谷川俊太郎のおすすめランキング

プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

谷川俊太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし』や『もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)』や『二十億光年の孤独 (集英社文庫)』など谷川俊太郎の全1469作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし

3007
3.97
レオ・レオニ 1969年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「スイミー」という絵本の名前は、何度か聞いたことがありましたが 実際に読んだのは初めてでした。 赤い小魚の兄弟の中、ひとり真っ黒なスイミー。大きな... もっと読む

もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

2933
4.16
谷川俊太郎 1977年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼児向けの絵本として☆10個くらい進呈したい、一歳くらいの子から不動の人気を 獲得している一冊。 ところが、大人が読むとどこが面白いのかさっぱりなんで... もっと読む

二十億光年の孤独 (集英社文庫)

2644
3.97
谷川俊太郎 2008年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩の中に入り込もうとしないで、絵を見るように少し離れたところから眺めてみた。 近付こうとしてもなかなか近付けないからアプローチの方法を変えて。 時々、し... もっと読む

かないくん (ほぼにちの絵本)

1680
4.10
谷川俊太郎 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ほぼにち」で出した大人向けの絵本。 生と死に付いて考えるためにはちょうど良い素材だが、残念ながら読み聞かせには重すぎて不向き。かといってブックトークに... もっと読む

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

1661
3.90
レオ・レオニ 1969年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Bunkamuraの「レオ・レオニ 絵本のしごと」展の予習のために、図書館で予約した 実際によんだのは、美術館から帰ってからだった 来たる冬に備え... もっと読む

ひとり暮らし (新潮文庫)

1617
3.49
谷川俊太郎 2010年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも、無印良品店舗の拘り本棚で見つけた一冊。詩集ではなくエッセイ集。文章は80年代から15年間ほどに書き溜められたものだけど、何ひとつとて古びていない。... もっと読む

谷川俊太郎質問箱 (Hobonichi books)

1222
3.87
谷川俊太郎 2007年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本はwebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された「谷川俊太郎質問箱」がもとになってできた本だそうです。 また4letters from frend... もっと読む

にじいろのさかな (世界の絵本)

1194
3.79

感想・レビュー

道徳臭い絵本はあまり好きではないなぁ。絵は綺麗。 もっと読む

これが私の優しさです 谷川俊太郎詩集 (集英社文庫)

1125
3.73
谷川俊太郎 1993年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言わずとしれた谷川俊太郎さんの詩集です。有名なものも入っているので、とても読みやすい。その分好きな詩が漏れていたりもするわけですが、持ち歩くなら絶対にこの... もっと読む

100万分の1回のねこ

959
3.40
谷川俊太郎 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

片目のジャック(♀)と出会ったのは、 僕がまた兵庫県西宮市に住んでいた頃だった。 ジャックは公園に住む黒猫の野良で、 噂によると、生まれたばかりの子... もっと読む

夜のミッキー・マウス (新潮文庫)

949
3.60
谷川俊太郎 2006年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

光は 私の視野を明るく開いてはくれるが、 それは 自分だけの為に、ではない。 すべての生き物の為に。 世界は発色し、眩しく輝く。 だか... もっと読む

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし

948
4.07
レオ・レオニ 1975年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の幸せとともの幸せを天秤にとり、ともの幸せを選んだ話。絵の可愛らしさと裏腹にストーリーは少し重たい。だがそこがいい。 もっと読む

じぶんだけのいろ―いろいろさがしたカメレオンのはなし

925
3.90
レオ・レオニ 1978年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小1の教科書に、オススメ図書として載っていた1冊です。 新小2になった娘と読もうと、図書館で借りました。  やさしくわかりやすい文なのに、言っていること... もっと読む

これはのみのぴこ

895
4.12

感想・レビュー

谷川俊太郎さんの言葉遊びの詩に、和田誠さんの鮮やかなイラスト。 子どもたち、年齢を問わず大喜びの一冊。 「バナナのはなし」や「ふしぎなナイフ」「まるま... もっと読む

あさ/朝

780
3.87
谷川俊太郎 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中学生のころに、教科書に載っていて印象深かった本。 朝のリレーが一番好きです。 普通に、朝を迎えることのありがたさが身にしみて感じる一冊です。 ... もっと読む

谷川俊太郎詩選集 1 (集英社文庫)

768
3.74
谷川俊太郎 2005年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『言葉を超えた所に 本当の道徳はある。 真実がある。』      by  アルベルト・シュバイツァー つるん、とした玉の様な言葉をリフレインし... もっと読む

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)

726
4.03
谷川俊太郎 2013年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川俊太郎の詩には、まだ幼いとき母親の声を介してお世話になり、ティーンネイジャーになってひとりで読むことを覚えてからひそかに救われ、同時に思春期のナイーブ... もっと読む

クレーの絵本

708
4.01
パウル・クレー 1995年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川さんは、4000篇もの詩の中で、クリスマスについての詩は二つ。ぼく調べではだけど(2000篇くらいは確認してる) 大きなクリスマスツリーが立った (... もっと読む

おくりものはナンニモナイ

699
4.23

感想・レビュー

大人になって、絵本って大人にこそ必要だな、って 思うことがたびたびあります。 そして、人へのささやかなプレゼントにわかり やすく気持ちの込められるの... もっと読む

悲しい本 (あかね・新えほんシリーズ)

667
3.85

感想・レビュー

悲しみに優劣はない。 元気になることだけが正解じゃない。 無理に笑わなくていい。 うずくまってていい。 ぐちゃぐちゃに泣けばいい。 朝なんか... もっと読む
全1469アイテム中 1 - 20件を表示

谷川俊太郎に関連する談話室の質問

ツイートする