角幡唯介の人気ランキング

プロフィール

角幡 唯介(かくはた ゆうすけ)
1976年、北海道芦別市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、朝日新聞社に入社。同社退社後、ネパール雪男捜索隊隊員。『空白の五マイル』(集英社)で開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『雪男は向こうからやって来た』(集英社)で新田次郎文学賞受賞。『アグルーカの行方』(集英社)で講談社ノンフィクション賞受賞。

「2014年 『地図のない場所で眠りたい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角幡唯介の人気ランキングのアイテム一覧

角幡唯介の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『極夜行前』や『母の友 2018年11月号 特別企画「子どもに聞かせる一日一話」』や『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』など角幡唯介の全55作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

母の友 2018年11月号 特別企画「子どもに聞かせる一日一話」

12
5.00
中川李枝子 雑誌 2018年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子育て中に力をくれた本、子供に聞かせる1日1話の2本立て。大人も子供も欲する物語や本についてたっぷり味わえる。 ぐりとぐらの作者、中川李枝子さんへのイン... もっと読む

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

2
5.00
角幡唯介 電子書籍 2013年3月8日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 500

感想・レビュー

すべての事はもう一度行われている すべての土地はもう人が辿り着いている ――――― 『マニアの受難』 ムーンライダーズ 今どき探検家ほど活躍が難しい職業... もっと読む
チベットの奥地、ツアンポー川流域に「空白の五マイル」と呼ばれる秘境があった。そこに眠るのは、これまで数々の冒険家たちのチ... もっと読む

極夜行 (文春e-book)

26
4.50
角幡唯介 電子書籍 2018年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

極夜のグリーンランドを3ヶ月弱、犬と共に旅した筆者のルポ。途中何度も本気で死にかかってて、今まで読んだ高野さんの探検物とはまた違う本気度が垣間見えて最後ま... もっと読む

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫)

39
4.20
角幡唯介 電子書籍 2012年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高野秀行さんの、早稲田大学探検部の後輩、ということで、似た系統かと思いきや、高野さん的エンタメ要素はかなり薄く、割と硬派(?)に自身の探検を書いたものでし... もっと読む

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極

347
4.10
角幡唯介 2012年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1845年、北西航路の開拓のため、129人を率いて出発したイギリスのフランクリン探検隊は、幻の航路発見には至らないまま全員が消息を絶った。 フランクリン... もっと読む

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む (集英社文庫)

558
4.08
角幡唯介 2012年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アドベンチャーはよくわかる。でも命がけの「冒険」がわからない。もっぱら危険が目的のように見える冒険がわからない。加藤文太郎や植村直己などの帰ってこなかった... もっと読む

極夜行

592
4.07
角幡唯介 2018年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒険自体は本当にすごいと思う。何ヶ月も太陽が昇らない極夜が続く北極圏への単独行。何度も危機に陥りながら生還し、太陽を仰ぎ見たときの感慨はいかばかりか、想像... もっと読む

空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む

641
4.06
角幡唯介 2010年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初、角幡さんの探検記。 まさに探検、冒険という名にふさわしい、命をかけた壮絶な記録だった。 世界最大のツアンポー峡谷に、2002年と2009年、二度に... もっと読む

アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極 (集英社学芸単行本)

16
4.00
角幡唯介 電子書籍 2012年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100年以上前に北極航路を探検中に隊全員が死亡したという フランクリン隊の足跡を追って、同じような経路を日本人探検家二人が北極を徒歩で歩いた記録。 北... もっと読む

探検家の日々本本 (幻冬舎単行本)

8
4.00
角幡唯介 電子書籍 2015年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探検家角幡氏の書評集。彼のノンフィクションはいくつか読んでいるが、この本の方がより彼の哲学・思想とい売ったものに近づけた印象。 角幡氏というフィルターを通... もっと読む

漂流

6
4.00
角幡唯介 電子書籍 2016年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2度漂流し、未だに行方が分かっていない沖縄の漁師、木村実の半生を書きだしたルポルタージュ。 木村氏の故郷の風景、産業、歴史といった、マクロの視点から... もっと読む

地図のない場所で眠りたい (講談社文庫)

5
4.00
高野秀行 電子書籍 2016年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

早稲田大学探検部OGで現役の探検家による対談。最高のひとこと。冒険本について語ったりなどする。とにかく最高。全ての人に薦めたい。 もっと読む

探検家の日々本本

1
4.00
角幡唯介 電子書籍 2017年6月9日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 618
人生をつつがなく平凡に暮らしたいなら本など読まないほうがいい。しかし、本を読んだほうが人生は格段に面白くなる――。人類未... もっと読む

探検家の日々本本

87
3.96
角幡唯介 2015年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までに出会った最高の読書ガイド! 紹介されている本のほとんどすべてをAmazonでブックマークした! ありがとう! 久々の★★★★★!! もっと読む

探検家の日々本本 (幻冬舎文庫)

72
3.95
角幡唯介 2017年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 チベットの奥地、ツアンポー渓谷で死と隣り合わせの遡行を経験した筆者は、自然とは死であると思い至った。  しかし、ある本を読んだことで、母親にとっては子... もっと読む
全55アイテム中 1 - 20件を表示

角幡唯介に関連する談話室の質問

ツイートする