豊田正義のレビュー数ランキング

プロフィール

1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、ノンフィクション作家に。戦争、犯罪事件から芸能まで取材対象は幅広く、児童書の執筆も手がけている。『ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦』(講談社)は、厚生労働省社会保障審議会の推薦により「児童福祉文化財」に指定される。著書に『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(角川文庫)、『消された一家』(新潮文庫)他多数。

「2018年 『ベニヤ舟の特攻兵 8・6広島、陸軍秘密部隊レの救援作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豊田正義のレビュー数ランキングのアイテム一覧

豊田正義のレビュー数のランキングです。ブクログユーザがレビューをした件数が多い順に並んでいます。
『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)』や『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件』や『妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻』など豊田正義の全39作品から、ブクログユーザのレビュー数が多い作品がチェックできます。

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

1326
3.81
豊田正義 2009年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は北九州・連続監禁殺人事件の全貌を明らかにしたノンフィクション作品である。明るい人柄と巧みな言葉で人々を操り、一家全員を監禁した挙句、虐待をし、自らの... もっと読む

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件

173
3.63
豊田正義 2005年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もし、緒方順子受刑者が松永の思い通りに動かなければ。そう思うのは簡単だけれど、人は残念ながら弱い。 松永死刑囚のような、虚言癖のあるヤバい人間にあったら脊... もっと読む

妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻

177
3.77
豊田正義 2013年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史の波に翻弄され埋もれた、壮大な物語 右にも左にも傾かないルポが素晴らしい 中盤の中国~満州の部分は、本題と逸れるものの、 知らない部分も多く、理解... もっと読む

DV(ドメスティック・バイオレンス)--殴らずにはいられない男たち (光文社新書 (010))

109
3.44
豊田正義 2001年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

DVは単純な問題じゃない。加害者がなかなか理解されず、解決が難しい。具体例 が多くて分かりやすい本。 もっと読む

オーラの素顔 美輪明宏のいきかた

66
3.79
豊田正義 2008年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美輪さんが書かれた本はけっこう読んでますが、この本は第三者が美輪さんの関係者を徹底取材して、さらに美輪さんにインタビューで事実確認をして、自伝の「紫の履歴... もっと読む

壊れかけていた私から壊れそうなあなたへ

26
3.70
豊田正義 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

DVサバイバーや摂食障害などにかつて苦しんだ人たちが回復して支援者になる「回復者カウンセラー」数名を取材したノンフィクション。 当事者でなければわからな... もっと読む

独りぼっち 飯島愛36年の軌跡

38
3.07
豊田正義 2009年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

AMAZONの評判は上々だけれど自分は飯島愛=孤独死という図式に当てはめているような印象を強く感じたなぁ。 飯島愛さんはカッコいい女性だと思うわけですが、... もっと読む

オーラの素顔 美輪明宏の生き方 (講談社+α文庫)

51
4.10
豊田正義 2009年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紅白のヨイトマケにやられて読んだ。美輪明宏の人生は奥深い。長崎での原爆体験から東京でのどん底の日々。脚光を浴びても見向きもされなくなる。浮き沈みの激しい人... もっと読む

家庭という病巣 (新潮新書)

53
3.21
豊田正義 2004年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 最も身近な存在は、最も危険な存在にもなる。 我が子を段ボール箱の中で餓死させた両親、夫を尺八で撲殺した老婆、娘に性的虐待を繰り返した「理... もっと読む

妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻 (角川文庫)

67
4.13
豊田正義 2015年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

終戦直後の昭和20年8月19日。 妻を乗せて満州から飛び立っていった谷藤徹夫氏の生涯を、満州の歴史・情勢と重ね合わせながら記している一冊。 途中満州の... もっと読む

ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦

25
5.00
豊田正義 2014年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖縄戦の悲劇を、子どもにも読みやすくわかりやすく、物語に仕立ててある。 誰かが意地で始めてやめられなくなった戦いは、 こうして無辜の人々を犠牲とし、無数の... もっと読む

奇跡の医療―医師に見放された人たちを救った、「気の療法」の記録

14
3.00
豊田正義 2010年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ごしんじょう療法は鍼灸でいうてい鍼療法に近い。 邪気を取るという考え方は納得できます。 この本を書いたライターの客観性がこの療法の凄さを引き立ててます... もっと読む

妻と飛んだ特攻兵 8・19 満州、最後の特攻 (角川書店単行本)

16
3.86
豊田正義 電子書籍 2013年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名通り、妻と飛んだ特攻兵の話。 というよりも、第2次世界大戦以前からの満州での関東軍にフォーカスした1冊。 復習的な意味にもなった1冊。 もっと読む

オトコが「男らしさ」を棄てるとき

10
3.33
豊田正義 1997年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「男らしさ」とがっつりくくっているが、アダルトチルドレン、会社のパワハラ、鬱など問題色々。 もっと読む

男たちのED事情

9
2.00
豊田正義 2001年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

15年前の本なのでデータが古い。今はバイアグラの他に薬が2つ認可されてますね。前半のEDに悩む男性たちへのインタビューが人それぞれで面白かった。 もっと読む

DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち (光文社新書)

8
豊田正義 電子書籍 2001年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

被害者だけでなく加害者の心境を研究することは大事だと思うが、「殴ってる俺らだってツラいんだよ!」と言われても、「うるせーバカ」でとしか思えない。 もっと読む

ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦

3
4.00
豊田正義 電子書籍 2014年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豊田正義作「ガマ〜遺品たちが物語る沖縄戦」(講談社)を読み終わり。私の読書ウィークもこれで終了。 この本は,沖縄戦で多くの人が逃げ込んだ鍾乳洞(ガマ... もっと読む

オーラの素顔 美輪明宏の生き方 (講談社+α文庫)

2
豊田正義 電子書籍 2009年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読みました。 筆者も、美輪さんも、本書も、素晴らしい。 もっと読む
全39アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする