谷川健一のおすすめランキング

プロフィール

1921年、熊本県水俣市生まれ。東京大学文学部卒業。「風土記日本」「日本残酷物語」、雑誌「太陽」の初代編集長を経て、文筆活動に入る。「南島文学発生論」で芸術選奨文部大臣賞・第2回南方熊楠賞受賞。「海霊・水の女」で短歌研究賞受賞。1981年以来、日本地名研究所所長。2013年没。民俗学・評論・小説・短歌など多方面にわたる業績は、『谷川健一全集』全24巻に収められている。

「2020年 『谷川健一コレクション6 孤高と誇り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷川健一のおすすめランキングのアイテム一覧

谷川健一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本の神々 (岩波新書)』や『日本の地名 (岩波新書)』や『魔の系譜 (講談社学術文庫)』など谷川健一の全278作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日本の神々 (岩波新書)

313
3.35
谷川健一 1999年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幅広く神々を取り扱っているが 少々散漫な印象的はあるかもしれない。 最初は言葉のつながりから語彙にイメージを与えていき。 中盤では歴史的な趨勢をおさえな... もっと読む

日本の地名 (岩波新書)

234
3.12
谷川健一 1997年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 東日本大震災後各地で地震や大雨などによる災害が相次ぎ、災害の起こりやすい、つまり過去の被災地に災害地名が多いことを指摘した本の出版が相継いでいる。そこで... もっと読む

魔の系譜 (講談社学術文庫)

162
3.57
谷川健一 1984年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

諸星大二郎先生がお薦めしてたので、谷川健一さんの本をいつかは読みたかった。 で、別件の読書会で遠藤周作の『沈黙』が課題図書だったので再読する機会があった。... もっと読む

柳田国男の民俗学 (岩波新書)

92
2.89
谷川健一 2001年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NDC(9版) 380.1 : 風俗習慣.民俗学.民族学 もっと読む

続 日本の地名―動物地名をたずねて (岩波新書)

73
3.20
谷川健一 1998年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の住所に、動物を表す漢字は入っていませんか?その地名と動物との、深くてありがたい(ちょっぴり怖い?)お話をご覧下さい。 (有機・高分子物質専攻 M1... もっと読む

賤民の異神と芸能

43
3.78
谷川健一 2009年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一部拾い読み。谷川民俗学いいよ! もっと読む

常世論(とこよろん)―日本人の魂のゆくえ (講談社学術文庫)

36
3.00

感想・レビュー

ここのところ夏休みは毎年沖縄に行っている。えも言われぬなつかしさがハマる原因、思っていたが、そもそもなんでなつかしく感じるのかがよくわからない。 と、思っ... もっと読む

甦る海上の道・日本と琉球 (文春新書)

31
3.44
谷川健一 2007年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記録の少ない地域と時代のことなので、推測にならざるを得ないのが残念。しかし、この地域の歴史的成り立ちが単純ではなく、相互の交流により変化、発展してきたこと... もっと読む

蛇―不死と再生の民俗

31
3.67
谷川健一 2012年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013年11月3日 表紙写真:蛇を載く土偶(井戸尻考古館蔵) 装丁/毛利一枝 もっと読む

うたと日本人 (講談社現代新書)

27
3.80

感想・レビュー

また再読したい。興味深い本でした。 もっと読む

古代学への招待(日経ビジネス人文庫)

26
3.25
谷川健一 2010年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

蜿、莉」蟄ヲ縺ク縺ョ縲梧魚蠕??阪〒縺ッ縺ェ縺上?∝商莉」蜿イ繧呈ュ」蜿イ縺ィ縺輔l繧区枚迪ョ縺?縺代〒縺ェ縺上?∽サ悶?譁?鍵繧?ウ?侭縺九i繧ょ、夊ァ... もっと読む

隠された物部王国「日本」

24
3.25
谷川健一 2008年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『白鳥伝説』を持ってる人はわざわざ買わなくてもいい もっと読む

神・人間・動物―伝承を生きる世界 (講談社学術文庫)

23
3.60

感想・レビュー

鵜や猪など、日本人と交渉のあった生き物を説く。 錬金術関係、他の神話体系では大したヒエラルキーにない白鳥が、日本の東北では「なんちゃってトーテム」ですら... もっと読む

四天王寺の鷹 謎の秦氏と物部氏を追って

23
3.50
谷川健一 2006年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖徳太子が起請した四天王寺に、蘇我氏が滅した物部守屋がなぜ祀られているのか。舞い降りてくる守屋の化身だと噂が流れたと言う黒鳥、それと闘ったと言う太子の分身... もっと読む

青銅の神の足跡 (小学館ライブラリー)

22
3.50

感想・レビュー

鍛冶屋関係で、  多分先生のライフワークで、  しかも東アジア的なスタンスで、昔を探る。  かなり面白い。 もっと読む

柳田国男と折口信夫 (同時代ライブラリー (202))

21
3.71
池田弥三郎 1994年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民俗学に関心のある方には、大変刺激的な本です。 もっと読む

列島縦断 地名逍遥

21
4.20
谷川健一 2010年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本中の地名を、めぐる覚書をまとめたものと思えた。 ページ数、取り上げた地、地名の成り立ちなど、大量というか、膨大というか、著者のこれまでの活動が見えて... もっと読む

白鳥伝説

19
4.00

感想・レビュー

『白鳥伝説』谷川健一(集英社)は、1985年の年末発行の大冊。 神武天皇以前の伝説、物部氏の伝説を追って、東国から東北地方へと旅するわけだが、なぜか訪れ... もっと読む
全278アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×