豊田正義の文庫本一覧

プロフィール

1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、ノンフィクション作家に。戦争、犯罪事件から芸能まで取材対象は幅広く、児童書の執筆も手がけている。『ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦』(講談社)は、厚生労働省社会保障審議会の推薦により「児童福祉文化財」に指定される。著書に『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(角川文庫)、『消された一家』(新潮文庫)他多数。

「2018年 『ベニヤ舟の特攻兵 8・6広島、陸軍秘密部隊レの救援作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豊田正義の文庫本一覧のアイテム一覧

豊田正義の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)』や『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻 (角川文庫)』や『オーラの素顔 美輪明宏の生き方 (講談社+α文庫)』など豊田正義の全3作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

1326
3.81
豊田正義 2009年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は北九州・連続監禁殺人事件の全貌を明らかにしたノンフィクション作品である。明るい人柄と巧みな言葉で人々を操り、一家全員を監禁した挙句、虐待をし、自らの... もっと読む

妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻 (角川文庫)

67
4.13
豊田正義 2015年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終戦直後の昭和20年8月19日。 妻を乗せて満州から飛び立っていった谷藤徹夫氏の生涯を、満州の歴史・情勢と重ね合わせながら記している一冊。 途中満州の... もっと読む

オーラの素顔 美輪明宏の生き方 (講談社+α文庫)

51
4.10
豊田正義 2009年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紅白のヨイトマケにやられて読んだ。美輪明宏の人生は奥深い。長崎での原爆体験から東京でのどん底の日々。脚光を浴びても見向きもされなくなる。浮き沈みの激しい人... もっと読む
全3アイテム中 1 - 3件を表示
ツイートする