谷村志穂のおすすめランキング

プロフィール

1962年北海道生まれ。北海道大学農学部卒。’90年『結婚しないかもしれない症候群』で鮮烈なデビュー後、’91年に処女小説『アクアリウムの鯨』を刊行する。自然、旅、性などの題材をモチーフに数々の長編・短編小説を執筆。紀行、エッセイ、訳書なども手掛ける。2003年『海猫』で第十回島清恋愛文学賞を受賞。

「2021年 『半逆光』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷村志穂のおすすめランキングのアイテム一覧

谷村志穂のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)』や『LOVERS―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)』や『3センチヒールの靴 (集英社文庫)』など谷村志穂の全241作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

3356
3.20
阿川佐和子 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(LAST LOVE より) 最後の恋。 これで最後。 それは、ラスト、という意味じゃなくて、ベスト、という意味なんだ。 今、好きなひと。 今、好きになっ... もっと読む

LOVERS―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)

1239
3.11
安達千夏 2003年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

盲目的に愛しすぎて、依存してしまうなら、1番好きな人を自分から逃がしてあげたいと思った。 もっと読む

3センチヒールの靴 (集英社文庫)

643
2.70
谷村志穂 2011年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。 短編すぎて、なかなか意味を理解できず、終わってしまった。 しかし、女心もこういったものか。 わからぬ俺はいつまでも、だめなのだろうか。 もっと読む

海猫(上) (新潮文庫)

621
3.44
谷村志穂 2004年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北海道ならではの文学があると思う。そしてそれは女性作家によって紡がれる系譜のような気がする。たとえば、三浦綾子、桜木紫乃といった作家たち。そして谷村志穂も... もっと読む

ナナイロノコイ (ハルキ文庫)

595
3.03
江國香織 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集です。 映画『愛してる、愛してない』の原作、『帰れない猫』が収録されているということで読んでみました。 『帰れない猫』良いです。あの雰囲気大... もっと読む

Friends―恋愛アンソロジー (祥伝社文庫)

589
3.14
安達千夏 2005年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ともだち、トモダチ、友情、友人・・・ 「Friends」をテーマに色々な作者の短編恋愛小説を集めた作品。そこには、青春の清々しいFriendsはなく... もっと読む

海猫(下) (新潮文庫)

527
3.39
谷村志穂 2004年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何度読んでも素晴らしい。 もっと読む

LOVERS

464
3.09

感想・レビュー

江國香織先生「ほんものの白い鳩」別れ話オチだった……。私は江国先生の恋に狂ってる恋人同士が好きだから…かなしかったな…。殺すのとしぬの、どっちがいい…??... もっと読む

ベリーショート (集英社文庫)

462
3.20
谷村志穂 2003年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他の方の感想にあるように、どれもとても短いストーリーです。物足りないと感じる気持ちもありますが、これだけ引き算の物語にするのはとても斬新だなと思いました。... もっと読む

あなたと、どこかへ。 (文春文庫)

452
3.19
吉田修一 2008年5月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

車に乗って出かける話ばかり集めたアンソロジー。 好きな作家が何人も書いていて、薄くて、字が大きくて読みやすそうだったので電車内読書用に購入。 ホロッと... もっと読む

余命 (新潮文庫)

449
3.47
谷村志穂 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気がついたらヒロイン滴になった気持ちで読みすすんでいた。 涙ぐむシーンが何ヶ所かあった。タイトルから予感ができるラストであるが周りの人からの助けや暖かい気... もっと読む

あなたと、どこかへ。 eight short stories

393
3.25
片岡義男 2005年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれも30代~40代の人が主人公で、ハタチの私にとっては 彼らの悩みとか葛藤がまだわからない…というか、 将来こんな風になるのかな、って不安もできたり... もっと読む

死ぬまでにしたい10のこと (ヴィレッジブックス)

270
3.02
斎藤薫 2003年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一度は死ぬのだから、と思って見ても、若い彼女がよくもまあ・・・、辛いこといっぱいあったのかなぁ。 長さじゃないな人生は! もっと読む

靴に恋して

219
2.78
谷村志穂 2004年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

靴好きとしては読み逃せないと思ったけど…どのお話もあんまり靴関係ない… 華奢で女っぽいハイヒールがやっぱり好きですがセクハラ・パワハラ上司を「スニーカー... もっと読む

眠れなくなる 夢十夜 (新潮文庫)

215
3.05
阿刀田高 2016年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏目漱石(1867-1916)没後100年&生誕150年を記念しての新潮文庫編集部企画による10篇のアンソロジ-。「こんな夢を見た・・・」で始まる夢物語を... もっと読む

移植医たち (新潮文庫)

175
4.06
谷村志穂 2020年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読まされました。彼らがあれほどの過酷な生き方を選んでいるのは使命感なのだろうか?カネや名誉などの欲では決して出来ないことだと思う。圧倒されました。 もっと読む

移植医たち

162
3.91
谷村志穂 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

肝臓移植のパイオニア達がピッツバーグで培った技術を後進国の日本で苦労しながらも端緒を切り開く話。作者の母校 北大が実は道を拓く母体だったことを知り... もっと読む

余命

160
3.53
谷村志穂 2006年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了日2010/05 松雪泰子さん主演の映画の原作。 やっぱり、谷村志穂さんの本は好き。静かな本です。 乳がんの再発を隠しながら子どもを出産する、... もっと読む

Love Stories

156
3.07
山田詠美 2004年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前手に取って読んだ本だったのに、また手に取って読んでしまった。 以前読んだはずのものを読み進めて、あれ?読んだことあるかも... と途中で気がついた(... もっと読む

海猫

156
3.68

感想・レビュー

都会が高度成長と浮かれていた頃、東北、北海道の農村、漁村では、まだ出稼ぎを余儀なくされていた。 函館から嫁にきた、美しすぎる嫁、薫とともに、道南、南茅部の... もっと読む
全241アイテム中 1 - 20件を表示

谷村志穂に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×