2017年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

部落解放運動の幹部で暴力団の構成員。ともすればバイアスかけまくりの話になりそうなところ、どこまでも中立・冷静な筆致で書かれている。話がどちらかに傾きそうに... もっと読む

ピストルと荊冠 〈被差別〉と〈暴力〉で大阪を背負った男・小西邦彦 (講談社+α文庫)

2
3.50
角岡伸彦 電子書籍 2017年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

飛鳥会事件について、たかじんのノンフィクションを書いたことでおなじみの角岡伸彦さんが追いかけたノンフィクション作品です。 この舞台になっている、飛鳥... もっと読む
全23アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする