誉田哲也のおすすめランキング

プロフィール

1969年、東京生まれ。学習院大学卒業。2002年、『妖の華』でムー伝奇ノベル大賞優秀賞を獲得しデビュー。2003年『アクセス』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。2019年『背中の蜘蛛』で第162回直木賞候補。映画化された『武士道シックスティーン』などの青春小説から、斬新な女性刑事像を打ち出した“姫川玲子シリーズ”の『ストロベリーナイト』、『ジウ』シリーズといった警察小説まで、ジャンルを超えて高い人気を集めている。他に“魚住久江シリーズ”や、『ケモノの城』『妖の掟』『もう、聞こえない』等著書多数。

「2021年 『あの夏、二人のルカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

誉田哲也のおすすめランキングのアイテム一覧

誉田哲也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ストロベリーナイト (光文社文庫)』や『ソウルケイジ (光文社文庫)』や『シンメトリー (光文社文庫)』など誉田哲也の全411作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ストロベリーナイト (光文社文庫)

12396
3.68
誉田哲也 2008年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

危機迫るラスト 読み応え抜群の一冊だった ビニールに包まれ、内臓を切り裂かれた状態で突如置かれた謎の変死体が発見されてから連動して次々と出てくる死体 ま... もっと読む

ソウルケイジ (光文社文庫)

8178
3.77
誉田哲也 2009年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

複雑なトリック。途中でわかったけどもラストとてつもなく切なくやるせない気持ちになった。それだけは回避したいと思ってたグロすぎる描写も含めて。 もっと読む

シンメトリー (光文社文庫)

6607
3.44
誉田哲也 2011年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コンテンツまでシンメトリーにこだわる凝りようの短編集。話はさっぱりした味の作品ばかりだが、楽しかった。解説にあったリーダビリティ、その通りの作品。 もっと読む

武士道シックスティーン (文春文庫)

5873
4.09
誉田哲也 2010年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子剣道家達の青春を描くことで、吉川英治の「宮本武蔵」のある要素をギュッと一冊に濃縮したようなストーリー。やりたいことがわからず、もがいている自分の目を開... もっと読む

インビジブルレイン (光文社文庫)

5701
3.74
誉田哲也 2012年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマと映画の 「ストロベリーナイト」 の原作本だったんですね。 ドラマは、暗い雰囲気があって最後まで見なかったように思う。 で、この小説もあまり面白く... もっと読む

ヒトリシズカ (双葉文庫)

5147
3.50
誉田哲也 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誉田さんの「ヒトリシズカ」です。 暗い話です。でも潔い感じがします。女性ならではの強さなのか。  読み終えてから、「シズカ」と言う主人公の視点... もっと読む

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

5049
3.70
誉田哲也 2008年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.2.22 読了。 ・特殊班二係の恐怖など微塵も感じず、敵意剥き出しにし、相手を呑んでかかるタイプの伊崎基子と優しさが特筆すべき個性のタイプの... もっと読む

ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)

4311
3.71
誉田哲也 2009年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.2.26 読了。 ・面白い。  3巻目に続くと思われる伏線。ジウの正体。ミヤジと呼ばれる男の過去から現在に至るまでなどなど。1巻に比べれば... もっと読む

ジウ〈3〉新世界秩序 (中公文庫)

4200
3.74
誉田哲也 2009年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.3.2 読了。 ・歌舞伎町を舞台としたスケールの大きな事件。政治家も警察も巻き込まれていく。アクションシーン、潜入などもあり、とても面白い。... もっと読む

武士道セブンティーン (文春文庫)

3666
4.18
誉田哲也 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「シックスティーン」は、香織が父親と和解し、剣道の面白さを再発見して剣道を(兵法から武士道へと)を進化させる話だった。早苗はその触媒の役割を演じた。 ... もっと読む

感染遊戯 (光文社文庫)

3089
3.61
誉田哲也 2013年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

姫川玲子シリーズのスピン・オフ作品。ガンテツ、倉田、葉山を中心とした中短編集かと思いきや、“推定有罪”で明らかにされる悲しき過去。官僚の腐敗した組織に対峙... もっと読む

武士道エイティーン (文春文庫)

3049
4.15
誉田哲也 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いよいよ、いよいよ再び早苗と香織の頂上決戦の巻!ワクワクしながら読んだ。いやぁ、このエイティーンは真っすぐのストレートというより、多彩な変化球を混ぜてきた... もっと読む

ハング (中公文庫)

2820
3.47
誉田哲也 2012年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

展開が色々あって先が気になる内容だった。 国境事変の後だったからか余計にサクサク読めて面白かった。 もっと読む

ブルーマーダー (光文社文庫)

2653
3.89
誉田哲也 2015年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

姫川玲子シリーズの第6弾。今まで読んできた中ではダントツで面白い。ブルーマーダーと呼ばれるまでに至る背景と経緯、下井や菊田のターンも終盤に近付くにつれ、関... もっと読む

月光 (中公文庫)

2375
3.20
誉田哲也 2013年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イヤミス気味で、読了感のいい小説ではない。妹は苦労して真相にたどり着いたが、そこまでして知る必要があったのか。知らないほうがいいこともあるんだな。 もっと読む

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)

2361
3.24
誉田哲也 2010年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3.4 二つの話が交互に進んでいきます。 当然どこかで繋がるものと思いながら読み進めていきました。 漠然と想像していた繋がりとは違っていて、結構複雑に絡み... もっと読む

疾風ガール (光文社文庫)

2342
3.41
誉田哲也 2009年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そういえばレビュー書いてなかったと思い出し、改めて・・・。 「ストロベリーナイト」で初めて知った誉田哲也、この人の作品すごく面白い!と、文庫化済みの... もっと読む

七つの黒い夢 (新潮文庫)

2323
3.06
乙一 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

amazonのカスタマーレビューが低かったので、全く期待せずに読んだのが良かったのかもしれない。 思ったより面白かったし、かなり読みやすい。 でもタイ... もっと読む

国境事変 (中公文庫)

2250
3.35
誉田哲也 2010年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.6 うーん、面白くない、、 東という好きなキャラクターが登場しているにも関わらず、全く乗れず、話のテンポも悪く誉田さんが書いたの??というくらい別物に... もっと読む

ブルーマーダー

2250
3.80
誉田哲也 2012年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4.5 個人的にはインビジブルレインより好きかな。 やはり姫川には恋愛話は要らないかも、、、 もっと読む
全411アイテム中 1 - 20件を表示

誉田哲也の関連サイト

誉田哲也に関連する談話室の質問

ツイートする
×