角田光代のおすすめランキング

プロフィール

角田 光代(かくた みつよ)。
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。

角田光代の関連サイト

角田光代のおすすめランキングのアイテム一覧

角田光代のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『八日目の蝉 (中公文庫)』や『対岸の彼女 (文春文庫)』や『空中庭園 (文春文庫)』など角田光代の全542作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

八日目の蝉 (中公文庫)

13561
3.82
角田光代 2011年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すっごくよかった。 許す、ということがテーマの小説だと思う。 生きていると、どうしようもないことがある。 みんな幸せになりたくて、だけど自分が幸せになる... もっと読む

対岸の彼女 (文春文庫)

7245
3.63
角田光代 2007年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今この本に出会えて本当によかったと思う。 前に進むことに迷いが生じる年齢に差し掛かった自分に、また新たな一歩を踏み出す原動力をくれた気がします。 ... もっと読む

空中庭園 (文春文庫)

5226
3.29
角田光代 2005年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新興住宅地に住む幸せそうな家族。父、母、姉、弟、祖母、父の愛人のそれぞれの視点から話は綴られる。 何でもオープンに話し、色んなイベント毎に近くの商業施設... もっと読む

八日目の蝉

5093
3.90
角田光代 2007年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとなく想像していたのとは全く印象の違う物語だった。 角田さんはやっぱりすごいなと思う。 何も言えなくなってしまうのだ。登場人物がしでかしたことに。 あ... もっと読む

紙の月 (ハルキ文庫)

3757
3.61
角田光代 2014年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自己肯定感の喪失を埋めるための過剰な消費と、それが生み出す罪への無関心。 この心理は共感しにくいけど、分析が緻密で引き込まれます。 特に、問題を先延ば... もっと読む

さがしもの (新潮文庫)

3723
3.71
角田光代 2008年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮文庫の夏のフェアの冊子をペラペラと捲り、何か面白い本はないかと思っていた時に目に付いたこの本。人と本の様々な出会いについて書かれた短編集。 自分は体... もっと読む

対岸の彼女

3097
3.56
角田光代 2004年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生時代も社会に出てからも女って面倒くさい。運良く私は学生時代にトラブルはなかったし、中学からの友達と今でも一番付き合いがある。そして、この人は信頼できる... もっと読む

紙の月

2698
3.71
角田光代 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜこんなことになってしまったのか? あの時こうしていなければ、あの人に出会わなければ、今は全く違っていたかもしれない。 梅澤梨花さんはそう自問しなが... もっと読む

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

2441
3.20
阿川佐和子 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8人の作家が紡ぐそれぞれの物語は異なる味わいで享受できますが、胸キュンのツボに入ったのは乃南アサさんの「キープ」。 ローテンション人生だった主人公の奇跡... もっと読む

だれかのいとしいひと (文春文庫)

2398
3.31
角田光代 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だれかの愛しい人は、だれかのものなのかもしれない。 幸せな瞬間の自分を好きになりたいのに、 自分には後悔ばかりしかない。 全てはタイミングだし、誰も... もっと読む

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)

2259
3.29
角田光代 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読みです。目線は小学5年生のハル。 夏休み初日におとうさんにユウカイされたハル。 旅行気分でついて行ったものの、豪華ホテルも ジャグジー付の風呂も... もっと読む

森に眠る魚 (双葉文庫)

2153
3.63
角田光代 2011年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1999年に起こった「文京区幼女殺人事件」(通称:お受験殺人事件)を題材にした小説であり、数年前のドラマ「名前をなくした女神」の原作になった小説。 ... もっと読む

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

1951
3.93
角田光代 2011年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前に同じ角田光代さんの料理エッセイ「今日もごちそうさまでした」を読んだ時に、これも面白いと薦めていただいた小説。 まずぱらぱら捲ってみてびっくり。本編は... もっと読む

Sweet Blue Age

1910
3.35
有川浩 2006年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひと目で蜷川実花さんの作品とわかる美しい表紙。 目次の前にはさみ込まれた ブルーとピンクのパステルカラーの3枚の紙も、とてもきれい。 装丁の美しい本... もっと読む

Presents (双葉文庫)

1794
3.89
角田光代 2008年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分に「名前」があるのは、あたりまえだと思っていたけど、名前は親からもらう最大のプレゼントなのですよね。 今まで関わった人たちから、形のあるもの、ないも... もっと読む

ひそやかな花園

1693
3.59
角田光代 2010年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一歩踏み出すこと。 そしてその結果を引き受け、乗り越えてゆくことの大切さ。 そんなメッセージが込められた本です。 もっと読む

森に眠る魚

1628
3.59
角田光代 2008年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学校の受験に対して、否定的な見解を持った母親四人が 意気投合し仲良くなるが、やがてそれぞれに受験にたいする気持ちが変化してゆく。 それにつれて、お互... もっと読む

坂の途中の家

1564
3.78
角田光代 2016年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

我が子を虐待死させた母親・水穂。 その裁判の補充裁判員に指名された主人公・里沙子。 水穂と自分自身をシンクロさせてしまい悩みぬく…。 あまりの息... もっと読む

ドラママチ (文春文庫)

1496
3.27
角田光代 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30代~40代になると待つことに慣れてしまうのかもしれない。自分の中で何かおかしいと気づいていても、何年もそういう自分を続けることに異議を唱えるわけでもな... もっと読む

異性

1458
3.54
角田光代 2012年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

角田さんと穂村さんが男女についてかいたエッセイ。 共感したり、自分はどうだろうと真剣に考えたり 読んでいるあいだ、頭のなかが忙しかった。 「人は... もっと読む
全542アイテム中 1 - 20件を表示

角田光代に関連する談話室の質問

角田光代に関連するまとめ

ツイートする