諸田玲子のおすすめランキング

プロフィール

諸田 玲子(もろた れいこ)
1954年静岡県生まれ。上智大学文学部英文科卒。フリーアナウンサー、化粧品会社などを経て、テレビドラマのノベライズ、翻訳を手がけ、作家を志す。
96年『眩惑』でデビュー。2003年『其の一日』で吉川英治文学新人賞を、07年『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞を、12年『四十八人目の忠臣』で歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。「お鳥見女房」「あくじゃれ瓢六」等の人気シリーズのほか、『美女いくさ』『お順』など著書多数。

諸田玲子の関連サイト

諸田玲子のおすすめランキングのアイテム一覧

諸田玲子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『お鳥見女房 (新潮文庫)』や『あくじゃれ―瓢六捕物帖 (文春文庫)』や『帰蝶(きちょう)』など諸田玲子の全310作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

お鳥見女房 (新潮文庫)

173
3.74
諸田玲子 2005年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

諸田さんの「恋かたみ」が面白かったので、ほかの作品も読んでみたいと思っていたところ、「面白いほどよくわかる 時代小説 名作100」にこの作品が載っていたの... もっと読む

帰蝶(きちょう)

113
3.46
諸田玲子 2015年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代に関して恥ずかしいほど興味がなくて無知だったが、面白くて一気に読んだ。織田信長ってサイコパスなの? もっと読む

蛍の行方―お鳥見女房 (新潮文庫)

112
3.78
諸田玲子 2006年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 諸田玲子のお鳥見女房シリーズ第二作。毎度同じことを書くのは気が引けるけど、カバー絵の作者変えたらどうだろうね。これに惹かれて手に取る人と、これに引いて敬... もっと読む

鷹姫さま―お鳥見女房 (新潮文庫)

102
3.83
諸田玲子 2007年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんてことない日常を淡々と描いているだけなのに全然飽きない、どころか他のシリーズも読んでみたい。 もっと読む

幽霊の涙―お鳥見女房

101
3.90
諸田玲子 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸の時代小説で多い、人情味溢れる、ほのぼのする時代小説である。 主人公の珠世は、相手の気持ちを察して、余計な口出しをせず、行き届いたおもてなしをする理... もっと読む

来春まで お鳥見女房

100
3.84
諸田玲子 2013年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

珠世の言葉の選び方にいつも感心させられます。 ひとつの問題を解決するのに、とげとげしくなく角が立たず、問題の起こる前よりもなお一層心が救われる言葉と対処... もっと読む

狸穴あいあい坂 (集英社文庫)

99
3.47
諸田玲子 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元火盗改の祖父と暮らす17の娘が、八丁堀同心と、事件の謎を解いて行く連作短編。 重いテーマの作品を読んだ後故、恋と捕物の人情溢れる作品にホッとする。 ... もっと読む

王朝まやかし草紙 (新潮文庫)

96
3.51
諸田玲子 2010年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

王朝ミステリー。 内裏内の様々な人間関係。 面白いと言えば面白い。 もっと読む

美女いくさ (中公文庫)

91
3.68
諸田玲子 2010年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅井三姉妹の末娘が主人公。 名前は督(ごう)または小督ですが、結婚してからはお江与。 母に似た美貌で、しっかりした気性。 秀吉の命で11で嫁ぐ。伊勢... もっと読む

こんちき―あくじゃれ瓢六捕物帖 (文春文庫)

89
3.63
諸田玲子 2007年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お解き放ちになった瓢六だが、弥左衛門との仲は続き、なにかと役立つ働きを。 今回も難問の事件を解決する。 弥右衛門の恋の行方は? もっと読む

狐狸の恋―お鳥見女房 (新潮文庫)

87
3.92
諸田玲子 2008年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 お鳥見女房シリーズ第4弾。もうカバー絵のことは言うまい(笑)。要は中身だ。相も変わらずではあるけれど、この生きにくい世の中に一陣の涼風が吹きぬけるかのよ... もっと読む

恋かたみ 狸穴あいあい坂

86
3.76
諸田玲子 2011年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

えっ!うまくいくと思ってたのにいきなりほかの人と。しかも両方とも。両方の相手はたまらんなぁぁ。 もっと読む

今ひとたびの、和泉式部

84
3.45
諸田玲子 2017年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後まで思うようにはいかんかった。かわいそうな気がした。和歌も少し興味があるのだが恋の歌ばかりでオレ向きではないな。 もっと読む

狐狸の恋 お鳥見女房

82
3.83
諸田玲子 2006年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ともすれば、ふぅん、で終わってしまいそうな日常のお話なのに、何故かどんどん引き込まれてします。 前巻から気になっていた久太郎と鷹姫さまの行方が読めて良か... もっと読む

美女いくさ

80
3.34
諸田玲子 2008年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女のいくさの辛さ儚さしたたかさ もっと読む

奸婦にあらず (文春文庫)

80
3.72
諸田玲子 2009年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末の裏面史で暗躍した村山たか女を主人公に、史実とフィクションを巧みに融合した歴史小説。 ひたすら、井伊直弼を慕い、己のすべてを愛する人に賭け、幕末の風... もっと読む

天女湯おれん (講談社文庫)

79
3.52
諸田玲子 2007年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代の湯屋が舞台。武家の娘、湯屋の主おれんのまわりで、次々と騒動が起こる。元武家の娘が町人に身をやつしてってところがいいのだろうね。 著者の徳川家康... もっと読む

狸穴あいあい坂

77
3.72
諸田玲子 2007年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

続編から先に読んでしまった私。^_^; 慌てて、第一作目を読みました。 で、これは面白い! 火盗改方の家に生まれた娘・結寿。今は隠居の身の祖父の... もっと読む

巣立ち お鳥見女房

77
3.80
諸田玲子 2008年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久右衛門さんが最期まで立派でした。もう少し恵以とのやり取りを見たかったな… 読み終えて改めて巣立ちというタイトルを見るといろいろ感慨深いものが。 もっと読む
全310アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする