角幡唯介の文庫本一覧

プロフィール

角幡 唯介(かくはた ゆうすけ)
1976年、北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。同社退社後、ネパール雪男捜索隊隊員。『空白の五マイル』(集英社)で開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で新田次郎文学賞受賞。『アグルーカの行方』(集英社)で講談社ノンフィクション賞受賞。

「2014年 『地図のない場所で眠りたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角幡唯介の文庫本一覧のアイテム一覧

角幡唯介の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫)』や『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極 (集英社文庫)』や『雪男は向こうからやって来た (集英社文庫)』など角幡唯介の全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫)

558
4.08
角幡唯介 2012年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アドベンチャーはよくわかる。でも命がけの「冒険」がわからない。もっぱら危険が目的のように見える冒険がわからない。加藤文太郎や植村直己などの帰ってこなかった... もっと読む

地図のない場所で眠りたい (講談社文庫)

150
3.69
高野秀行 2016年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探検部出身の作家二人が語る、仕事の流儀!  探検部卒の人気ノンフィクション作家、高野秀行と角幡唯介。未知の世界への憧れを原動力に、高野は混沌とした人の渦... もっと読む

探検家の憂鬱 (文春文庫)

113
3.61
角幡唯介 2015年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.5.5一箱古本市で購入。 もっと読む

探検家の日々本本 (幻冬舎文庫)

72
3.95
角幡唯介 2017年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 チベットの奥地、ツアンポー渓谷で死と隣り合わせの遡行を経験した筆者は、自然とは死であると思い至った。  しかし、ある本を読んだことで、母親にとっては子... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示

角幡唯介に関連する談話室の質問

ツイートする